樫本大進&コンスタンチン・リフシッツ

樫本とリフシッツのデュオを聴くのは2002年、2014年に続いて3回目。
今日の午前は心臓病の最終チェックの日。脚の痛みが心臓病と関係がないか、症状を看護師に予め伝えて主治医の診察の前に胸部X線、心電図や両脚全体のエコー検査などの結果、内科の観点からは異常なしと診断された。一安心ではあったが、脚の痛みは間断なく続いている。整形外科に通うことになるだろう。
今日は2月に入って初めてのコンサート鑑賞となったが無理をしてタクシー・地下鉄・タクシーを乗り継いで会場にたどり着いた。9月にチケットを購入していたので聴き逃したくなかった。

2016年2月16日(火) 開演19:00  札幌コンサートホールKitara大ホール

〈Program〉
 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番 ハ短調 Op.30-2
 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.100
 プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ヘ短調 Op.80

樫本とリフシッツの《ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集》は2年前に買い求めていた。前回は第4番、第10番を聴いた。今回の「第7番」は数回聴いただけだったが、とても親しめる曲。コンサートでは初めて聴いたと思うが、二人の丁々発止で奏でられる4楽章構成の曲を1階正面の席から存分に楽しんだ。「春」や「クロイツェル」ほど有名ではないが、タイトルがついていると人気曲になる感じがした。

前回はブラームスの第1番。今晩は「第2番」。ブラームスのヴァイオリン・ソナタに親しむようになってから日が浅い。3年前のムターのコンサートで買った彼女のサイン入りのCDで聴くブラームスはこの上なく美しい。ロンドンで生まれ少年時代をドイツで過ごした樫本とウクライナ生まれのリフシッツは互いにドイツ語で会話を交わす間柄のようである。ドイツの作曲家の曲目が中心になるのは当然だろうと思った。ブラームスの叙情味あふれる作品がヴァイオリンとピアノの対話を通して実に美しくホールに響き渡った。

プロコフィエフ(1891-1953)のヴァイオリン曲が演奏される機会は極めて少ない。手元にシゲティ演奏の「ヴァイオリン・ソナタ第1番」のCDがあって、コンサート前に2度ほど聴いてみた。集中力が足りないのか、1・2度耳にしたくらいではよく分らない。プロコフィエフは1917年のロシア革命の年にソヴィエトを脱出してアメリカに亡命した。旅の途中で日本に立ち寄った話は良く知られている。十年ほどして祖国に帰国してから書いた曲で「ピーターと狼」は彼の最も有名な作品として親しまれている。(*小澤征爾の指揮とナレーションでボストン響のCDを度々聴いたのを思い出す。)
演奏曲として珍しい曲を聴くのもコンサートの楽しみである。聴きなれない曲を生演奏で聴くとCDとはとても違った印象を受ける。現代音楽作曲家として新しい音楽を作り出したプロコフィエフ独特の雰囲気を持つ曲。1938年に書き始めた曲が完成したのが1946年というから、共産主義社会でソヴィエト政府と自分の目指す音楽の狭間で生まれた作品と言えよう。
厳粛な第1楽章、力強い第2楽章、瞑想的でリリシズムを湛えた第3楽章、拍子が目まぐるしく変化して民族舞曲風のフィナーレへ。

それぞれの音楽性や性格が融合して生まれる音楽の何と美しいことか。それぞれのリサイタルとは違う雰囲気を楽しめるデュオを心行くまで堪能できたコンサートであった。

アンコール曲は《バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ BWV1019遺稿より 「カンタービレ・マ・ウン・ポコ・アダージョ」》。

今回の日本公演は福岡で始まり、宮崎、大津、東京、所沢、札幌、大阪と続いて最終公演が19日の横浜。
 
今夜は往復ともに地下鉄とタクシーを利用して無理をしたが、明日のペレーニのチェロ・リサイタルは無理はできない。多分、コンサートは断念することになるだろう。








 

ヴァイオリンXチェロ=“クラシックはおもしろい?!”

〈KitaraランチタイムコンサートⅠ〉

三上亮(元札響コンサートマスター)と市寛也(N響チェロ奏者)のお話付きコンサート

2015年10月6日(火)13:00開演 札幌コンサートホールKitara小ホール

〈プログラム〉
 エルガー:愛の挨拶 作品12
 ドヴォルジャーク(クライスラー編曲):8つのユモレスク 作品101 B.187
                             第7番 変ト長調
 ヘンデル(ハルヴォルセン編曲):パッサカリア
 J.S.バッハ:「2声のインヴェンション」より
           第1番、第4番、第8番、第13番
 リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
 サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より “白鳥”
 マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
 ピアソラ:リベルタンゴ

上記の作品の演奏時間は35分程度でトークを入れながら1時間のコンサート。今から約半年前の4月27日にザ・ルーテルホールを会場にして「三上亮&金子鈴太郎デュオ・リサイタル」が行なわれた。ヴァイオリンとチェロの組み合わせなので、プログラムは似たようなものになる。ただ、そのコンサートにはピアニストが加わって「チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲」の演奏があった。その時は、その曲が目当てで聴きに行っていた。

そのコンサートではチェリストの金子がトークが得意ということで進行役を務めた。今回は三上が進行役。
最初の「愛の挨拶」は前回はトリオでの演奏。原曲はピアノ曲だがエルガーはオーケストラ用にも編曲した。ヴァイオリンやチェロのためにも編曲されて親しまれている。エルガーの妻アリスは9歳年上で作家でもあったが、結婚後は献身的に夫に尽くし、彼を支えた。妻の亡き後に彼女との婚約記念に書いたのがこの作品。爽やかな美しさをたたえた優しさに溢れた曲。

「ユモレスク」はアンコール・ピースとして耳にする機会が多い。「パッサカリア」は前回のアンコール曲だった。原曲のヴィオラをチェロに換えての演奏。N響のチェロ奏者の市寛也(8月31日のN響札幌公演に出演)はチェロでの演奏は難しいと答えていた。しばしば耳にするメロディでバロック音楽の雰囲気が出ていた。
バッハの「インヴェンション」はピアノ学習者には馴染みの曲で、全部で15曲あるが、そのうち時間の関係で4曲のみ演奏と話があったが、自分にとってそれほど親しのある曲ではなかった。ピアノの右手をヴァイオリン、左手をチェロが担当と説明があったが、ピアノは習ったことは無く余りピンとこなかった。

「熊蜂の飛行」では演奏のテンポに工夫が凝らされて、解りやすい説明があった。最初チェロにテンポを遅くして演奏させて、ヴァイオリンが見本を示し、再度チェロが速いテンポで一部を演奏し直して、テンポの大切さを伝えた。
「白鳥」はチェロの演奏で親しまれているが、ヴァイオリンが旋律を奏でチェロが伴奏。ヴァイオリンとチェロの融合を試みたと言う。
オーケストラ曲の「マスカーニ:間奏曲」では美しい調べがホールに流れた。

最後のピアソラ「リベルタンゴ」はヨーヨー・マの名演奏が話題となって広まったらしい。

約4年前にN響チェロ奏者になった市(Ichi)に若返ったオーケストラメンバーの状況を聞き出していたが、何となくぎこちない進行役。三上のヴァイオリン演奏には惹かれるがトークは慣れつつあるとはいえ得意ではなさそうである。ホール事務局から依頼されたランチの勧めと次回以降のコンサートの聴衆へのコマーシャルにも少々違和感があった。(これは全く個人的な感想である。)

アンコールに応えて「モンテイ:チャールダーシュ」と言って演奏を始めたが、途中から客席から笑いが、、、。共演者は違うが、メロディがいつの間にか日本で流行った演歌「津軽海峡冬景色」に変わった。半年前と同じ、演奏自体は素晴らしいが、各地で笑いを取る工夫をしているらしい。反応は人それぞれだろうが、今回のコンサートの流れは自分の好みには合わないと思ったのが正直な感想。今回は普通のコンサートと違ってホールの支援があっての低料金でのコンサートだったので、欲は言えない気もした。

低料金で40分程度のミニ・コンサートは歓迎。ランチタイム・コンサートは12時前後が望ましい。ランチの時間が2時過ぎになるのは一般的ではない気がする。個人の好みによるが、コンサートは余計なトークは無い方が良い。(最低限の曲の解説だけで良い。)

三上亮は2007年から11年まで4年間、札響コンマスを務めた後、室内楽を中心として全国各地で幅広い活動を展開していて人気のヴァイオリニストである。単音しか出せないヴァイオリンやチェロで演奏会を開くのは曲も限られているので難しいと思う。三上は新しいことに挑戦しているのではないかという気がする。今後の一層の活躍を期待したい。

日下紗矢子&ペーター・ブルンス デュオ・リサイタル

《六花亭 ふきのとうホール》 オープニングフェスティバル
 
数あるオープニングコンサートのうちでこのコンサートを選んだ理由はベルリン・コンツェルトハウス管弦楽団のコンサート・マスターを務めて大活躍している日下紗矢子の演奏を聴く機会を狙っていたからである。

今日から4日連続で続くコンサート鑑賞に備えて整形外科病院で腰にブロック注射をしてもらい、腰部脊柱管狭窄症に伴う痛み、しびれを改善する薬を4週間分処方してもらって体調に万全を期することにした。薬が切れたこともあって先週はコンサートの行き帰りにかなりつらい思いをした。今月は時計台のボランティア活動も休み、コンサート鑑賞に万全の態勢を取っている。
 
ヴァイオリンとチェロの絶妙なる二重奏

2015年7月23日(木) 開演時間 19:00  ふきのとうホール

日下紗矢子(Sayako Kusaka)は1979年、兵庫県生まれ。東京藝術大学を首席で卒業。浦川宜他、清水高師らに師事。アメリカの南メソディスト大学、同大学院卒業。06年からフライブルク音楽大学でクスマウルに師事。2000年パガニーニ国際コンクール第2位、日本音楽コンクール第1位、シベリウス国際コンクール第3位など輝かしい活躍。08年、ベルリン・コンツェルトハウス管(*旧東ドイツのベルリン交響楽団)のコンサートマスターに就任。09年、ベルリン・コンツェルトハウス室内管を設立し、リーダーとして活動。10年以降は毎年来日して、国内主要オーケストラと共演し、室内楽、ソロと活発な活動を展開している。2013年より読売日響のコンマスに就任。日独二つのオーケストラのコンサートマスターを兼任。ベルリン在住。

ペーター・ブルンス(Peter Bruns)はベルリン生まれ。ドレスデン国立管やバイロイト祝祭管で首席奏者を歴任。ライプツィヒ放送響、ベルリン響などと共演。現在はベルリン、ウィ-ン、ロンドン、ニューヨーク、東京などの主要コンサートホールで演奏し、ドイツを代表するチェリストとして活躍。ドレスデン音楽学校、ライプツイヒ音楽学校などの教授を務めるなど後進の指導にもあたり、指揮活動も行っている。

〈Program〉
 ラヴェル(1875-1937):ヴァイオリンとチェロのためのソナタ 
 シュールホフ(1894-1942):ヴァイオリンとチェロのための二重奏曲
 コダーイ(1882-1967):二重奏曲 作品7

現代作曲家の作品として位置づけられる曲がプログラムに並んだ。全て初めて耳にする曲。

ラヴェルはピアノ曲や管弦楽曲を多く作曲しているが、室内楽は珍しい。この作品は1922年完成の曲。ラヴェル独特の絵画的描写が見られたが、当時の現代作曲家のストラヴィンスキー(1882-1971)などに通ずる音楽を感じ取った。何だかピカソの作品を思わせるものを曲に感じた。ラヴェルの作品でこんな現代曲もあるのかと思った。
4楽章構成。第1楽章がアレグロ。第3楽章がレントでイタリア語と同じ指示だが、第2楽章が「非常に元気よく」、第4楽章が「元気一杯に生き生きと」とフランス語の指示に興味を持った。
全体的にチェロの活躍が目立って曲が引き立てられた感じがした。特に第2楽章でのチェロの力強いピッツィカート奏法が印象に残った。この曲でラヴェルは新し音楽を試みたように思った。

シュールホフはチェコの作曲家。ピアニスト、指揮者としても活躍したと言われる。4楽章構成で結構聴きごたえがあった。

コダーイは先日のイシザカ・ダンジュウロウのコンサートでも「チェロ・ソナタ」が演奏された。曲は3楽章構成。コダーイはバルトークと共にマジャールの民謡の採集を行ない、多くの研究論文も残して民謡集も出版。ハンガリーの偉大な作曲家であったが、ブタペスト音楽院教授(1907-41)を務めた音楽学者でもあった。

3曲とも各々20-25分程度の曲で、それぞれ興味深い曲。演奏も現代曲ならではの創意工夫がなされて聴きごたえがあった。二人の演奏家の呼吸もピッタリでホールを埋めた満員の聴衆からもブラヴォーの歓声も上がり拍手大喝采。期待の日下の演奏も素晴らしかった。日下紗矢子はリーダーとしての活躍がうかがえる堂々たる演奏ぶりであった。

ポピュラーな曲と同様に、いや、むしろ初めて親しく聴く20世紀の音楽が面白くもあった。

アンコール曲は「グリエール:カンツォネッタ」。

日下は7月中旬にコンマスを務めるベルリン・コンツェルトハウス室内管のコンサートを東京・神奈川などで開催したが、この後、九州や東京でソロ・リサイタルも予定されている。旧西ベルリンと旧東ベルリンのトップ・オーケストラを同年齢の日本人、樫本大進と日下紗矢子がコンサートマスターとして活躍していることは素晴らしいことである。今後の彼らの活躍を祈るとともに、引き続き才能ある若い日本人演奏家がどんどん海外に出ていくことを期待したい。

郷古 廉&津田裕也 デュオ・リサイタル

《若い二人の感性が織りなすソナタの世界》

六花亭札幌本店「ふきのとうホール」のオープンを祝うフェスティバル(2015.7.5~7.31)で日本の若手演奏家二人がデュオを組んでの登場!

郷古廉は2006年メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクール・ジュニア部門で史上最年少優勝を飾り、津田裕也は2007年仙台国際音楽コンクールピアノ部門で優勝して話題を集めた。二人は将来を嘱望される日本の若手演奏家である。

郷古廉(Sunao Goko)は1993年、宮城県多賀城市生まれ。99年桐朋学園子どものための音楽教室仙台分室に入室。04年全日本学生音楽コンクール全国大会・小学校の部第1位。06年メニューイン・コンクール・ジュニア部門優勝以来、フランス国立リール管と共演し、同年初リサイタルを開催。これまで新日本フィル、読響、仙台フィル、アンサンブル金沢と共演を重ね、12年9月には札響定期で「ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」を弾いてKitara初登場。国内外の音楽祭でジャン・ジャック・カントロフ、アナ・チュマチェンコらのマスタークラスを受け、サイトウ・キネン・フェスティバル松本にも11年より出演。13年8月、ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクール優勝。(*この情報を得て直ぐツィッターでつぶやいた)。12年よりウィ-ン私立音楽大学に留学中。
使用楽器は1682年製アントニオ・ストラディヴァリウス(Banat)(*個人の所有者の厚意による貸与)。

津田裕也(Yuya Tsuda)は1982年、仙台市生まれ。01年、第70回日本音楽コンクール・ピアノ部門第3位。05年、東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程を首席で修了。07年仙台国際コンクール優勝後、東京・仙台・新潟でソロ・リサイタルを開催。09年からデュオ、トリオを結成しての室内音楽活動にも積極的に取り組む。11年、ベルリン芸術大学を最優秀の成績で卒業し、ドイツ国家演奏家資格を取得。11年ミュンヘン国際コンクール特別賞受賞。ソリストとしてベルリン響、ドイツ室内響などの海外オーケストラのほか、国内主要オーケストラと共演。ベルリン在住。

2015年7月14日(火) 開演時間 19:00  ふきのとうホール

〈プログラム〉
 ヴェーベルン:4つの小品 作品7
 シューベルト:ヴァイオリンソナタ イ長調 D.574
 J.S.バッハ:ヴァイオリンとハープシコードのためのソナタ 第1番
 プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ 第1番 ヘ短調 作品80

ヴァイオリン協奏曲はCDをかなり所持しているが、ヴァイオリン・ソナタはモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスを除いては余り持っていない。コンサート鑑賞も続き、病院通いも重なって、聴き慣れない曲をコンサートの前にCDで聴いて親しむ時間的余裕もなかった。演奏曲目のCDは手元に無いと思っていたらバッハとプロコフィエフは所有しているのが後で判った。

ヴェーベルン(1883-1945)はシェ―ンベルクやベルクと並ぶ新ウィ-ン音楽派の作曲家。前衛的な作風で知られているが、東京クヮルテットの演奏会でアンコール曲にヴェーベルンの弦楽四重奏曲の一部を聴いてその抒情的旋律を意外だと思ったことがある。
本日、曲のイントロダクションで最初の音が奏でられた時には20世紀前半の前衛的な作風が感じ取れた。同時に美しい旋律も味わえて、とにかく特徴のある作曲家として位置づけられるのが判った気がした。

シューベルト(1797-1828)のヴァイオリン曲は全く聴いたことが無いと思う。1816年に3つのヴァイオリン・ソナタを作曲。イ長調の作品は1817年作曲で4楽章構成。少年期の作品ではあるが創作力が旺盛であった時期を彷彿とさせる。

前半2曲は休まずに続けて演奏された。ヴェーベルンの作品の演奏終了後に、やや間があったのだが、拍手のタイミングを逸した感じ。曲調が明らかに変わったのだが、演奏者は予め用意された楽譜もあり、集中力を途切らせたくなかったように思われた。シューベルトの曲は第4番に相当するようだが、アレグロ・モデラート、プレスト、アンダンティノから終楽章アレグロ・ヴィヴァ―チェへ向かうフィナーレは新鮮であった。

若い二人の演奏に引き込まれた聴衆は、15分休憩の案内があって一瞬ビックリした様子。それなりに切れ目のある小品が8曲も演奏されたわけではなかった。2作品が連続して演奏されたことに直ぐ気付いた。

バッハ(1685-1750)のヴァイオリン・ソナタはBWV.1014~BWV.1019をフランク・ペーター・ツィンマーマンが弾くCDを所有しているが、無伴奏ヴァイオリン・ソナタほど聴き慣れていない。バッハの時代はチェンバロだったから、ピアノとは雰囲気がかなり違った印象を持っている。しばらく聴いていないので、第1番ロ短調BWV.1014と同じ作品だったのか確かめないと判らない。

プロコフィエフ(1891-1953)のヴァイオリン協奏曲が手元にあるのは知っていたが、ソナタも2曲同じCDに入っていることは忘れていた。2・3度聴いたことがあるのだろうが、実演で聴いたことが無いと耳だけの印象では余り覚えていないものである。郷古廉の超絶技巧の連続と言っても良い力強い演奏には驚かされた。身体全体を揺り動かしてエネルギーを使う迫力ある演奏に引き込まれた。
プロコフィエフはロシア革命の折に祖国を離れ、35年にソ連に帰国した。ヴァイオリン・ソナタ2曲は復帰後に社会主義リアリズムを意識して書かれた作品。第1番は作曲(1938-46)後の初演はオイストラフとオボーリン。ヴァイオリンの持つ特性が発揮された曲で、初演を行なったオイストラフに献呈された。現在では、親しみ易い第2番の演奏機会が多いと言われる(*第2番の原曲はフルート・ソナタ。第1番が超難曲というのも一因かもしれない)。

郷古廉の演奏は札響と共演した時と状況は違うが、集客力を意識しなくても済むコンサート(六花亭札幌本店「ふきのとうホール」オープニング・フェスティバル期間中の25回のコンサートすべてのチケットは完売)で思い通りのプログラムによるリサイタルになったのではないだろうか。津田裕也のピアノも高度の技術を駆使してコンサートの魅力を増した。

若手の演奏家のコンサートで比較的に若い聴衆、特に女性が目立ったが、帰り支度を急ぐ人もいて結果的にアンコールは1曲のみ。「クライスラー:愛の悲しみ」。(*もう1曲「パラディス:シチリアーノ」を用意していたらしい。)

ホールの運営で要望したいこともあるが、今月の実施状況を参考にしてより良いホールつくりを目指してほしい。

※ふきのとうホールのコンサートに来週は3回通う。明日からPMFも本格的にスタートする。15日、17日、18日とPMFベルリン演奏会、PMFウィ-ン演奏会、PMFオーケストラ演奏会が続く。ひと月前から持病の脊柱管狭窄症の症状が出て、この1週間は歩行に支障が出てきた。時々襲われる痛みを抑えながら何とかコンサート会場に通っている。今月は時計台のボランティア活動を休んで、体調を整えて予定のコンサート鑑賞を楽しんでいる。コンサート会場では音楽に浸り心身ともにリフレッシュできるのが薬である。


三上亮(Vn)&金子鈴太郎(Vc) デュオリサイタル

三上 亮(ヴァイオリン)&金子鈴太郎(チェロ)デュオリサイタル ゲスト 高 実希子(ピアノ)

2015年4月27日(月) 開演 7:00p.m. 会場:ザ・ルーテルホール

Kitaraが休館する前に今日のコンサートのチラシが配られていた。札幌交響楽団のコンサートマスターを2007年~11年まで務め、昨年10月にヴィルタス・クヮルテットの演奏会にも来札した三上亮が出演するコンサートだったので2月初旬にチケットを買い求めていた。

三上亮(Ryo Mikami)は1976年、水戸市生まれ。東京藝術大学在学中に日本音コン第2位。東京芸大首席卒業。99年、米国アスペン音楽祭に参加してドロシー・ディレイに師事。04年、ローザンヌ高等音楽院でピエール・アモイヤルに師事。スイス国内を拠点にヨーロッパ各地で演奏活動。07年に帰国後、札響コンマスを4年間務め、11年に退団。その後、東京芸術大学非常勤講師、日本音コン審査員などを歴任しながら、東京モーツァルトプレイヤーズ・コンマスの他に室内楽活動やオーケストラ客演コンマスなど多方面で活躍中。

金子鈴太郎(Rintaro Kaneko)は桐朋学園ソリスト・ディプロマコースを経てリスト音楽院で学ぶ。 国内外の数々のコンクールで優秀な成績を収め、1999、2000年イタリア・シェナのキジアーナ音楽祭で名誉ディプロマを受賞。03~07年大阪交響楽団首席チェロ奏者、07~08年、同楽団特別首席チェロ奏者。現在は東京モーツァルトプレイヤーズ・チェロ首席、Super Trio 3℃などで活躍中。

高実希子(Mikiko Ko)は函館出身のピアニスト。桐朋学園大学ピアノ専攻首席卒業。2008年、パリ国立高等音楽院卒業。2008年イル・ド・フランス国際ピアノコンクールでドビュッシー特別賞を受賞。現在、ソロ・室内楽においてフランス・日本各地で積極的に演奏活動を行なっている。

〈PROGRAM〉
 1部 エルガー:愛の挨拶 (トリオ)
     ラヴェル:ヴァイオリンとチェロの為のソナタ (デュオ)
     ギス:God Save the Kingによる変奏曲 (デュオ)
 2部  チャイコフスキー:偉大な芸術家の思い出 (トリオ)

エルガーの作品で「威風堂々 第1番」と並んで有名な曲。 イギリスの作曲家であるが出版の際に経緯があって、曲のタイトルはフランス語“Salut d'amour”となった。「愛の挨拶」の英語タイトルは“Love's Greeting”である。
優美な調べで親しまれ、エルガーはピアノ曲、ヴァイオリン曲、小編成の管弦楽曲などいくつもの版を残した。

三上ファンが多く詰めかけたのか、入場時に道路にまで並ぶ人の列。会場は満席状態で、札幌公演に先立って函館で2種類のコンサートを行ってきて車で札幌入りしたとのこと。ほぼ満員の会場で聴衆の期待に応える意気込みも語られた。
トークが苦手という三上に代わって、以後、金子が進行役を務めた。(彼は話が得意そうで自制しながら進めた。)

ラヴェルが1920年から1922年にかけて作曲した珍しい楽器編成の作品。ドビュッシーの追悼曲として発表済みの作品を第1楽章として、4楽章構成にしてソナタとした。ストラヴィンスキーやヒンデミットなどの現代作曲家の音楽にも繋がる第一次世界大戦後の音楽を感じ取れた。今まで聴き慣れたラヴェルの音楽とは違った傾向の曲が聴けて興味深かった。
ヴァイオリンの極めて高度の技量が必要で、演奏が難しい曲に思えた。チェロがヴァイオリンに寄り添って支えている様子が感じられたが、金子の個性かも知れない。20分程の曲。
演奏前に三上は昨年10月に初めて金子と共演してから彼とは20数回共演を重ねていると話したが、音楽的にも相性が合うのだろうと思った。(* 先月ピアニストの近藤嘉宏が三上亮との室内楽共演の様子をtwitterに載せていた。室内楽を気軽に楽しむアーティストが増えているのを実感する。)

ギス(Ghys)(1801-48)は聞いたこともない名前。「God Save the Kingの旋律による華麗にして協奏的な変奏曲」という長い曲名。原題の“God Save the King”は英国国歌。(*現在の英国国歌は“God Save the Queen”) 。オリンピックの表彰式などで度々耳にする機会のある聴き慣れたメロディが繰り返されるので初めて耳にする曲でも親しみが湧く。10分程の曲。

休憩後はチャイコフスキーの大曲。昨年12月、レーピン(Vn)、クニャーゼフ(Vc),コロべイニコフ(Pf)のトリオでの生き生きとした名演奏が脳裏にある。今年は演奏会の曲目にも度々選ばれているのを目にする。室内楽では私の最も気に入りの曲になっている。いつ、何度聴いても飽きない。

金子のトークで初耳だったことがあった。ロシアでは有名人が亡くなった時に作曲家が「ピアノ三重奏曲」を書く習わしがあったという。チャイコフスキーが亡くなった1893年にラフマニノフが「ピアノ三重奏曲」を作曲していることに気付いていなかった。調べてみたら曲のタイトルに「偉大な芸術家の思い出」と書かれていた。

「偉大な芸術家の思い出」は当時ロシアの偉大なピアニストであったニコライ・ルビンシュテインの死を悼んで作曲された。今日では高い人気を誇るチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」がルビンシュテインから酷評を浴びたエピソードは余りにも有名である。
この曲は悲劇的雰囲気の曲であるが,憂愁をたたえながらも堂々としたスケールの大きい作品である。親しみのあるメロディが聴く者の心に深く染み込むように響く。この曲で全体的にピアノが活躍する場面が多い。日本の音楽界で活躍する二人に交じってパリ音楽院で研鑚を積んだ高が堂々と渡り合った。
50分近い長大な曲は深い悲しみに沈みながら葬送行進曲のリズムで静かに閉じられる。時間の長さを感じないうちに曲が終ってブラボーの声が会場を包んだ。熱演で時計の針は9時を過ぎていた。

進行役は最後まで金子が担当した。トリオのアンコール曲はチャイコフスキーの「悲愴」に因んだ「タンゴ」。
デュオのアンコール曲は「ヘンデル:パッサカリア」。
このアンコール曲は素晴らしく、聴衆の大喝采を受けた。ブラボーの掛け声に応えて、金子のピアノと三上のヴァイオリンで曲が奏でられると、いつの間にか「津軽海峡冬景色」の調べ、途中からピアニストの高が金子を押しのけて「モンティ:チャールダ―シュ」、チェロに戻ったはずの金子から生み出される音は口笛に変わっていて、会場から笑いが出て拍手喝采! 最後は会場も楽しい雰囲気に包まれて9時20分過ぎに終了。


プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR