ヨーヨー・マのドキュメンタリー映画“The Music of Strangers”

カザルス、フルニエ、ロストロポーヴィチの後を継ぐチェロ界の巨匠Yo-Yo・Maも還暦を越えた。映画の日本語タイトルは「ヨーヨー・マと旅するシルクロード」。20年ほど前に旅したシールクロードに想いを馳せて映画館に足を運んだ。
Yo-Yo・Maはパリ生まれの中国系アメリカ人。文字通りに広大なシルクロードを旅する音楽の旅かと想像していたら、そんな単純な音楽の旅ではなく、英語の原題“The Music of Strangers”(見知らぬ人々の音楽)に相応しい映画だった。チェロという楽器だけでなく、世界の様々な伝統的な楽器の奏者と出会って、彼らと共に新しい音楽を創り出していく物語。いろいろな文化的背景を持った人々が一緒に音楽を通して繋がっていく様は感動的である。

ヨーヨー・マは6歳でデビューし、1962年にニューヨークに移住してジュリアード音楽院入学。63年にバーンスタイン指揮のテレビ番組に出演。その後、アイザック・スターンとカーネギーホールで共演して天才少年として注目を浴びた。21歳でハーバード大学大学院卒業後はヨーロッパにも活動を広げ、ベルリン・フィル、ウィ-ン・フィルなど世界の一流オーケストラと共演。室内楽活動も積極的に行った。81年に初来日して以降、90年代は毎年のように来日していた様子。札幌では2回ほど公演を行っているがチケットの入手が困難な人気の演奏家。残念ながら一度も彼の生演奏は聴いたことがない。

映画にはバーンスタインやスターンの映像が出てきて懐かしかった。マのソロ活動の映像はほとんどなく、彼が2000年にタングルウッドで始めた音楽祭「シルクロード・プロジェクト」に視点が置かれる。中国からシリアまでの幅広い地域を含む東西の音楽交流
の姿が描かれた。中国の琵琶「ピバ」、シリアの楽器「ケマンチェ」、ヨーロッパの「バグパイプ」、日本の「「尺八」などによる東西の音楽と現代の音楽との融合がそれそれの国々に住む人々の生活とともに描かれる。

2001年に起こった“9・11”という困難を乗り越えて「シルクロード・プロジェクト」が続いている。ヨーヨー・マの20年に亘る新しい音楽創りとプロジェクトに参加するメンバーのそれぞれの生活が世界共通の音楽という言語を通して生き生きと描かれる様が心に響いた。クラシック演奏家の枠にとどまらない幅広い人間愛に溢れたドキュメンタリー。音楽を通して世界が繋がる尊さが伝わる映画だった。世界平和のために一人の音楽家として活動している自然な姿にヨーヨー・マの人間としての偉大さも感じた。

何十年も飛行機で世界中を演奏旅行で飛び回って忙しくしていたので、息子さんは父親が空港に勤めていると思っていたと笑いながら語っていた。映画の中で「バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番」、「サン=サーンス:白鳥」の曲も流れたがヨーヨー・マの演奏をライヴで一度は聴いてみたい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR