デビュー5周年記念 牛田智大ピアノリサイタル

前回聴いた牛田智大のリサイタルがデビュー翌年の13年1月。14年6月にはヴラダー指揮ウィ-ン室内管と共演してショパンのピアノ協奏曲第2番を演奏。17年2月の札響名曲シリーズでは高関指揮による同じコンチェルトを弾いた。今回が札幌での2度目のリサイタル。モスクワ音楽院ジュニア・カレッジ在籍中の17歳がKitaraのステージに登場したのも4回目となった。

2017年5月13日(土) 1:30PM開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

〈Program〉
 リスト:愛の夢 第3番
 ショパン:ノクターン第13番 ハ短調、 幻想即興曲 嬰ハ短調
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調「月光」
 J.S.バッハ(ブゾーニ編):シャコンヌ ニ短調
 シューマン(リスト編):「献呈(君に捧ぐ)」
 リスト:ラ・カンパネラ、  ピアノ・ソナタ ロ短調

原曲の歌曲がピアノ用に編曲され、人々に最も親しまれているロマンティックなメロディで始まったコンサート。続いての、ショパンの「ノクターン第13番」は格調が高くスケールの大きい男声的な曲。曲名は直ぐ頭に浮かばなくても馴染みのメロディ。ショパンが書いた4つの即興曲の中で最初の「第4番」は甘美で感傷的な旋律で「幻想」のタイトルが付いた有名な曲。

ベートーヴェンのピアノ・ソナタ「月光」は幻想的な雰囲気を持つ叙情あふれるロマンティックな第1楽章が特に印象的。第2楽章に舞曲調の曲想が入り、情熱的な第3楽章で比較的短いソナタが閉じられる。

前半の最後の曲「シャコンヌ」はバッハの〈無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番の最終楽章〉が原曲。近年、ピアノ用に編曲されたブゾーニの作品を聴く機会が多い。15分ほどの壮麗で雄大な調べが超絶技巧の力強い演奏で紡がれた。1階10番ど真ん中の座席から左手と右手が交差するピアニストの運指が良く見えた。牛田の腕の見せ所を充分に味わえた。
3階の客席を除いた1600席ほどの客席が大部分埋まったが、ショパン2曲続けての演奏の間や、ソナタの楽章間の拍手も起らずにピアニストが演奏しやすい環境を作っていたのには聴衆の配慮が感じられた。今回の演奏曲「シャコンヌ」には牛田の意気込みが籠っていて、演奏終了後に歓声が沸き起こった。

リスト編曲作品の中でも演奏される機会の多い「献呈」。シューマンがクララに献呈した歌曲集「ミルテの花」からの編曲。彼らの結婚を祝ってリストが贈ったピアノ曲。余りにも華麗で華やかな曲にクララが怒ったエピソードが伝わっている。

20歳の時にパガニーニの演奏を聴いて、“ピアノのパガニーニ”を目指したと言われるリスト。ピアノ用に編曲された〈パガニーニの主題による6つの大練習曲〉の第3曲「ラ・カンパネラ」。鐘の鳴り響く音の美しいメロディ。超絶技巧を要する曲として最も有名で親しまれている。

リスト唯一のピアノ・ソナタ。難曲ぞろいのリストのピアノ曲中で難曲中の難曲と言われる曲。リヒテルとアルゲリッチのCDで聴いてはいたが、2009年のケマル・ゲキチによるKitara小ホールでの演奏で強烈な印象を受けた。(*彼は14年にも札幌公演を行った)。10年ほど前の「音楽の友」誌で日本の現役ピアニストのアンケートの集計によると「ベートーヴェンのソナタ第32番」と「リストのロ短調」が最も演奏したい曲となっていたと思う。
ゲキチの圧巻の生演奏の様子は今でも眼前に浮かぶ。昨年は6月にアレクサンデル・ガジェヴ、10月にアリス=紗良・オットの「ロ短調」を聴いたばかりで、最近はこの曲を耳にする機会が多くなって鑑賞力も高まってきた感じがしている。人間の体と感覚と魂がピアノを通して表現する力を追求した音楽で何をくみ取るかは難しい。

演奏を始める前に牛田はマイクを取って、鑑賞の一助として「ファウストの4つのテーマ」を紹介した。初めて聞く有益な話で参考にして曲を鑑賞できた。①悪魔メフィストのテーマ、②ファウストのテーマ、③神のテーマ、④ファウストの恋のテーマ。リストの「メフィストワルツ第1番」も度々聴くので、同じテーマが入っていて意外に思った。今まで共通性に気づいていなかった。ゲーテの「ファウスト」はオペラでも取り上げられているが、文学と音楽の関係の広がりを実感した。
今まで漠然として聴き方をしていても、曲の持つ素晴らしさが何となく味わえたが、今回はピアニストの説明で非常に親しみが持てるリズムに一層心が躍った。
30分ほどの単一楽章が聴衆の集中力を持続させ、感動を呼び起こした演奏となった。
デビュー5年でこんな難曲に挑める能力を持つピアニストに驚きを禁じ得ない。

拍手大喝采に応えたアンコールは2曲。①ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲、②プーランク:エディット・ピアフを讃えて。

帰りにホワイエでKitaraボランティアとして10年にわたって親しくさせていただいた友人2人と久しぶりで出会った。レストランでお茶会をして時間の経つのも忘れて交流を楽しんだ。



 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR