Kitaraランチタイムコンサート 《モーツァルトはお好き?》

1月27日はモーツァルトの誕生日。彼の261回目の誕生日にあたる。【モーツァルトはお好き?】のコンサートを聴くのは2014年、16年に続いて3度目。札幌音楽協議会メンバーによるオール・モーツァルト・プログラム。

2017年1月27日(金) 13:00開演  札幌コンサートホールKitara小ホール

指揮/ 阿部博光     ソプラノ/ 土谷 香織、 矢野 愛実
管弦楽/ 札幌音楽協議会室内オーケストラ    お話/ 八木 幸三

〈プログラム〉
 歌劇《フィガロの結婚》より
     「序曲」、「やっと待ってた時が来た」、「さあ早く来て、愛しい人よ」
 歌劇《コジ・ファン・トゥッテ》より
     二重唱「ねえ、見てよほら」、 「岩のように動かずに」
 交響曲 第39番 変ホ長調 K.543

札幌の音楽界で作曲家・音楽評論家として八面六臂の活躍を見せる八木幸三氏が進行役を務めて楽しい雰囲気のうちに進められるコンサートもすっかりお馴染みになった。
色鮮やかなドレスに身を包んだ女性演奏陣の姿を初めて目にする観客から一瞬どよめきが起こった。ステージでオーケストラ・メンバー大勢の華やかな衣装を見る機会など稀である。

今回のプログラムの特徴はオペラ。演奏会のアンコール曲としても聴くことも多い《フィガロの結婚》序曲で幕開け。喜歌劇の陽気で浮き立つ雰囲気が醸し出された。
オペラの第4幕の山場で歌われるスザンナの歌が2曲。ソプラノは矢野愛実。初々しい姿で登場して、透明感のある歌声でレチタティーボ「やっと待ってた時が来た」とアリア「さあ早く来て、愛しい人よ」を熱唱した。まだ舞台慣れしていない新人のようであったが、場を踏んでの成長を期待したい。

《コジ・ファン・トゥッテ(女はみんなこうしたもの)》も《フィガロの結婚》と同じように他愛もないストーリーだが、どの時代にも当てはまる人間の恋愛模様を描いたオペラ。モーツァルトのオペラ作品でも人気が高く上演機会も多い。女は貞淑なわけがないと主張する老哲学者が、互いの恋人の気持ちを試そうと、二人の男たちに別人のふりをさせるオペラ・ブッファ。内容はつまらないがオペラ中の音楽が聴きものではある。
歌劇の第1幕で歌う土谷香織の歌声は艶やかで声量があり、堂々とした二重唱となった。華やかなコロラトゥーラは素晴らしかった。アリア「岩のように動かずに」もコロラトゥーラを駆使して魅力ある歌声となってホールに響いた。土谷の名は聞いたことがあるので経験豊富で実力のあるソプラノ歌手だと思った。

「交響曲第39番」はモーツァルトの晩年に書かれた後期三大交響曲の一つ。明るくてロマンティックな雰囲気の曲。この曲の楽器編成ではオーボエが使われていなく、木管ではクラリネット2本の音色を際立たせているようである。
緩やかなアダージョの序奏後は明るい旋律がアレグロで駆け抜ける。第2楽章はアンダンテ、第3楽章がメヌエット。第4楽章は躍動感のあるフィナーレ。

1時間のコンサートがアッという間に過ぎた。1週間ほど前に今まで罹ったことのないインフルエンザで病院に通った。幸い軽くて高熱が出ないうちに治ったが、その間、書斎に床をとって睡眠時間も多くして体を休めた。通院を除いて家に籠りっきりで体も何となくだるくて体調が良くなかった。昨夜は早寝して今日のコンサートに備えた。今日も音楽が体調を戻してくれたようであった。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR