ブーニン優勝の第11回ショパン国際ピアノコンクール(1985)

 1985年に開催された第11回ショパン国際ピアノコンクールの模様がNHKのドキュメンタリーで放送された。
ワルシャワのフィルハーモニーホールで第1次予選、第2次予選、第3次予選の結果がボードに発表される度ごとにテレビ番組制作者のリストに上がったピアニストの表情を追いながら取材がなされた。
 この年は参加者124名のうち日本人参加者26名と国別でも断然多くて日本の存在がクローズアップされた。コンクールの公式ピアノとして、従来のスタインウェイとベーゼンドルファーに加え、ヤマハとカワイが正式に指定された記念すべき年でもあった。
 このコンクールでは最初から私はテレビ中継を逃さずに見ていたが、第1次予選からスタニスラフ・ブーニンの演奏が圧倒的でブーニン旋風が起こっていた。地元ポーランドの20歳のコンクール参加者が古いアップライト・ピアノで練習していることに同情した日本の関係者がグランド・ピアノを貸してあげた話を未だ鮮明に覚えている。(このピアニストは3位に入賞した)。

 このコンクールのファイナリストとして本選に残ったのは6名で、ショパンのピアノ協奏曲第1番か第2番のどちらかを選んで演奏した様子は今でも眼前に浮かぶくらいである。審査の結果は以下の通りであった。
 
 第1位 スタニスラフ・ブーニン (旧ソ連)
 第2位 マルク・ラフォレ  (フランス)
 第3位 クシシュトフ・ヤブウォンスキ (ポーランド)
 第4位 小山実稚恵 (日本)
 第5位 ジャン=マルク・ルイサダ (フランス)
 第6位 タチアナ・ピカイゼン (旧ソ連)

 ブーニンの初来日ではブーニン・シンドロームといわれる現象が起きて熱狂的なファンが続出したが、その後バッシングを受ける事態もあった。彼は祖国に利用されることを嫌って母と共に当時の西ドイツに移住、現在ドイツと日本に居を構えて音楽活動をしている様子である。 
日本に年に数ヶ月滞在することもあって幸い日本で彼のコンサートを聴く機会は多い。

 ブーニンの札幌での初演奏は1986年7月藤学園講堂でのリサイタル。
 
上記入賞者3名は札響との定期演奏会で共演している。
 1986年7月 小山実稚恵(ショパン:ピアノ協奏曲第1番)
 1986年12月 マルク・ラフォレ(ショパン:ピアノ協奏曲第2番)
   *私は1986年に札幌に在住していなかったので聴いていない。
 1988年6月 ジャン=マルク・ルイサダ (曲名は不明、多分ファリャの曲) 
 1993年11月 ジャン=マルク・ルイサダ (ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番)
 
 クシシュトフ・ヤブウォンスキは1989年7月旧札幌市民会館でピアノ・リサイタル(カワイコンサート89)
2009年5月にはショパン没後160年記念としてオール・ショパン・プログラムでKitara大ホールで演奏。

 ルイサダは他に1989年11月に教育文化会館大ホールでピアノ特別演奏会を開いて
ブラームスやシュ―マンの小品とショパンの「アンダンテスピアナートと華麗な大ポロネーズ」を演奏した。
彼は毎年日本で演奏会を開いているが来年久し振りに来札する。 
11月モーツァルトの「ピアノ協奏曲第20番」で札響と共演予定であり、今から楽しみである。

第11回のショパン・コンクール入賞者ほど国際的に活躍しているのは極めて珍しい状況であると常々感じている。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR