天満敦子ソロ・ヴァイオリン・コンサート2017

昨年に続く珠玉の名曲を集めての天満敦子の無伴奏によるヴァイオリンのコンサート。ソリストとしてジャンルの枠にとらわれない演奏活動を続けている。
1992年のルーマニア訪問から話題を集め、「望郷のバラード」で一気にブレイク。彼女のコンサート・プログラム最後を飾る曲として長年続いた彼女の代名詞とも称された曲。近年は「ジュピター」で終わるプログラム編成。今回のプログラムの特徴は作曲家・和田薫が天満敦子に献呈した曲の演奏。

2017年4月2日(日) 1:30PM開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

〈プログラム〉
 J.S.バッハ:アダージョ(無伴奏ソナタ第1番より)、G線上のアリア
 フォーレ:夢のあとに、 シチリアーナ
 マスネ:タイスの瞑想曲
 ドヴォルザーク:ユーモレスク
 和田 薫:独奏ヴァイオリンのための譚歌より
        「琥珀」、「紅蓮」、「漆黒」、「萌黄」
 熊本県民謡:五木の子守唄、    山本正美:ねむの木の子守歌
 弘田龍太郎:叱られて、       菅野よう子:花は咲く
 ポルムべスク:望郷のバラ―ド
 ホルスト:ジュピター

コンサート前半の外国の作品6曲はクラシック音楽の名曲として親しまれているが、すべて無伴奏で暗譜による演奏。「ユーモレスク」は気恥ずかしくて演奏をためらっていたが、この曲を演奏した時に彼女の父が“やっと演奏してくれた”と語ったという曲。父への思いも込めての演奏だったようである。6曲の演奏終了後に2007年~10年に亘って和田薫から献呈された《独奏ヴァイオリンのための全5曲》より4曲が演奏された。天満の無伴奏のヴァイオリン演奏に感銘を受けた作曲家が書き上げた作品。
多彩な音色と技巧に彩られ、東洋的な詩情あふれる作品になっている。各曲に日本独自の色彩名が付いている。

後半のプログラム前半4曲は馴染みの曲。プログラム・ノートで初めて知り得たことが多々あった。「五木の子守唄」は赤ちゃんをあやすための子守唄ではなく、子守り奉公に出された娘の気持ちを歌った唄だそうである。
「ねむの木の子守歌」は皇后陛下美智子様が聖心女学院高等科在学中に作られた詩に、指揮者・作曲家だった故山本直純夫人の山本正美が清純な詩に感動して作曲して、1965年の秋篠宮様のご誕生を祝って皇后さまに献上したという話は初耳であった。
「叱られて」は久しぶりに耳にする懐かしいメロディ。郷愁を誘うメロディを持つ童謡を懐かしく思い出した。
「花は咲く」は東日本大震災の被害からの復興を応援するNHKによる支援プロジェクトのテーマソングとして広く知られている。

「望郷のバラード」はルーマニアの作曲家が祖国の独立運動に関わって投獄され、獄中で故郷を偲びつつ書いた作品。29歳の若さでこの世を去ったポルムべスクにスポットライトを当てることになった天満のヴァイオリン。心を揺さぶる旋律が、手にして30年目を迎えるストラディヴァリウスから紡がれ続ける。

ホルストが書いた《組曲「惑星」》の第4曲「木星」が最も親しまれている曲。この曲の第4主題に歌詞をつけた「ジュピター」は英国の愛国的賛歌として広く歌われているという。札幌の国際音楽祭PMFでは「ジュピター」(田中カレン編曲、井上頌一作詞)をPMF賛歌として聴衆全員が斉唱するのが恒例で人々に親しまれている。

2011年以降、天満は“日本のうた”を演奏曲目に入れ始めたようである。飾り気のない語り口と人々の心に染み入る演奏で人気を高めて、来年の札幌公演(4月8日)の予告もしていた。
1000人ほどの聴衆を集めたコンサートは盛会であった。彼女は“Kitaraで演奏会を開けて嬉しい”と今年も語った。アンコール曲は続けて2曲。①中田喜直:雪の降る街を ②岡野貞一:故郷(ふるさと)。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR