ラトル指揮ベルリン・フィルによる「ブルックナー:交響曲第8番」

先週のデジタル・コンサートホールでヤンソンス指揮による「シべリウス交響曲第1番」、「ウェーバー:クラリネット協奏曲(ソリスト:アンドレアス・オッテンザマー)」「バルトーク:中国の不思議な役人」を聴いた。今週はラトル指揮の「ブルックナー交響曲第8番」。実は一昨日アーカイヴを観て感動したばかりである。

昨日の午後は北海道立近代美術館で開かれている「大原美術館展Ⅱ」を鑑賞。5年前の「大原美術館展Ⅰ」を思い出した。丁度20年前には倉敷に在る「大原美術館」を訪れたことを振り返り懐かし思い出が蘇った。「ルオー:道化師」や「岸田劉生:童女舞姿」は何となく記憶の隅にあった。1920年代を中心に描かれた50作家71点の作品を想像力を巡らしながら1時間ほど鑑賞した。
抽象画はもちろんであるが、具象画も自分なりにイマジネーションを広げながら観ると面白い。

音楽鑑賞も人それぞれで印象が違う。私自身は曲そのものだけでなく、作曲家、演奏家の生涯もコンサート前後に考えてみたりすることがよくある。
サイモン・ラトルとマリス・ヤンソンスがKitaraに来たのが1998年5月。確か20日と25日にそれぞれ初登場。ラトルはバーミンガム市響(ソリストがイダ・ヘンデル)、一方ヤンソンスはピッツバーグ響withミッシャ・マイスキー。当時は迷った末にヤンソンスの方を選んだ。この後、2人がアバドの後釜としてベルリン・フィル音楽監督の有力候補になっていた。ヤンソンスはこの時以来Kitaraには来ていないが、2004年にラトルはベルリン・フィルのシェフとして再びKitaraのステージに上がった。

Simon RattleのCDは2004年来日記念盤として発売されて購入した。ポピュラーな曲が11曲ほど収録されていて、何回も聴くほどではない。KRYSTIAN ZIMERMAN, LANG LANGとの共演でBERLINER PHILHARMONIKERとそれぞれ2005年と2013年にEUで制作された2枚のCD「ブラームス:ピアノ協奏曲第1番」、「プロコフィエフ:ピアノ協奏曲第3番、バルトーク:ピアノ協奏曲第2番」の海外版は度々聴いている。
ラトルとヤンソンスの指揮の様子はNHKなどの放映で目にしても、ベルリン・フィルハーモニーでの指揮姿は珍しい。2週続けて彼らの姿を観てブログに書いておくことにした。

さて、ラトルは現在は余りポピュラーな曲は定期演奏会では指揮していないように思われる。ベルリン・フィルでは既にブルックナーの「第7番」と「第9番」は演奏済みだという。
私自身、ブルックナーは苦手の方だったが演奏会で耳にすると、それなりに親近感を覚えてきた。「第4番 ロマンティック」だけは聴きやすいと思っていたが、「第6番」は数年前の札響定期で聴いて面白いと思った。CDだけで1回耳にした程度では曲の良さが分からないのだろう。

「第8番」は十数年前にフルトヴェングラー指揮ベルリン・フィルのCD(*1949年ライヴ録音)で1度は聴いていた。おととい聴いた80分強の曲は印象が強烈であった。特に第4楽章の壮大なオーケストラの総奏に魅せられた。フルートやオーボエ、クラリネット、ホルンなど馴染みの奏者の顔が分かることもあって演奏に夢中になった。珍しく、再び今日も聴いてみたくなった。

死を連想させる不気味な響きで始まる第1楽章はやがて様々な楽器の音がぶつかり合って諦めの気分が漂う。第2楽章はロマン的な軽やかな場面を想像させるスケルツォ。第3楽章は荘重でゆったりとしたアダージョ。弦楽合奏、木管合奏が入り、ホルンのみの旋律やチェロの壮麗な主題もあって聴きごたえ十分。4本のテューバの重々しい響きも聞こえた。
第4楽章が何と言っても壮大であった。トランペットのファンファーレは王の登場の合図だろうか。金管楽器は軍楽隊の音楽のようで勇ましかった。ホルン8本、ハープ3台の楽器編成など音楽の壮大さが伝わる。オーケストラのトッティを聴いていると心が浮き立つ。普段は比較的落ち着いた指揮ぶりのラトルもかなり力が入っていた。曲は圧倒的なフィナーレで閉じられた。(曲の終了後、余韻を味わってから盛大な拍手が沸き起こったことに聴衆のレヴェルの高さを感じた。)

※この大編成の曲の演奏機会が少ないのは当然だろうと思った。素晴らしい演奏を耳にできて良かった。また、別な機会にデジタル・コンサートホールのアーカイヴで聴いてみようと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR