METライブビューイング2016-17 第10作《R.シュトラウス:ばらの騎士》

216-17シーズン最後のMET作品《ばらの騎士》は見逃すまいと思っていた。ニューヨークのリンカンセンターの前に立ってカメラを回したのが1967年7月でメトロポリタン歌劇場(MET)が移転した年だった。内部には入れなかったが、METライヴビューイングの度に毎回目にするリンカンセンターの光景に50年前を懐かしく思い出して今回は特に感慨一入であった。

タイトルの「ばらの騎士」はウィーンの貴族が婚約の申し込みに際して立てる使者のことで、婚約の印として銀のバラの花を届けることからの呼称。
リヒャルト・シュトラウスのオペラはオーケストラの役割が伴奏にとどまることが多かった19世紀前半のイタリア・オペラでのものと違って、極めて複雑なものになっている。
物語の舞台はハプスブルク王朝時代の末期で第一世界大戦前のウィーン。台本はオーストリアの文豪、ホフマンスタール。R.シュトラウスが書いたオペラはモーツァルト風のオペラで、プロットは「フィガロの結婚」に似ている。新演出。ドイツ語上演。3幕。上映時間:4時間20分(休憩2回)。

【第1幕】ヴェルデンベルク侯爵夫人の寝室。 元帥夫人は夫の留守中に年下の愛人(17歳2ヶ月)であるオクタヴィアン伯爵と逢引きをした。翌朝、従兄のオックス男爵が貴族になったばかりの家の娘ゾフィーと婚約したので薔薇の騎士を務める青年を推薦してほしいと頼みに来た。オクタヴィアンは慌てて小間使いに女装し、男爵と顔を合わす。皆が帰ってから元帥夫人は憂鬱になる。

【第2幕】新興貴族ファーニナルの邸宅。 結納の日に薔薇の騎士が銀のバラを届けに来る。ゾフィは下品な振る舞いを続ける初老の男爵に幻滅し、オクタヴィアンに助けを求める。2人の間に恋が芽生える。オクタヴィアンがゾフィのために剣を抜いて男爵と争いになる騒動が起こる。その後、男爵は小間使いから来た逢引きの手紙を見て機嫌を直す。

【第3幕】娼婦の館。 密会の場所にやってきた男爵は小間使いを口説く。オクタヴィアンが男爵を懲らしめようと策略を用意していた。騒ぎが大きくなって、警官や軍人、ゾフィー、彼女の父や元帥夫人までやって来て、男爵は事の真相がわかる。元帥夫人はオクタヴィアンとゾフィの愛を知り、身を引く決意をして二人を祝福して去る。

元帥夫人役のルネ・フレミングはアメリカが生んだスター歌姫。91年のMETデビュー以来、同歌劇の看板プリマとして君臨。14年「ルサルカ」、15年「メリー・ウィドウ」を観た。膨大なレパートリーを誇り、リリック・ソプラノとして艶のある美しい歌声は衰えていないが、今回で元帥夫人役は最後にするようである。高貴で気品のある役は彼女のはまり役だった。

オクタヴィアン役のエリーナ・ガランチャはラトヴィア出身のメゾ・ソプラノ歌手としてソプラノのネトレプコと並び称される美貌と歌唱力を兼ね備えたスター歌手。14年「マスネ:ウェルテル」、15年「ドニゼッティ:ロベルト・デヴュリュー」で魅力的な歌手として記憶していた。ズボン役も風貌から全然違和感は無いが、オクタヴィアン役は丁度17年2ヶ月にもなる今回でピリオドを打つつもりのようである。

フレミングとガランチャの2大スターの組み合わせは大成功だと思った。オペラのタイトルと2大スター歌手の出演が魅力的で今回は観客が凄く多かった。

ゾフィ役のエリン・モーリーもリリック・ソプラノで高音が得意なようで初々しい個性的な演唱で堂々としていた。オックス男爵役のギュンター・グロイスペックはバスの低音で難しい役をこなすヴェテラン歌手のようであった。マシュ・ボレンザーニがイタリアの名歌手カルーソーのような素晴らしい歌声で登場したが、その後にMETビューィングの案内役を務めた。テノールのアリアを突然はさんでイタリアのオペラを揶揄するような場面となり、シュトラウスのイタリア・オペラに対する偏見のようなものが垣間見えた。

オーケストラは随所でシュトラウスらしい官能的で色彩的な音楽も入ったが、全体的にモーツァルトのような軽妙で透明な音楽で楽しめた。ウィーンナー・ワルツが流れる場面はウィーンの雰囲気が出て心地良く聴ける。指揮のセバスティアン・バイグレの名は知らなかったが、1961年ドイツ出身の指揮者で2000年にMETに登場し、07年にバイロイト音楽祭にデビューを果たしており、オペラ指揮者として名高いようである。今回の指揮ではセリフを伴う曲で歌手に合わせる演奏に気を配る場面が多くて大変なようであった。

アリアは無かったが、自分の想いを独自に歌う三重唱は光った。「ばらの騎士の三重唱」として知られるようで印象的な場面であった。自己所有のオペラ全集に収録されているR.シュトラウスのオペラは「ばらの騎士」(*1971年バーンスタイン指揮ウィー・フィルの録音)と「サロメ」。改めて「ばらの騎士」の注目の高さが分かった。

※オペラを鑑賞したのが昨日、今日の午前中は時計台のボランテイア活動。初めて活動に参加した若い女性と一緒だったが、インドネシアの家族や関西のご婦人グループに感謝され、それぞれカメラに収まって気持ちの良い半日を過ごした。明日・明後日とKitaraのボランティア活動が続く。結構、忙しいスケジュールを作っているが、これも身体が動けるから出来ることで、やり甲斐を感じながら活動を続けている。コンサート鑑賞も月末に4回ある。












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR