札響第599回定期演奏会(ホリガー指揮ラトヴィア放送合唱団)

昨日は午前中にKitaraボランティアの活動があり、午後はレストランで今年度新加入のボランテイアを迎えての交流会がランチ会形式で開催された。60名の人数は最近では一番多いほうで、午前の活動も含めてお互いに和気あいあいの雰囲気の中で短時間ながらもボランテイア同志の交流が進んだ。
その後、直ぐの定期コンサート鑑賞。今回はオーケストラ演奏より、ホリガー指揮とともに世界的に名高いラトヴィア放送合唱団の共演に注目が集まった。
ホリガーは2015年9月第580回札響定期に続く2度目の指揮者としての来演。前回はオーボエ演奏も聴けて大満足であった。公演での聴衆の感動もさることながら前回の札響を評価して今回の公演に繋がったのだろうと推測できて嬉しい。

2017年5月20日(土) 14:00開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

指揮/ ハインツ・ホリガー(Heinz Holliger)
独唱・合唱/ ラトヴィア放送合唱団(Latvian Radio Choir)

〈Program〉
 シューマン:ミサ・サクラ ハ短調 op.147
 マーラー:アダージェット~交響曲第5番より
       夕映えのなかで~無伴奏合唱のための (交響曲第5番よりアダージェット)
       (編曲:ゴットヴァルト、詞:アイフェンドルフ)
 ドビュッシー:海~3つの交響的素描

シューマンの「ミサ」や「レクイエム」は今まで聴いたこともない。ヨーロッパでは当たり前のことでも、宗教音楽などは日本で馴染みでないことは不思議ではない。今演奏会が札響初演。曲は「キリエ」、「グローリア」、「クレド」、「オッフェルトリウム」、「サンクトゥス」「アニュス・デイ」の6章からなう約45分の曲。ソプラノ独唱、テノール、バスの独唱も入った。さすが統制のとれた綺麗な歌声。
合唱団員の構成はソプラノ、アルト、テノール、バス各6名の24名。合唱団の中でソリストを担当できる人材がいることにこの合唱団のレヴェルの高さが表れていると思った。

マーラーの5楽章から成る「交響曲第5番」の第4楽章「アダージェット」は単独でも演奏される機会があって親しまれている。弦楽合奏とハープのみの演奏。抒情と悲しみに満ちた音楽。

このマーラーの名曲がゴッドヴァルトによって合唱曲にアレンジされたものが「夕映えのなかで」という作品。もちろん、今回初めて聴くが無伴奏で歌われると、この合唱団の素晴らしさが良く分かる。10分ほどの合唱曲。マーラーと妻アルマの愛と死を歌った詞に曲をつけたように思われた。演奏終了後にはブラヴォーの声が客席のあちこちから上がった。ブラヴォーの掛け声と万雷の拍手に聴衆の感動の様子がうかがえた。ホリガーも合唱団を北欧の地から呼び寄せて一緒に公演を行ったことが成功して満足そうであった。札響の演奏と合わせてプログラムを組んだのが良かった。
演奏終了後にホリガーが客席からステージに呼び寄せた人物は合唱曲の編曲者だったのではないかと思った。

最後を飾ったドビュッシーの「海」は幅広い音楽を扱えるホリガーのレパートリーの広さを示していた。フランス音楽でも独特な味を伝える印象派のドビュッシーの音楽。ピアノ曲が多い中で彼のオーケストラ作品は少なめである。
3楽章構成の曲。第1楽章「海の上の夜明けから真昼まで」、第2楽章「波の戯れ」、第3楽章「風と海との対話」。19世紀までの管弦楽曲とは違う洗練されたリズムを使って絶妙な雰囲気の曲を書き上げた。色彩感豊かな表現力にうっとりさせられる。最終楽章での風は弦楽器、海は管楽器が奏でていたように想像した。
2004年にラトル指揮ベルリン・フィル札幌公演でこの曲を聴いてから10年以上も経ったが、音楽を聴きながらの想像力は広がっているのを感じる。
初版総譜の表紙に北斎の浮世絵が刷られた話は有名である。先月、訪れた東海道五十三次内の鞠子(丸子)で当時の様子が伝わる店で“とろろ汁”を食べた。百何十年も前から創業している店内に美術作品があって北斎やドビュッシー関連の絵もあったのをこの機会にまた思い出した。

※ラトヴィアは人口200万ぐらいの小国でバルト三国のひとつ。ラトヴィアはヴァイオリンのギドン・クレーメル、指揮者のマリス・ヤンソンス(バイエルン放送響音楽監督)、アンドリス・ネルソンス(ボストン響音楽監督)など世界トップで活躍する音楽家を次々と輩出している。ソプラノ歌手、オポライスのMETでの活躍ぶりは目覚ましい。ラトヴィア合唱団も世界最高の合唱団と言われるほどの高い評価を受けて、21日は武蔵野市民文化会館での公演、25日にはホリガー作曲の作品が上演される東京オペラシティにも出演する。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR