FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミクローシュ・ペレーニ チェロリサイタル

〈Kitaraワールドソリストシリーズ〉
【第21回リスト音楽院セミナー講師による特別コンサート】

2018年2月20日(火) 19:00開演  札幌コンサートホールKitara小ホール
 チェロ/ ミクローシュ・ペレーニ(Miiklos Perenyi)
 ピアノ/ イシュトヴァーン・ラントシュ(Istvan Lantos)

〈PROGRAM〉
 J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲 第5番 ハ短調 BWV1011
 シューマン:民謡風の5つの小品集 作品102
  おとぎ話の挿絵 作品113
 マルティヌー:チェロ・ソナタ 第3番 H.340

ペレーニはリスト音楽院教授として札幌コンサートホールが開館しで始まったリスト音楽院セミナーのチェロ講師として来札を重ねて日本での知名度を高め、2011年には札響2月定期で「ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第2番」を弾いた。セミナー講師の特別コンサートでは何度もリサイタルを開催して「バッハ:無伴奏チェロ組曲」の連続演奏も続いている。東京でのリサイタルも増えて、今日では世界チェロ界の巨匠と称せられるようになった。彼は真摯なスタイルの演奏が特徴で、過去の演奏会では2009年の「ブリテン:無伴奏チェロ組曲第3番」が珍しい演奏曲として忘れ難い。
ラントシュは1994-97年にリスト音楽院学長を務め、20年前からセミナー講師としてKitaraと深く関わり、リサイタルも行っている。

バッハの「第5番」は組曲中で最も深みのある作品とされる。前奏曲、アルマンド、クーラント、サラバンド、ガヴォット、ジーグから成る。フランス風序曲の前奏曲、リズミカルなアルマンド、フランス風のクーラント、沈んだ感じのサラバンド、珍しい配置のガヴォット、急進的なジーグ。バッハの無伴奏曲は何度聴いても深みのある重厚な曲に惹かれる。

シューマンの小品集のタイトルは聴き慣れていなかったが、作品番号でCDを所有していることが判った。直ぐ見つからずに、探してみると室内楽全集の輸入盤(5枚)に曲が入っていた。少なくても購入してから一度は聴いている。昼過ぎに一応聴いておいた。
作品113はヴィオラとピアノのための曲。20年以上前に録音されたマルタ・アルゲリッチと今井信子のCDだった。初めて聴いた時には2人の大家の演奏だとは気づいていなかった。
今回の室内楽2曲はシューマン晩年の作品。「作品102」は数少ないチェロのための曲。5つの小品の内容に繋がりは無さそうで、東欧風の民謡に基づくシューマンらしい幻想的で抒情的な曲に思えた。
「作品113」の原曲はヴィオラとピアノのための作品。4曲から成り、チェロとピアノの対話が際立って面白かった。ピアノ曲「子供の情景」と同じく子供向きの作品ではなく、大人のための作品。第2曲はチェロのピッチカート奏法が入ったりして躍動感に溢れていた。第3曲でピアノの歯切れのよい音も楽しかった。

マルティヌー(1895-1959)はスメタナ、ドヴォルジャーク、ヤナーチェク以後にチェコが生んだ最大の作曲家。2011年に「すみだトリフォニーホール」でC・アルミンク指揮の新日本フィル定期演奏会を聴いた時の「マルティヌー:交響曲第3番」。この時に初めてマルティヌーの名を知った。2018-19シーズンからチェコ・フィル首席客演指揮者を務めるヤクブ・フルシャ(*エリシュカの教え子)は都響首席客演者在任中にマルティヌーの作品を集中的に取り上げていたことでも知られる。
マルティヌーはフランス滞在中にドイツ・ナチスによって祖国が占拠されてアメリカ亡命を余儀なくされた。彼は民族意識が高まる環境に置かれ、ヒューマニズムを追求する作品にその影響が表れているとされる。大戦後にヨーロッパには移住できたが、故国の土を再び踏むことはなかった。
「チェロ・ソナタ第3番」は現代音楽と古典的な音楽が融合した作品として聴けた。明るい雰囲気も味わえた曲を重厚な演奏で楽しめた。
札響の定期演奏会で是非マルチヌーの交響曲(*「第6番」を所有しているので、たぶん6曲はある)も取り上げてほしいと思った。

聴衆の拍手大喝采に応えてアンコールに2曲も演奏された。①シューマン:「3つのロマンス」 作品94-2  ②コダーイ:「エピグラム」より 第2・3・5・7番。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。