上野 星矢 フルート リサイタル

「第8回ランパル国際フルートコンクール」優勝の逸材が昨年3月札幌でリサイタルを開催することを知って是非聴いてみたかったが、旅行のスケジュールと重なって残念な思いをしていた。今年も再びKitaraに来演することで聴く機会が出来た。
フルート史に残る巨匠ジャン=ピエール・ランパル(1922-2000)の名はかなり以前から知っていて、実際に1987年旭川公演を聴いた。当時のプログラムによると日本ツアーは旭川からスタートして東京公演まで1ヶ月に亘って22公演が行われた。1964年から日本ツアーが始まって、来日度数が15回でコンサート回数が225というから全国くまなく回っている。当然、札幌ではそれまでに3回公演が行われていた。(*記録は1987年現在)

札幌出身の世界的なフルート奏者、工藤重典は第1回ランパル国際の優勝者である。彼はランパルに師事して薫陶を受けていた。彼の演奏は何回も聴いたことがある。Kitaraでは世界的フルーティストであるジェームズ・ゴールウェイやエマニュエル・パユの演奏をそれぞれ数回聴いたこともある。
最近の日本の若いフルーティスト小山裕幾の演奏を7月に聴く予定がある。日本でも世界に通用するフルート奏者が排出する潜在的要素はあると思うがソロ活動を中心として身を立てようとすると難しいのであろう。

上野 星矢(Seiya Ueno)は1989年、東京生まれ。04年全日本学生音楽コンクール全国大会中学生の部第1位、05年高校生の部第1位。07年日本音楽コンクール・フルート部門第3位。08年、東京芸術大学入学。同年「第8回ランパル国際フルートコンクール」に優勝。09年、パリ高等音楽院入学。12年、同音楽院を最優秀賞で卒業。12年、13年と続けてリリースしたアルバムが2作連続で「レコード芸術」特選盤に選ばれる。これまでに東京響、新日本フィル、名古屋フィルなどと共演。ヨーロッパ各地でリサイタルも行い、オーケストラや室内楽にも出演している。現在はパリとミュンヘンを拠点にして活動。

2015年2月10日(火) 19:00開演 札幌コンサートホールKitara小ホール

〈プログラム〉
 プーランク(1899-1963):廃墟を見守る笛吹きの像(1941)
 ジョリヴェ(1905-74):リノスの歌(1944)
 バルトーク(1881-1945):15のハンガリー農民の歌 BB79/Sz.71(1914-18)
 ブーレーズ(1925-  ):ソナチネ(1946)
 プロコフィエフ(1891-1953):フルート・ソナタ 二長調 作品94(1942-43)
 タファネル(1844-1908):「魔弾の射手」による幻想曲(1876) 
                               (ピアノ:内門卓也)

プーランクのこの作品は彼の死後発見されたフルートの無伴奏による短い小品。
ホールの照明を落としてステージの奏者にのみ僅かな光を当てて始まったコンサート。フルートの音だけが暗闇の中に響いた。間もなくピアノ伴奏が入ったが、休みなしに演奏を続けたので2曲目に入ったとは気付かなかった。
通常のコンサートと違う演出のつもりだったのだろうが、素人の客には聞きなれない曲なので、曲の区別が判る演奏形態にしてほしいと思った。

ジョリヴェの“Chant de Linos”は古代ギリシャの挽歌。死の嘆きが叫びと踊りによって表現される哀歌。ジョリヴェの曲はエマニュエル・パユがリサイタルの折に彼の曲を数曲演奏したことがあり、彼のCDにも収録されているので覚えていた。パユは20世紀フランス音楽のほかに、“AROUND THE WORLD”(四大大陸とヘンデルから細川俊夫までの幅広い年代と地方の音楽)世界の音楽をフルートの音に乗せているCDもリリースしている。

バルトークのこの曲は第1~第4曲は昔の悲しい曲、第5曲スケルツォ、第6曲バラード、第7~第15曲は古い舞踊様式の曲。それぞれ短い15曲から成る。彼はコダーイと共にハンガリーの民謡や民族音楽を収集してピアノ曲にしたのが原曲。

ブーレーズは現代を代表する作曲家であり、有名な指揮者。この曲は彼の若き時代の傑作とされる。「ソナチネ」はデュティュー、サンカン、イベール、ミヨーなどのフルート曲に同じタイトルの曲がある。
ブーレーズは1940-50年代は主として作曲家として活動し、60年代から近代の作品を取り上げて指揮活動をするようになった。クリーヴランド管、BBC響を経てニューヨーク・フィルの音楽監督・常任指揮者を務めるまでになった。2002年日本ツアーでKitaraに初登場。ロンドン響を率いてスクリャ―ビン、シマノフスキー、ストラビンスキーを演奏した。演奏曲目も現代作曲家ならではの絶妙なプログラムであったと思う。当時は偉大な指揮者の演奏を聴けた感激を味わったが、現在の方がより良い鑑賞が出来る状況にあると思う。
とにかく来月で90歳を迎えるブーレーズ作曲の音楽を聴く機会があったことで気分もどことなく高揚した。

プロコフィエフのこの作品は第二次世界大戦中に書かれた。4楽章から成る本格的なソナタで聴きごたえのある作品。

タファネルという名は初めて聞く。19世紀の作曲家によるウエーバー原曲の有名な「魔弾の射手」のパラフレーズ。フルートの技巧が多く散りばめられた作品。
この曲はフルーティストもピアニストも楽譜なしで暗譜で演奏した。今回のツアーは仙台、名古屋、東京に続き札幌が最終回。必ずしも短い曲ではなかったが演奏慣れしているのだろうと思った。若さ溢れるエネルギッシュな演奏に拍手!

本日の演奏曲すべてが高度な技巧を必要とされる作品であると思った。モーツァルト時代の文字通りの木管のフルート(フルート・トラヴェルソ)は現代の金管ともいえるモダン楽器と実情を異にしていた。モーツァルトはフルート協奏曲第1番・第2番を残しているが、「第2番」は本来「オーボエ協奏曲」であった。彼は当時のフルートという楽器にそれほど創作意欲が湧かなかったのではという説もある。時代が進んで今やフルートは金色に輝く楽器で、素晴らしい澄んだ音色を響かせる楽器の花形と言えよう。札響でもフルート・ソロの奏でる旋律は実に美しくて心に響く。

弦楽器と違って管楽器を長時間に亘って吹き続けることは大変であると思った。08年共演者のピノック&マンソンの来日不能でパユが無伴奏でリサイタルを行なったことがあった。その時も大変だと思ったが、本日も殆ど休みなしで吹き続けた上野は若さの表れかと感心した。

アンコール曲は日本人歌手の作曲による有名な曲を3曲。
 尾崎豊:I Love You、  松任谷由美:海を見ていた午後、  春よ来い。
    
※現在のフラウト・トラヴェルソの演奏で世界のトップ奏者として名高い演奏家が日本の有田正広。81年、ブリュッヘン率いる18世紀オーケストラのヨーロッパ公演のソリストを務めた。85年のピノック率いるイングリッシュ・コンサートの来日公演でもソリストを務めた。88年、東京バッハ・モーツァルト・オーケストラを設立し音楽監督と指揮者を務め、06年に同オーケストラを再編成して、09年Kitaraに初登場。                           

ベルリン・フィルハーモニー・ブラス・アンサンブル演奏会

~PMFオープニング・プレコンサート~
Berlin Philharmonic Brass Ensemble Concert

2014年7月10日(水) 19:00開演 札幌コンサートホール Kitara大ホール

出演者:ベルリン・フィルハーモニー・ブラス・アンサンブル
      タマ―シュ・ヴェレンツェイ、フロリアン・ビヒラー、ギヨーム・ジェル、
      マルティン・クレッツアー、ゲオルグ・ヒルザー(以上トランペット)
      サラ・ウィリス(ホルン)
      クリストハルト・ゲスリング、オラフ・オット、イェスパー・ブスク・ソレンセン、
      トーマス・ライエンデッカー、シュテファン・シュルツ(以上トロンボーン)
      アレクサンダー・フォン・プットカマー(テュ―バ)
〈演奏曲目〉
 ヘンデル(ワーグマン編):ヘンデルの作品による組曲
   《王宮の花火の音楽》から「歓喜」、他2曲
 J.S.バッハ:3つのコラール前奏曲
 ダウランド(オット編):歌曲集(4つのトロンボーンのために)
 ビゼー(ハーベイ編):カルメン組曲
 ゴフ・リチャーズ:高貴なる葡萄酒を讃えて 
 ヤコブ・ゲーゼ(ビシャル編):タンゴ・ジェラシー
 グレン・ミラー(オット編):グレン・ミラー物語

12人のメンバーを代表して唯一の女性であるホルン奏者(Sarah Willis)が日本語で挨拶した。「自分の日本語が上達したことを仲間に知らせるのに大きな拍手をしてください。」と話して聴衆の大拍手を浴び、煽り立てる動作で会場の雰囲気を盛り上げてコンサートが始まった。

ヘンデルの曲が始まるや否やハーモニーの美しさに魅せられた。弦楽合奏は聴く機会がよくあるが、金管楽器だけの合奏は余り聴く機会を持たないので余計に心に響いた。原曲でも耳にすることは多くない。「王宮の花火の音楽」だけはCDで予め聴いておいたが、華やかな音楽で特に親しみを感じた。
バッハの《コラール前奏曲》のうち、「あなたがそばにいたら」はメロディを聴いたことがあると思った。
12人による合奏はとにかく見事の一語に尽きる。このアンサンブルはタマ―シュ・ヴェレンツェィ(Tamas Valenczei)がコンマスの役割を果しているようにみえた。アカデミー教授として、この数年ベルリン・フィルから参加を続けているのは彼だけである。(今回はべルリン・フィルからアカデミー教授は4名)

現代の金管楽器のための曲は全く解らないが、トロンボーンの名手たちの演奏ぶりは見ていて興味深い。息継ぎが大変だろうと思う。体力的にも連続しての演奏はきついのではないかと案じた。

《カルメン組曲》はいろいろな楽器で演奏されて広く親しまれている。今回の演奏で、メロディは聴いていても、曲名がハッキリ判ったのは「ハバネラ」だけ。「アラゴネーズ」、「アルカラの竜騎兵」、「衛兵の交代」、「ジプシーの踊り」と全部で5曲が演奏された。メロディが流れるとオペラの場面が浮かんできて音楽に感情移入が出来て楽しめた。

後半のプログラムで作曲家名を知っているのはグレン・ミラーだけであった。一昔前に流行ったメロディが流れて何十年ぶりに聴きほれた。 

5・6名で構成される小編成のブラス・アンサンブルは聴いたことがあるが、12名からなる世界一流のアンサンブルを聴けたのは大変良かった。PMFオープニング・プレコンサートとしての今回の企画は期待以上であった。素晴らしいブラス・アンサンブルが堪能できて幸せな気分になった。ベルリン・フィルは04年にKitaraに初登場したが、個々のメンバーは様々な機会にKitaraのステージに上がっている。

3階とP席は売り出されなかったが、1300名ほどの聴衆が普段のコンサートとは違って熱狂的な反応を示していた。ブラスのコンサートは中学生・高校生の姿が一段と目立ち人気度が高い。

ホルン奏者のサラ・ウィリスが司会役を務め、最後に英語で“Where are the PMF guys?” と言ってアカデミー生の居場所を確かめて、多分彼らのためもあってアンコール曲に「ショスタコーヴィチ:ワルツ」を選んだのだろうと思った。この曲がショスタコーヴィチの曲かと思うくらい綺麗で印象的であった。彼は多種多様な曲を作っているのが改めて分かった。

拍手、歓声が鳴りやまずにアンコールの2曲目が「パウル・リンケ:ベルリンの風」。耳慣れた楽しい曲で、聴衆も手拍子をしながら楽しんだ。コンマスも司会役も最後に口笛も吹くような曲。客席からも口笛が起こるほどであった。
万雷の拍手喝采に応えて、“The last one”と言って「ヘイゼル:組曲「3匹の猫」より“ミスター・ジェイムス”」。
 
北海道にも台風8号や梅雨前線の影響で天候が心配される中、ホールのホアイエはいつもより立ち止まる中高生のグループで混雑していたが、聴衆はみな満足の様子で小雨の降る中を家路に着いた。

バボラークと木管の名手によるアンサンブルコンサート(2013.7.11)

バボラークと木管の名手によるアンサンブルコンサート
(PMF Virtuosi Ensemble - with Radek Baborak -)

出演:ラデク・バボラーク(指揮/ホルン)、
   PMFヨーロッパ木管教授陣(ワルター・アウアー(fl)、ヤナ・ブロジュコヴァ(ob)、                      ラスロ・クティ(cl)、ミヒャエル・ヴェルバ(fg))
   PMFオーケストラ・メンバー、PMFピアニスト(沢木良子)

教授陣でウィーン・フィルのミヒャエル・ヴェルバはPMFには93年以降8回目の参加。他の管楽器の教授陣はPMF初参加。

演奏曲目: 
 グノー:小交響曲(指揮:バボラーク、フルート:アウアー、オーボエ:ブロジュコヴァ―、
          クラリネット:クティ、ファゴット:ヴェルバ、
          PMFオーケストラ・メンバー)
ベートーヴェン:ピアノと木管のための五重奏曲 変ホ長調 作品16
          (ピアノ、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン)
 モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」から 序曲
 ドヴォルザーク:セレナード ニ短調 作品44 

バボラークのホルンを堪能しようと期待していた演奏会だったが、彼のホルン演奏は1曲だけであった。正直なところ少々ガッカリ。指揮をすることは判っていたが「演奏しながら、指揮もする」と思っていた。指揮に専念したのが結果的に3曲もあった。
勿論、演奏会はそれなりに満足できるものであった。バボラークの指揮ぶりも非常に丁寧で、まるで楽器を演奏している雰囲気も感じ取れた。

グノーの「小交響曲」は9人の管楽器奏者のための曲。教授陣以外のFl. Ob. Cl.の各1、Hrn2はアカデミー生。フルートの美しいソロもあり、リズミカルな管楽アンサンブルが満員の小ホールに響き渡った。

Beethoven:Quintet for Piano, Oboe, Clarinet, Bassoon and Horn in E-flat major Op.16
が英語名で、日本語訳の場合「管楽器のための、、、」か「木管のための、、、」か煩わしい。元は木管であったものが現在は金管になっている楽器があるので日本語訳は曖昧になる。
いずれにしても、本日の演奏曲でPMFピアニストとPMFヨーロッパの教授陣だけの演奏はこの曲が唯一であった。ピアノが加わると管楽器の演奏が一層華やかに輝いて、いろいろな楽器の組み合わせで作曲したベートーヴェンの偉大さを感じた。

後半は、今日のコンサートの最初の曲に予定されていたモーツアルトの「フィガロの結婚」序曲。5分程度の曲だったので、前半の最初が適当だったが事情あっての変更は止むを得ない。聴衆にとって今日の演奏曲目で唯一つの聴き慣れた曲だったのではないだろうか。私もその一人である。

最後に演奏された「セレナード」は有名な「弦楽セレナード」を「管楽セレナード」として編曲したものを演奏するのかも知れないと思っていた。プログラム・ノートを読んで勘違いに気付きました。
楽器編成は2Ob. 2Cl. 2Fg. Cfg. 3Hrn. Vc. Cbで12人。Cfg.はコントラファゴット。「弦楽セレナード」と同じようにチェコの民俗的要素が出ていて民族舞曲のメロディも多く見られ快活で魅力的な曲になっている。
管楽器だけでなく、チェロ、コントラバスの低音弦楽器も使用されているので曲が深みを増している。

最後に記しておきたいが、当日のプログラムや曲順に変更がある場合には、必ず放送をして客への周知徹底を心がけてもらいたい。
私は幸いホールに入る前に案内板に貼ってある紙を見て入場したのでプログラムの曲順の変更は承知していた。どのくらいの人がその紙を見たかは定かでないが、ごく一部の人だと想像する。私はここ数日毎日Kitaraに来ているが、同じアナウンスが繰り返し流されている。当日の客に一番必要な情報が放送を通じてなぜ知らされないのか極めて疑問に思う。
目の不自由な人への配慮はどうなっているのだろうか? 今迄にも似たような出来事が無いわけではない。
不測の事態が発生した場合に放送できちんとした指示が流されるのか不安になってしまう。
(予め録音しておいたアナウンスを決まった時間に流している感じを受けたのであるが、誤解だろうか。)











札響夏の特別演奏会 ザ・プリンシパルズ~札響管楽器首席奏者たち~

Sapporo Symphony Orchestra The Pricipals
 ~札幌管楽器首席奏者たちとボレロの祭典~

[指揮] 尾高忠明  [管弦楽] 札幌交響楽団
 
[独奏] 札幌交響楽団首席奏者たち
  [フルート] 高橋 聖純  [クラリネット] 三瓶 佳紀 
  [オーボエ] 金子 亜未  [トロンボーン] 山下 友輔

曲目
  尾高尚忠:フルート協奏曲
  モーツァルト:クラリネット協奏曲 イ長調 K.622
  グレンダール:トロンボーン協奏曲
  モーツアルト:オーボエ協奏曲 ハ長調 K.271k
  ラヴェル:ボレロ

数年前から札響のコンサート・マスターやヴィオラ・チェロの各首席奏者たちが札響定期演奏会でソリストを務めるのが珍しくなくなっているのは、札響楽団員のレヴェルが高くなっている事を示している。
今回、札響管楽器首席奏者たちがソリストとして札響特別演奏会の舞台に登場することは極めて喜ばしい。彼らの演奏技術や音楽性が高まっている証で、お互いに切磋琢磨していく上でこの上ないプログラムである。期待して彼らの演奏会に臨んだ。
 
尾高尚忠(おたか ひさただ)は札響音楽監督の父君(1911~51)。戦前から戦後にかけての日本のオーケストラ界で指導的役割を果たした作曲家・指揮者。現在、優れた作曲活動に対して《尾高賞》が設立されている。2009年6月、Kitaraで開催された〈第10回現代日本オーケストラ名曲の夕べ〉で尾高忠明札響音楽監督指揮の下で≪尾高尚忠:交響曲第1番≫が演奏された(管弦楽:札響を中心とするオールジャパン・シンフォニーオーケストラ)。 
フルート首席奏者の高橋聖純はモーツァルトの協奏曲の方が得意であったかも知れないが、指揮者と繋がりのある協奏曲を演奏する機会を与えられたのは、技量を高く評価されてのことではないかと思った(勝手な推量ですが、、、)。
この曲は現代曲とは言っても、美しい旋律も繰り返し現れて躍動感に満ちている曲で親しみやすい。プロだから当然かもしれないが、暗譜で吹くのだから大変な練習時間を要したと思われる。高橋聖純はフルートの美しい音色を素晴らしいテクニックで響かせ、その繊細で且つ堂々たる演奏ぶりは頼もしさを漂わせた。指揮者も父親の曲の演奏に感慨深いものがあったに違いない。

モーツァルトのクラリネット協奏曲はクラリネットの傑作として親しまれている。彼の死のわずか2ヶ月前に作曲された。クラリネットの持つ陰影に富んだ音色が限りなく美しい広がりのあるメロディを作り上げている。澄みきった天空に安らぎが広がっていくさまが感じ取れる。簡潔であるが明るく天国的な気分に満たされる。聴いていて気持ちが晴れやかになる曲。
三瓶佳紀はこの曲の演奏経験も豊富な様子で、曲の持つ良さが充分に伝わってきた。Kitara大ホールでソリストとして演奏する気分は最高だろうと思った。

トロンボーン曲のCDは1枚も持っていなくて、グレンダールの名も初めて聴く名前である。吹奏楽でトロンボーンの演奏を聴いたことがあっても、クラシック音楽のコンサートでトロンボーン協奏曲を聴いたのは初めて。力強いリズムだけでなく抒情性もあるメロディもあって面白い曲だった。
山下友輔はこの楽器の持つ楽しさを身体から発散させる魅力を持ち合わせている音楽家。

「オーボエ協奏曲 ハ長調」は《フルート協奏曲 第2番 ニ長調》に書き換えられ、フルート曲として演奏されることが多い。そのためにメロディはクラシック・ファンには親しまれている名曲である。原曲はオーボエ曲であるが調性が違うので、別な曲と勘違いされやすい。ケッヒエルの番号も違うので、一見すると間違えやすいが曲を聴くと直ぐ同じメロディと判る。
金子亜未は2012年の第10回国際オーボエ・コンクール・軽井沢で日本人最高位の第2位となり、一躍脚光を浴びた注目の若手オーボエ奏者(90年生まれ)。落ち着いた演奏で高音木管楽器から生み出される美しい音色を駆使して幅のある音色をホールに響かせた。第1楽章からかなり長いカデンッァを見事に披露した。独奏ソロの見せ所は今後は経験と共に尚一層聴く者の心奥深くに響かせることになるだろう。とにかく将来の逸材であることを聴衆に知らしめる演奏であった。聴衆の心を揺り動かす演奏に一段と拍手も長く続いた。

協奏曲集の最後は、管楽器奏者たちのソロが次々にリレーされて、複数楽器の組み合わせの演奏もあってクライマックスへ向かう様々な楽器の大合奏。弦楽器は控えめに、管楽器に主に焦点を合わせた演奏で少し趣の変わった「ボレロ」。フィナーレでは打楽器、弦楽器、管楽器がフルに活躍する大団円。≪ボレロの祭典≫の名がピッタリの終曲。

尾高音楽監督がソリスト4人をひとりずつステージに呼んでのインタビュー。マエストロの人柄がにじみ出るソリストたちとりとのやり取り。札響を市民に親しんでもらう気持ちも良く表された微笑ましい場面であった。
今日のコンサートを通して、大平コンサート・マスターを初め札響の全楽団員がソリストたちを心から支える演奏とその応援ぶりに心も和むのを覚えた。

今回のような演奏会の試みや様々な活動を通して、若い世代の人々が札響のコンサートにもっと足を運び、札響定期会員が増えることを長い目で見守りたいと思う。



国際オーボエコンクール・軽井沢

 大賀典雄さんはソニー株式会社の社長・会長を歴任し、声楽家・指揮者としても活動して日本の音楽界に偉大な足跡を残したことは良く知られています。

 1985年に大賀さんが当時ベルリン・フィルの首席オーボエ奏者であったハンスイェルク・シェレンベルガーの協力を得て、日本で国際オーボエ・コンクールを開催した。3年毎に開催されていて、今では世界を代表する3大オーボエ・コンクールの1つに定着しているそうです。
  
 シェレンベルガーは2009年5月にKitara主催のコンサート「きがるにオーケストラ~大作曲家の世界」で札響を指揮してハイドンとベートーヴェンの交響曲を演奏し、モーツァルトの「オーボエ協奏曲」を弾きふりしている。音楽雑誌「音楽の友」にもインタビュー記事が1年近く連載されるほど日本でも知名度が高い音楽家であり、彼は今回のオーボエ・コンクールの審査委員長を務めた。

 第10回国際オーボエコンクール・軽井沢は9月30日~10月8日まで軽井沢大賀ホールで行われた。先週の札響の定期演奏会のプログラムに次のような記事が載っていた。 <速報!> 札響首席オーボエ奏者の金子亜未が第2位(日本人最高位)ならびに聴衆賞である軽井沢町長賞などを受賞!

 札響定期会員である私自身も嬉しい気持ちになって、札響の事務局にお祝いのメールを送って、ブログにも書いてみる気になった次第である。

 
 
 
プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR