第8回浜松国際ピアノコンクール入賞者

 第8回浜松国際ピアノコンクール(2013年)の入賞者が決まった。

本選は井上道義指揮東京交響楽団との協演でファイナリストがピアノ協奏曲を演奏した。
 
第1位 イリヤ・ラシュコフスキー(男) ロシア (27歳) 聴衆賞  (プロコフィエフ第3番)
第2位 中桐 望        (女) 日本  (25歳)      (ブラームス第1番)
第3位 佐藤 卓史       (男) 日本  (29歳) 室内楽賞 (ショパン第1番)
第4位 アンナ・ツィブラエワ  (女) ロシア (22歳)      (シューマン)
第5位 キム・ジュン      (男) 韓国  (29歳)      (ブラームス第1番)
第6位 内匠 慧        (男) 日本  (20歳)日本人作品最優秀演奏賞(ラフマ二ノフ第2番)

 *セミファイナリストのアシュレイ・フリップ(男)イギリス(23歳) 奨励賞

今回のコンクールから年齢制限が28歳から30歳に変更になった為、応募者の演奏がハイレベルになったそうです。世界各国から288名の応募者があり、92名の若きピアニストたちが出場。

 佐藤卓史さんは高校生3年の時に日本音楽コンクールに優勝し、数々の国際コンクールで実績を重ねて07年シューベルト国際コンクールでは優勝している逸材です。プロとして活動しているので今更とは思いましたが、本人として自分に挑戦するつもりだったのではないでしょうか。ファイナリストに残って上位入賞できたのは良かったと思います。

 24日(土)に結果が発表されましたが、一部メディアの発表だけで終わったようです。著名な国際コンクールでの上位入賞者の発表は恒例となっていると思いますが、国内のコンクールでは主催・後援の関係で必ずしも公表されないのは残念です。

 今回の第1位~第6位の入賞者ガラ・コンサートが昨日の25日(日)は浜松で開かれ、今晩26日(月)は東京文化会館小ホールで行なわれる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR