42人の音楽評論家・記者が選んだ2012年のコンサート・ベストテン

音楽雑誌「音楽の友」の企画による2012年のコンサート・ベストテン
 
 「音楽の友」は2011年12月1日から2012年11月30日までの期間中、日本国内で行われたクラシック・コンサートを対象に、音楽評論家・記者42名に各10公演の選定を依頼した。
上位14位までに入ったコンサートと私自身が選んだベストテンを参考までに比べてみた。

 毎年オペラや海外のオーケストラが上位を占めている。
2012年は21位まで発表になっているが14位まで上げておく。 

第1位  新国立劇場≪ピーター・グライムズ≫
第2位  マリス・ヤンソンス指揮/ バイエルン放送交響楽団
     ラドゥ・ルプー(p)
第4位  エリアフ・インバル指揮/ 東京都交響楽団第730定期、都響スぺシャルetc.
第5位  サントリー芸術財団サマーフェスティヴァル2012≪オレスティア≫
     東京二期会≪パルジハル≫
     日生劇場≪メデア≫
第8位  ギドン・クレーメル(vn)
     新国立劇場≪ローエングリン≫
     マウリツィオ・ポリーニ(p)
第11位  イザベル・ファウスト(vn)&アレクサンドル・メル二コフ(p)
     パトリツィア・コバチンスカヤ(vn) 
     ヤーノシュ・コヴァ―チュ指揮/ 東京フィルハーモニー交響楽団第73回東京オペラシティ定期
第14位  ウィーン国立歌劇場≪アンナ・ボレーナ≫
     ダ二エル・ハーディング指揮/ サイトウ・キネン・オーケストラ
     パーヴォ・ヤルヴィ指揮/ フランクフルト放送交響楽団
     シルヴァン・カンブルラン指揮/ 読売日本交響楽団
     (読響50周年特別公演、第198回東京芸術劇場名曲シリーズ、第519回定期)
 
 2012年もオペラが6件入っているが、外来オペラは14位の≪アンナ・ボレーナ≫だけで、あとは全部国内制作なのが特徴的である。ブリテンの≪ピーター・グライムズ≫は2008年9月の札響第511回定期での名演が聴衆に大きな感動を与えた歌劇である。新国立劇場が大健闘しているが尾高芸術監督もさぞ満足していることであろう。日本のオーケストラも大活躍して4つも入っているのは喜ばしい。

 私のベストテンと同じコンサートが3つある。ルプー、ポリーニとパーヴォ・ヤルヴィのフランクフルト響。特に11月に東京で聴いたルプーとポリーニは同じ日のコンサートを第1位にしている評論家がそれぞれ数名いました。 My Ten Best Concerts にあげた「ヤクブ・フルシャ指揮/ プラハ・フィル」も評論家の一人が票を入れていました。
 私の年間80のコンサートのうち「各評論家のベストテン」に複数の票が入った演奏家は上記3つの他庄司紗矢香&ジャンルカ・カシオーリダン・タイ・ソンでした。
 
札響の定期演奏会をベストテンに入れた評論家は各1人。
 第546定期演奏会 高関健指揮/ 「トゥーランガリラ交響曲」
 第548定期演奏会 ラドミル・エリシュカ指揮/ 「新世界より」「野鳩」他

そのほかKitaraで開催されたコンサートと同じ全国公演で票が入ったコンサートを参考までにあげておく。いずれもピアノ・リサイタルで小山実稚恵、及川浩二、アリス・沙良・オット

一応、参考までに書いてみたが、結果的にどうしても東京中心になってしまう。コンサートはそれぞれの個人の楽しみ方がある。音楽を聴いて自分流に楽しめばそれで充分ということになると思う。最終的にベストコンサートは楽しむ本人が決めるものだと思う。   


              



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR