時計台ボランティア(4)

 今年度の時計台ボランティア活動は11月で終りで、今日の午後のシフトが今年最後となった。今朝から北海道は暴風雪に見舞われたが午後は何とか天気も回復した。
 
 いつもより来館者は少なかったが、かえって落ち着いて札幌農学校の演武場や時計機械の説明をすることができた。時計台が「演武場」という名称だった理由は説明を聞くとやっと納得してくれます。 札幌時計台の時計はおもりで動いています。週に2度機械室に入って、重りを手動で巻き上げることで動き続けていることを知って皆さんビックリされます。
 
 農学校2期生の新渡戸稲造のノートがきれいな綴りの英語で書かれているのに気が付くお客さんは余りの見事な美しい字体に驚きを隠せません。また、明治時代に農学校で授業が英語で行われていた事など予想もできないようです。

 オーストリアのウイ―ンから来た人に英語での案内を求められ、ホーレス・ケプロンや黒田清隆の写真から説明を始めました。その時に「黒田清隆の次の北海道開拓使長官は西郷隆盛の弟だったのか」と尋ねられ、「いや、それはわかりません」と答えるほかありませんでした。彼は「写真で見てきた」と言うのです。時計台の前に赤レンガ(旧道庁)を訪ねて、歴代の長官名とその写真を見てきたらしい。西郷隆盛がファンなので確認したいようでした。
 
 新渡戸稲造のことは知識がなかったようで詳しく説明してあげました。2階の時計機械のことも関心を持って聞いてくれましたが、とてもユーモアに溢れた感じの良い人でした。
 
 帰宅してから、パソコンで検索して確認してみると、第4代北海道開拓使長官として1ヶ月足らずですが、確かに、その任に西郷従道(つぐみち)の名前がありました。
 
 彼は囲碁のオーストリア代表で日本に11月の初めに来て、来週帰国するとのことでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR