METライブビューイング2016-17 第5作 グノー《ロメオとジュリエット》

MET2011-12シーズンで上演された《ファウスト》(カウフマン主演)に次ぐグノー作品。前回は文豪ゲーテの作品のオペラ化。シェクスピア没後400年のシーズン中の本作のMET上演はタイムリーな企画だろう。原作は文学作品としてだけでなく演劇、映画などを通してストーリーを知らない人がいないくらい有名である。“Romeo and Juliet”はコンサートではチャイコフスキーの「幻想序曲」、プロコフィエフの「バレエ音楽」で聴くこともある。オペラ作品として観るのは初めてでないかと思う。メトロポリタン歌劇場(MET)では11年ぶりの新制作上演という。
最高の人気と実力を兼ね備えたディアナ・ダムラウとヴィットリオ・グリゴーロという二人の花形歌手の主演とあって観ることにした。グリゴーロは2年前の《ホフマン物語》で魅力的な演唱を披露した。ダムラウの演唱を聴くのは今回が初めてであった。

バートレット・シャーの新演出による初演は2008年にザルツブルク音楽祭で行われ、スカラ座でも上演済み。日本の劇場と違ってヨーロッパの歌劇場やMETは舞台の奥行きがある。バルコニーを含む三層構造の建物を囲む中庭を中心にした舞台装置で小道具を効果的に使用していた。舞台転換を大々的に行わずに全5幕の出し物を休憩1回を挟んで前後半の2幕ものにした。結果的に歌手たちを中心にしたドラマが展開された印象が強く浮き出た。
18世紀、イタリア・ヴェローナの舞台設定。フランス語上演。

大物二人の共演が何といっても素晴らしかった。最初から最後まで情熱的な演唱。ティーンエイジャーとしての役柄に不自然さを感じさせない堂々たる舞台。若さ溢れるロマンティックな場面から、意志を強く持ち愛を貫く若者の姿を二人ともに見事に演じきった。アリアをはじめ愛の二重唱などでの息のあった歌唱は圧倒的でドラマに迫真性があった。3時間近い上演で声量も衰えない熱演、熱唱の舞台に感動した。

グリゴーロは前回も良かったが今回の方が気に入った。ダムラウはインタヴューで「“椿姫のヴィオレッタ”より“ジュリエット”が好き」と答えて今回の初演を楽しんでいる様子だった。

指揮を行ったノセダは1964年生のイタリアの指揮者。97年マリインスキー劇場管首席客演指揮者、02年英国マンチェスターのBBCフィル首席指揮者、07年トリノ王立劇場音楽監督にも就任。MET、スカラ座、ロイヤル・オペラなど欧米の大劇場でも活躍し、世界のメジャー・オーケストラへの客演も多い世界的な指揮者。N響への出演もあり、テレビ中継でも見たことのある馴染みの顔を久しぶりに見た。

プロローグが管弦楽による激しい嵐を思わせる序奏で始まり、キャプレット家とモンターギュー家の憎しみを連想させた。合唱が悲劇のあらましを説明したのも興味深かった。オーケストラは毎回そうだが、ノセダが歌手たちを引き立てる役目に徹していた。オペラのフィナーレが原作と違っていた。最後に二人で会話をしながら、“神様、私たちをお許しください”と言って一緒に息絶えたシーンはとても印象的な場面となった。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR