ラトル指揮ベルリン・フィルによる「ブルックナー:交響曲第8番」

先週のデジタル・コンサートホールでヤンソンス指揮による「シべリウス交響曲第1番」、「ウェーバー:クラリネット協奏曲(ソリスト:アンドレアス・オッテンザマー)」「バルトーク:中国の不思議な役人」を聴いた。今週はラトル指揮の「ブルックナー交響曲第8番」。実は一昨日アーカイヴを観て感動したばかりである。

昨日の午後は北海道立近代美術館で開かれている「大原美術館展Ⅱ」を鑑賞。5年前の「大原美術館展Ⅰ」を思い出した。丁度20年前には倉敷に在る「大原美術館」を訪れたことを振り返り懐かし思い出が蘇った。「ルオー:道化師」や「岸田劉生:童女舞姿」は何となく記憶の隅にあった。1920年代を中心に描かれた50作家71点の作品を想像力を巡らしながら1時間ほど鑑賞した。
抽象画はもちろんであるが、具象画も自分なりにイマジネーションを広げながら観ると面白い。

音楽鑑賞も人それぞれで印象が違う。私自身は曲そのものだけでなく、作曲家、演奏家の生涯もコンサート前後に考えてみたりすることがよくある。
サイモン・ラトルとマリス・ヤンソンスがKitaraに来たのが1998年5月。確か20日と25日にそれぞれ初登場。ラトルはバーミンガム市響(ソリストがイダ・ヘンデル)、一方ヤンソンスはピッツバーグ響withミッシャ・マイスキー。当時は迷った末にヤンソンスの方を選んだ。この後、2人がアバドの後釜としてベルリン・フィル音楽監督の有力候補になっていた。ヤンソンスはこの時以来Kitaraには来ていないが、2004年にラトルはベルリン・フィルのシェフとして再びKitaraのステージに上がった。

Simon RattleのCDは2004年来日記念盤として発売されて購入した。ポピュラーな曲が11曲ほど収録されていて、何回も聴くほどではない。KRYSTIAN ZIMERMAN, LANG LANGとの共演でBERLINER PHILHARMONIKERとそれぞれ2005年と2013年にEUで制作された2枚のCD「ブラームス:ピアノ協奏曲第1番」、「プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番、バルトーク:ピアノ協奏曲第2番」の海外版は度々聴いている。
ラトルとヤンソンスの指揮の様子はNHKなどの放映で目にしても、ベルリン・フィルハーモニーでの指揮姿は珍しい。2週続けて彼らの姿を観てブログに書いておくことにした。

さて、ラトルは現在は余りポピュラーな曲は定期演奏会では指揮していないように思われる。ベルリン・フィルでは既にブルックナーの「第7番」と「第9番」は演奏済みだという。
私自身、ブルックナーは苦手の方だったが演奏会で耳にすると、それなりに親近感を覚えてきた。「第4番 ロマンティック」だけは聴きやすいと思っていたが、「第6番」は数年前の札響定期で聴いて面白いと思った。CDだけで1回耳にした程度では曲の良さが分からないのだろう。

「第8番」は十数年前にフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルのCD(*1949年ライヴ録音)で1度は聴いていた。おととい聴いた80分強の曲は印象が強烈であった。特に第4楽章の壮大なオーケストラの総奏に魅せられた。フルートやオーボエ、クラリネット、ホルンなど馴染みの奏者の顔が分かることもあって演奏に夢中になった。珍しく、再び今日も聴いてみたくなった。

死を連想させる不気味な響きで始まる第1楽章はやがて様々な楽器の音がぶつかり合って諦めの気分が漂う。第2楽章はロマン的な軽やかな場面を想像させるスケルツォ。第3楽章は荘重でゆったりとしたアダージョ。弦楽合奏、木管合奏が入り、ホルンのみの旋律やチェロの壮麗な主題もあって聴きごたえ十分。4本のテューバの重々しい響きも聞こえた。
第4楽章が何と言っても壮大であった。トランペットのファンファーレは王の登場の合図だろうか。金管楽器は軍楽隊の音楽のようで勇ましかった。ホルン8本、ハープ3台の楽器編成など音楽の壮大さが伝わる。オーケストラのトッティを聴いていると心が浮き立つ。普段は比較的落ち着いた指揮ぶりのラトルもかなり力が入っていた。曲は圧倒的なフィナーレで閉じられた。(曲の終了後、余韻を味わってから盛大な拍手が沸き起こったことに聴衆のレヴェルの高さを感じた。)

※この大編成の曲の演奏機会が少ないのは当然だろうと思った。素晴らしい演奏を耳にできて良かった。また、別な機会にデジタル・コンサートホールのアーカイヴで聴いてみようと思う。

デビュー5周年記念 牛田智大ピアノリサイタル

前回聴いた牛田智大のリサイタルがデビュー翌年の13年1月。14年6月にはヴラダー指揮ウィ-ン室内管と共演してショパンのピアノ協奏曲第2番を演奏。17年2月の札響名曲シリーズでは高関指揮による同じコンチェルトを弾いた。今回が札幌での2度目のリサイタル。モスクワ音楽院ジュニア・カレッジ在籍中の17歳がKitaraのステージに登場したのも4回目となった。

2017年5月13日(土) 1:30PM開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

〈Program〉
 リスト:愛の夢 第3番
 ショパン:ノクターン第13番 ハ短調、 幻想即興曲 嬰ハ短調
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調「月光」
 J.S.バッハ(ブゾーニ編):シャコンヌ ニ短調
 シューマン(リスト編):「献呈(君に捧ぐ)」
 リスト:ラ・カンパネラ、  ピアノ・ソナタ ロ短調

原曲の歌曲がピアノ用に編曲され、人々に最も親しまれているロマンティックなメロディで始まったコンサート。続いての、ショパンの「ノクターン第13番」は格調が高くスケールの大きい男声的な曲。曲名は直ぐ頭に浮かばなくても馴染みのメロディ。ショパンが書いた4つの即興曲の中で最初の「第4番」は甘美で感傷的な旋律で「幻想」のタイトルが付いた有名な曲。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」は幻想的な雰囲気を持つ叙情あふれるロマンティックな第1楽章が特に印象的。第2楽章に舞曲調の曲想が入り、情熱的な第3楽章で比較的短いソナタが閉じられる。

前半の最後の曲「シャコンヌ」はバッハの〈無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番の最終楽章〉が原曲。近年、ピアノ用に編曲されたブゾーニの作品を聴く機会が多い。15分ほどの壮麗で雄大な調べが超絶技巧の力強い演奏で紡がれた。1階10番ど真ん中の座席から左手と右手が交差するピアニストの運指が良く見えた。牛田の腕の見せ所を充分に味わえた。
3階の客席を除いた1600席ほどの客席が大部分埋まったが、ショパン2曲続けての演奏の間や、ソナタの楽章間の拍手も起らずにピアニストが演奏しやすい環境を作っていたのには聴衆の配慮が感じられた。今回の演奏曲「シャコンヌ」には牛田の意気込みが籠っていて、演奏終了後に歓声が沸き起こった。

リスト編曲作品の中でも演奏される機会の多い「献呈」。シューマンがクララに献呈した歌曲集「ミルテの花」からの編曲。彼らの結婚を祝ってリストが贈ったピアノ曲。余りにも華麗で華やかな曲にクララが怒ったエピソードが伝わっている。

20歳の時にパガニーニの演奏を聴いて、“ピアノのパガニーニ”を目指したと言われるリスト。ピアノ用に編曲された〈パガニーニの主題による6つの大練習曲〉の第3曲「ラ・カンパネラ」。鐘の鳴り響く音の美しいメロディ。超絶技巧を要する曲として最も有名で親しまれている。

リスト唯一のピアノ・ソナタ。難曲ぞろいのリストのピアノ曲中で難曲中の難曲と言われる曲。リヒテルとアルゲリッチのCDで聴いてはいたが、2009年のケマル・ゲキチによるKitara小ホールでの演奏で強烈な印象を受けた。(*彼は14年にも札幌公演を行った)。10年ほど前の「音楽の友」誌で日本の現役ピアニストのアンケートの集計によると「ベートーヴェンのソナタ第32番」と「リストのロ短調」が最も演奏したい曲となっていたと思う。
ゲキチの圧巻の生演奏の様子は今でも眼前に浮かぶ。昨年は6月にアレクサンデル・ガジェヴ、10月にアリス=紗良・オットの「ロ短調」を聴いたばかりで、最近はこの曲を耳にする機会が多くなって鑑賞力も高まってきた感じがしている。人間の体と感覚と魂がピアノを通して表現する力を追求した音楽で何をくみ取るかは難しい。

演奏を始める前に牛田はマイクを取って、鑑賞の一助として「ファウストの4つのテーマ」を紹介した。初めて聞く有益な話で参考にして曲を鑑賞できた。①悪魔メフィストのテーマ、②ファウストのテーマ、③神のテーマ、④ファウストの恋のテーマ。リストの「メフィストワルツ第1番」も度々聴くので、同じテーマが入っていて意外に思った。今まで共通性に気づいていなかった。ゲーテの「ファウスト」はオペラでも取り上げられているが、文学と音楽の関係の広がりを実感した。
今まで漠然として聴き方をしていても、曲の持つ素晴らしさが何となく味わえたが、今回はピアニストの説明で非常に親しみが持てるリズムに一層心が躍った。
30分ほどの単一楽章が聴衆の集中力を持続させ、感動を呼び起こした演奏となった。
デビュー5年でこんな難曲に挑める能力を持つピアニストに驚きを禁じ得ない。

拍手大喝采に応えたアンコールは2曲。①ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲、②プーランク:エディット・ピアフを讃えて。

帰りにホワイエでKitaraボランティアとして10年にわたって親しくさせていただいた友人2人と久しぶりで出会った。レストランでお茶会をして時間の経つのも忘れて交流を楽しんだ。



 

METライブビューイング2016-17 第8作《モーツァルト:イドメネオ》

モーツァルトの序曲集に《イドメネオ》が入っていて何度か「序曲」は聴いているが、メロディには親しんではいない。今までコンサートで演目になった記憶もない。オペラのタイトルを知ってはいてもストーリーは全く知らない。そんなわけで今回はこのオペラ鑑賞を予め日程に入れていた。

指揮/ ジェイムズ・レヴァイン   演出/ ジャン=ピエール・ポネル
出演/ マシュー・ポレンザーニ、 アリス・クート、 エルザ・ヴァン・デン・ヒーヴァー、 ネイディ-ン・シエラ

全3幕。舞台はトロイア戦争後のクレタ島。イタリア語上演。
クレタ王イドメネオの息子イダマンテは戦争に負けて囚われの身となっているトロイア王女イリアを密かに愛している。クレタに逃れているアルゴスの王女エレットラもイダマンテを愛している。
戦争からの帰路で海で嵐に巻き込まれたイドメネオは海神ネプチューンに助けてもらう代償として、帰還して最初に出会った人間を生贄にして差し出す約束をした。その人物が自分の息子だった。
イドメネオの家臣アルバーチェが王の遭難を告げ、人々は悲しみに沈む。
イダマンテはトロイアの捕虜たちに自由を与えると告げ、イリアに愛を告白する。捕虜の解放に反対するエレットラはイダマンテとイリアの2人を見て嫉妬と復讐の念に燃える。
アルバーチェは王から事の次第を聞いてイダマンテとエレットラを一緒にアルゴスに行かせて海神の鎮まりを待つ策を取る。王の命に従って船出しようとすると嵐が起こって怪獣が現れる。怪獣を退治しに赴くイダマンテ。自分を避ける父の想いが解らない息子。怪獣退治に成功して勝利の合唱の中を帰還したイダマンテはイドメネオの真意を知り、潔く死を決意する。イリアが身代わりを申し出る。海神の像が動いて、神の声で「イドメネオは退位して、イダマンテがイリアを王妃にして即位するように」告げる。人々の喜びの合唱で幕を閉じる。

歌手で名を知っていたのはイドメネオ役のポレンザーニのみ。5年前のMET《愛の妙薬》で聴いて印象に残っていた。悩める王を見事な演唱で表現したMETのスター的存在。
メゾソプラノのクートはズボン役を主に得意とする歌手だそうである。余り違和感は無かったが、主役のズボン役は今まで観たオペラでは無かった。慣れていないせいか女性の配役の方が良かった気はした。
イリア役のシエラは純真無垢な可愛らしい王女として歌唱力も演技も初々しい新進ソプラノ歌手。フロリダ出身だそうだが、今後の活躍が期待される。
エレットラ役のヒーヴァーはとても個性的で卓越した表現力でドラマティックな演唱を繰り広げ異彩を放っていた。
本日の上映は個々の歌手のアリアは良かったが場面の展開に変化がなくてやや盛り上がりに欠けた。

休憩2回を挟んで4時間半。正味200分の大作。指揮者レヴァインとオーケストラピットの映像が普段より多かった。40年以上にわたる音楽監督を昨年で退任したレヴァインに対する敬意を感じた。レヴァインもすっかり健康を回復した様子だった。今回の特別映像はいつもより興味深く、特にレヴァインの1988年当時の《ナクソス島のアリアドネ》上演に際してオーケストラや歌手の指導の様子が放映された。凄く印象に残って良かった。ジェシー・ノーマンとキャスリン・バトルの往年の大歌手の素晴らしい歌声が聴けて感動した。オペラ上演に向けてレヴァインがピアノを弾いて彼らと話し合いながら音楽つくりをしている姿は信じられないような光景で宝物の映像のように思った。




オーケストラHARUKA第14回演奏会(ショスタコーヴィチ交響曲第5番)

何処から住所を手に入れたのか分らないが主催者から自宅に定期演奏会の案内状が届いたこともあってコンサート当日にチケットを受け取って入場できるように手配しておいた。このオーケストラによる年一回の定期演奏会を聴くのは4年ぶりである。昨年11月に北大交響楽団と共演し、同月にデュオ・リサイタルも聴いたソリストの出演も魅力的だった。

2017年5月6日(土) 13:30開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

指揮/ 三河 正典    管弦楽/ オーケストラHARUKA
ピアノ/ 佐野 峻司

〈Program〉
 ガーシュウィン:ラプソディ・イン・ブルー(ピアノ独奏:佐野峻司)
           パリのアメリカ人
 ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 作品47

ガーシュイン(1898-1937)の代表作2作品は演奏機会が結構多い。アメリカのジャズがふんだんに取り入れられた作品はもう現在ではクラシック音楽の範疇に入る曲となっている。まるで幻想曲風のピアノ協奏曲。
クラリネット・ソロの開始部分が極めて印象的で特別な気分に引き込まれた。クラリネットの上昇グリッサンド(*音階を駆け上がっていく奏法は普通のクラシックには無い奏法らしい)に続いてピアノのカデンツァ。曲はシンフォニックに展開され、全曲にわたってシンコペーションのリズムが出てきて伝統的なクラシック音楽にはない新鮮さが漂った。

佐野は北大医学部5年在学中で、レパートリーの広さがうかがえた。聴衆が期待するアンコール曲は披露されなかったが、その理由が後で判った。(コンサートの後半の大曲にも出演したのである。)

オーケストラのメンバーはプロとアマの混成らしい。前回の印象より管楽器の安定度が増しているように思えた。クラリネット・ソロは素晴らしかったし、オーケストラ全体のバランスが取れていた。

「パリのアメリカ人」はガーシュインがパリを訪れた時の印象を書き綴った。ポピュラー音楽を書き続けていたガーシュインは1924年に書き上げた“Rhapsody in Blue”が成功して、再び委嘱を受けてジャズとクラシッを融合した作品を発表(1928年)。“An American in Paris”のアメリカ人は作曲者自身を指す。ニューヨーク・フィルハーモニック交響楽団の定期演奏会で初演されたという。

曲はヴァイオリンとオーボエによる「散歩とテーマ」で始まり、その後にタクシーのクラクションの音も聞こえる。トランペットによる哀調を帯びたブルースも歌われて、華やかなクライマックスでフィナーレ。
クラシック音楽では普段は使われない3本のサクソフォン(*アルト、テナー、バリトン)をはじめ管楽器の響きが目立って興味深く聴けた。

ショスタコーヴィチ(1906-75)の15曲の交響曲の中で今まで一番多く耳にしていたのが「第5番」。最近は「第8番」、「第10番」を聴いてショスタコーヴィチの音楽の深さがだんだん分かってきた。
「第5番」はムラヴィンスキー指揮レニングラード・フィルのCD(1973)で何回か聴いていた。最新のCDは佐渡裕指揮ベルリン・フィル・デビューLIVE(2011)。
約50分の大作。ピアノとチェレスタが佐野。(*ピアノが最後部で高いところに配置され、ピアニストの手の動きが見れた。)
4楽章構成。第1楽章からピアノとチェレスタが使われているのを知った。陰鬱な空気に包まれた状況で暮らす人々の姿、闘争が始まりそうな様相が感じられた。第2楽章は諧謔的なスケルツォ。第3楽章は痛切な悲しみを堪えた内省的な緩徐楽章。ショスタコーヴィチの声が聞こえてくるような感じさえした。第4楽章のティンパニの連打が意味するものは聴く者の心に響くが、どう受け止めるかは解釈次第。作曲者は破滅的な結末を予言したのではないか。暗から明へと向かうベートーヴェン流の音楽でカモフラージュしたとも解釈されている。当時のソ連の社会体制の中で生き抜くショスタコーヴィチの苦しかった当時の心境がいろいろと想像される曲ではある。

今日は3曲とも三河の安定したタクトのもとでオーケストラの演奏も素人にとっては充分に満足でき、聴きごたえのある演奏会になった。
アンコール曲は「ショスタコーヴィチ:ジャズ組曲 第2番 より ワルツ」。ショスタコーヴィチがこんなワルツを書いているとは!

Kitaraあ・ら・かると 《3歳からのコンサートⅢ》(ピアノ:入江一雄)

コンサートでは普通は未就学児の入場は許可されていない。ゴールデンウィーク音楽祭など特別な折には、今回のように親子で楽しめる「3歳からのコンサート」も企画されている。今回は祝日の3日間Kitara主催のコンサートとして“トランペット”、“ハープ”、“ヴァイオリン”を用いる演奏会が開かれた。普段はこの種のコンサートに参加することはないが、最終日のヴァイオリンで注目のピアニストが出演するとあって急遽チケットを買い求めた。

ピアニストの名は入江一雄(Kazuo Irie)。彼は昨年から音楽雑誌を通して良く耳にする名前。東京藝術大学・同大学院首席で卒業・修了後、モスクワ音楽院に学び、ロシアのピアノの巨匠ヴィルサラーゼ(*2003年Kitara でテミルカーノ指揮サンクトペテルブルグ響と共演し、ラフマニノフの協奏曲第3番を演奏)に師事。帰国してから首都圏を中心に活躍している新進気鋭のピアニスト。3月末にはイギリスで研鑽を積んだチェリスト伊藤悠貴とデュオリサイタルシリーズを横浜みなとみらいホールで開始して、ラフマニノフのピアノ・ソナタ第2番を弾いた。17年4月より東京藝術大学非常勤講師。

ヴァイオリンの瀧村依里(Eri Takimura)の名は初めて聞くと思ったが、入江をピアノ伴奏にするくらいの腕前の演奏家だと推測した。本日のプログラムのプロフィールで二人は1986年生まれで大学の同級生と判明。瀧村と入江は大学4年の2008年第77回日本音楽コンクールで共に第1位。瀧村は東京藝大卒業後、ウィーン国立音楽大学大学院を修了。現在、読売日本交響楽団首席奏者。

2017年5月5日(金・祝) 13:00~13:45  札幌コンサートホールKitara 小ホール
〈PROGRAM〉
 エルガー:朝の歌 作品15-2
 クロール:バンジョーとフィドル
 クライスラー:シンコペーション、 中国の太鼓
 ヴィヴァルディ:「四季」より “冬”
 モンティ:チャルダッシュ

ヴァイオリニストは東京のオーケストラに所属して、たぶんアウトリーチ活動も多く、トークに慣れているように思えた。幼稚園児を含めた小さな子ども相手に巧みにミニ・コンサートを進行した。
ヴァイオリン楽器の説明で、馬のしっぽが使われている部分をほどいた場面は私自身も初めて目にして興味深かった。鍵盤楽器のピアノ以外に子どもたちに知っている楽器の名を言わせるのも子どもの扱いに慣れていると感心した。
弦をはじく奏法を“ピッツィカート”と得意になって答える幼児もいて褒め方も上手い。弦を「こする」と「はじく」曲の説明に「バンジョーとフィドル」を演奏。この曲は初めて聴いて為になった。

彼女は昨日Kitara のステージで演奏してみた時に“Kitaraホールの音の響きの素晴らしさに感動した“と語った。話には聞いていても、実際に体験して述べる演奏家の言葉を通して改めてKitaraの有難さが身に染みる。

クライスラーの「中国の太鼓」はヴァイオリンの名曲として聴く機会が多い。ピアノが奏でる太鼓のリズムで打楽器のような音も作り出せる選曲と思われた。

ヴィヴァルディの曲を通して“どんな色を連想する?”を子どもたちに問うた。色の名前をいろいろ挙げるこどもたち、多くの色の名が挙がった。曲を聴いて、“寒い、暖かい?”と訊かれて、様々な答えが飛び交った。ヴァイオリニストは曲のタイトルを教えて、“どれも正しい”と言い、戸外の寒さと暖炉で暖まる室内の様子を話す。いろんな鑑賞の仕方を伝える説明にとても感心した。

最後にステージを降りて客席に近づきながらの演奏で、ヴァイオリンの様々な奏法(速く、遅く、弾く、はじくなど)が試みられる「チャルダッシュ」。

アンコールに「浜辺の歌」が演奏されたが、さすがに小さな子どもたちは聴きなれない曲で飽きた様子。小学校の高学年以上でないと、30分も過ぎると集中力を持続させるのは難しいようであった。予想以上に子どもたちはおとなしくコンサートに臨んでいたと思った。幼児を連れたお父さん、お母さんの姿は微笑ましかった。

今日は「こどもの日」で家族連れで賑わったKitaraあ・ら・かると。コンサートのほかに楽器体験コーナーやスタンプラリーなどのイベントもあってホワイエ、中庭なども大勢の人で賑わって盛況の様子は何よりであった。

天候に恵まれたゴールデンウイーク期間中に中島公園の桜も満開で、公園内のあちこちで花見をしながら家族で憩う姿は楽しそうであった。

コンサートの帰りに公園内のパークホテルで開催されている北海道書道展に立ち寄った。Kitaraの行き帰りにはホテルの横を通るが、地下にある書道展を見に行ったのは初めてである。妻が会友として初出品になったので立ち寄ったが、500点もの作品はなかなか見ごたえがあった。

※帰宅して「音楽の友」2008年12月号で第77回日本音楽コンクールのヴァイオリン部門とピアノ部門でそれぞれ優勝した二人の名を確認した。ヴァイオリン第3位の寺内詩織とピアノ部門第3位の實川風の名は今でもよく目にする。ヴァイオリン部門の評論家によると瀧村の高度な技術力は特筆すべきと書かれていた。ファイナルではブラームスの協奏曲が指定され、カデンツァは自由だった。 ピアノ部門は第1位が二人いて入江はプロコフィエフの第2番を演奏。同じく第1位の喜多宏丞はリストの第2番。
プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR