池辺晋一郎と上杉春雄

 池辺晋一郎がしゃれたトークを交えながら音楽談義をしながら、
ピアニストの上杉春雄が格調高い演奏を繰り広げる。

 池辺と上杉がペアを組んで、池辺が作曲家の楽譜を分析しながら、
上杉がピアノで語り始める。時には二人で連弾したり、2台のピアノで演奏する。

 前回はゲストにソプラノの中丸三千絵を迎えて
前2回とは少し違った角度から音楽の深さに切り込んだ。

 今回はヴィオラの藤原真理、メゾ・ソプラノの波多野睦美
を迎えピアノのほかにポジティフ・オルガンも使ってバッハの曲だけを演奏した。

 東日本大震災の傷が癒えぬ中で「バッハの祈りと希望」は人々の心に刻むに相応しい曲だ。
毎年いろいろな作曲家に視点を当てているが、2年後のテーマは何になるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR