FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札響第607回定期演奏会(尾高・札響のオール武満プログラム)

2018年2月24日(土) 14:00開演  札幌コンサートホールKitara大ホール
指揮/尾高 忠明(札響名誉音楽監督)   クラリネット/三瓶 佳紀(札響首席奏者)   
ヴァイオリン/アレックス・シオザキ      語り/中井 貴惠(女優・エッセイスト)

〈オール・武満 徹プログラム〉
  「乱・組曲
  ファンタズマ/カントス(クラリネット:Yoshinori Mikame) 
  遠い呼び声の彼方へ !(ヴァイオリン:Alex Shiozaki)  
  弦楽のためのレクイエム
  「系図」-若い人たちのための音楽詩(詩:谷川俊太郎)(語り/Kie Nakai) 

武満 徹(1939-96)は現在、世界で最も演奏される機会の多い日本人作曲家。オーケストラ作品、室内楽作品以外でも幅広いジャンルで作曲活動を行った。日本のオーケストラが海外公演を行う場合に武満や細川作品を入れるのが恒例のようである。今回は尾高指揮の定期演奏会では1976年、2006年に続く3回目の「オール武満」プログラムとなった。

黒沢朗監督の「乱」の映画音楽演奏を武満が札響に依頼した当時の札響音楽監督は岩城宏之(*正指揮者が尾高)で、武満は札響サウンドが最も適切と主張して実現したエピソードが語り継がれている。「乱」の映画音楽が再構成された組曲版。4楽章構成。3管編成で多種多様な打楽器を用いたオーケストラによって「落城の様子や戦いの場面」が力強い、迫力ある演奏で展開された。

「ファンタズマ/カントス」(幻想/歌)はタイトル通り、二つの語はこの曲では同義語。武満は音楽の庭を想定して曲作りをしたようである。世界的なクラリネット奏者のリチャード・ストルツマンとBBCウェールズ響のためにBBCから委嘱されて作曲された。1991年に尾高忠明が同楽団首席指揮者として初演。札響初演は2007年。三瓶は近年ソリストとして札響と共演を重ねているが、この曲でも力演。

「遠い呼び声の彼方へ!」のタイトルの曲には馴染んでいなかった。武満の曲で“水”に因んだピアノ曲などは抒情的な感じで偶々耳にして聴きやすいと思っていたが、オーケストラ曲の良さは概して理解しにくい。この曲の抒情性は何となく感じ取れた。シオザキは現代音楽を中心にニューヨークで幅広い活躍が注目されている若手のヴァイオリニスト。華やかさは無かったのは地味な曲目なのでやむを得ない。

1957年に東京響からの委嘱で作曲した「弦楽のためのレクイエム」は59年に来日したストラヴィンスキーから絶賛されて、武満の出世作となった。海外で演奏される機会が最も多い武満作品と言われ、3年前の内田光子指揮マーラー・チェンバー・オケストラの札幌公演でも演奏された。西欧のレクイエムと特徴が異なる瞑想的な音楽で、作曲家・早坂文雄の死を悼み書かれた鎮魂歌。弦楽合奏曲。

谷川俊太郎の数多くの詩は合唱曲に使われているが、オーケストラに使われているのは初めて知った。谷川の詩集『はだか』より
“Family Tree”。詩は子どもが過去の自分、祖父母、父母、将来の自分を見つめて全て平仮名で書かれた6つの詩を6曲に綴った。
ナレーションの後に演奏が続くと思っていたら、演奏が続く中で語りがあった。札響初演。
ナレーターの中井は《大人と子供のための読みきかせの会》を主宰し、絵本と生の音楽を付けた読み聞かせで人気を博しているという。高音が聞き取りにくい難聴の所為で8割ほどしか聴き取れなかったが、音楽の流れには支障はなかった。落ち着いた朗読で家族の優しい繋がりと子供の観点から綴られた曲に独特の味わいが滲み出ていた。

クラシック音楽の演奏会で日本人作曲家の作品がもっと取り上げられてしかるべきという声もあるが、曲の内容が人々に知られて親しまれている作品が少ないのも事実である。聴衆の盛り上がりを考慮に入れたりすると、その頻度数も限られるのだろう。
今回は弦楽器、管楽器、打楽器奏者も含め客演奏者が25名にも達する大々的な演奏者数になっていたのにも注目した。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。