スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京へのクラシック音楽鑑賞の旅(ニュヨーク・フィル、他)

ニューヨーク・フィルハーモニックの来日公演が発表になった半年前から東京公演を聴きに行く予定を立てた。3月中旬で当日の飛行機が札幌から順調に飛ばないことも考慮して、前日にも違うコンサートを入れておいた。
自分一人だけの旅行では2泊3日の旅程を組み、今までは1回の旅で、11年5月は4つ、12年11月は2つの演奏会に出かけた。今回は公演期日と演奏家のプログラムを勘案してトッパン・ホールでのルノー・カプソンの室内楽を選んだ。カプソンは人気の高い世界的ヴァイオリニストで10月時点で残りのチケットが3枚しかない状況であった。
飛行機のチケットは旅割で3ヶ月前には購入していた。東京在住の娘が旅行の際に泊まらせてくれる話はあったが、ウィークディのコンサートは終了時間が21時を過ぎ、夜中の住宅街の移動は大変なので遠慮した。いつも、東京での滞在はホテルに決めている。1月に入ってホテルはトッパン・ホールに比較的近い文京区のホテルに決めた。今迄は新宿、品川、浅草を拠点にして空いてる時間を観光に使っていたが、今回は歩き回るのは東京ドーム周辺だけにしてホテルで休む時間を多くとる予定にした。

3月12日の出発の前に、書道に励んでいる妻が昨年と同様に全国規模の「創玄展」に入賞して、急遽、7日に東京に出かけた。応募を重ねて目出度く卒業となり、創玄展会員の資格を得て一人前の書家になった。ハッピーなことなので止むを得ないが、妻に頼った生活をしていると、一人で一週間も過ごすのは何かと不便である。普段の有難さを感じる時でもある。

この年齢になって一人で東京都内を動き回るのは大変なことを自覚した。サントリーホールにも数回は出入りしているが、ホール周辺の通りの様子も変わった。主要な地下鉄駅には何本もの線があって、乗り換えが大変である。同じことを繰り返して慣れると良いが、大江戸線は地下深くを通っていているのは知っていたが、南北線の後楽園駅で降りた電車は地上に出るまで歩道も長く、6つか7つのエスカレーターを上るのにはびっくりした。東京は地下鉄網もどんどん増えて、街の風景も変わっていく様子に驚く。

文京シビックセンターの25階展望台ラウンジから見下ろす東京都内の街並みも観れた。東京ドーム内の「野球殿堂博物館」に入ってラジオ放送時代に活躍したプロ野球の選手名を多く見て懐かしい想いをした。正岡子規が学生時代にベースボールに夢中になり、一時、名乗った“ノボル”から“野球”という語が生まれたという説(?)も思い出して懐かしかった。大谷翔平の写真も入って、館内には新しいものも加えられているようである。館内では【“ミスタープロ野球”プロ入り60周年記念 昭和、平成と長嶋茂雄】企画展もあった。これまでに殿堂入りした人物は平成30年度の松井秀喜、金本知憲、原辰徳、瀧正男を含めて201人になったという。

昨日は創玄展の審査会員や入賞者の作品が展示されている国立新美術館に立ち寄って、中野北溟先生や妻の作品など一部の作品を鑑賞してカメラに収めた。東京都美術館は古くからあるが、国立新美術館は文字通り新しくて立派である。

この旅で何十人もの人に電車の乗り場や地下通路を尋ねて、親切に対応していただいた。通勤に利用していると思われる人を中心に訊いたのだが、快く応じて下った皆さんに感謝したい。

.

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。