第16回「札響くらぶサロン」~クリスマスのミニコンサート(トランぺット)

年4回開催の“Taketsu Memorial Salon”が前回9月の会場、明治天皇ゆかりの「豊平館」で開催された。会員以外にも知人や家族も参加できるサロンである。今回は開催時期が12月でクリスマス・ミニコンサートがメインのプログラムで子供たちを連れた家族ずれも含めて77名の参加で大盛況であった。

開催日:2016年12月18日(日曜日) 時間:午後6時  場所:札幌市「豊平館」広間

[サロン第1部] 【クリスマスのミニコンサート】
 トランペット/ 前川和弘(札響トランペット奏者)、 ピアノ/三春菜奈
  〈プログラム〉
   バッハ:主よ人の望みの喜びよ、 ネルーダ:コンチェルトEb、 
   ショパン:ノクターンOp.9-2(ピアノ独奏)、クラーク編曲:ヴェニスの謝肉祭
    映画音楽より「ムーン・リヴァー」、「ゴッドファーザーⅠ・Ⅱ」 

各曲の演奏前にトークを入れながらプログラムが進められた。ヴェテランならではの余裕のある解説。空気が乾燥していてトークと息継ぎの難しい楽器の演奏は大変なようであった。
   
プログラムの最後に用意された2曲は客も参加。前川さんから全員に配られた様々な大きさの鈴を振りながら「サンタが街にやってくる」の演奏が楽しい雰囲気を作り出した。一番最後は「きよしこの夜」。トランペット、ピアノ、斉唱と分担して締めくくられた。アンコール曲は「カッチーニ・アヴェ・マリア」。1時間のミニコンサートでの熱演に“ブラヴォー”の声と盛大な拍手が送られた。

前川和弘さんは1978年札響入団。入団以来、15・20・25・30・35周年と5年おきにリサイタルを開催。2008年にCDをリリースし、2011年から東日本大震災チャリティーコンサートを毎年継続中。現在、札幌大谷大学講師なども務める。
いつもステージ上の演奏姿は見ているが、直ぐ近くでトランペットから奏でられる音を聴いていると顔の表情や喉の渇きも手に取るように分かり得難い体験をした。当日の会場は気温が上がってピッチの調整も大変で、金管楽器奏者の苦労が一段とよく解った。

[サロン第2部]【楽譜贈呈式】
 札響くらぶ上田会長から札響永井専務理事へ。
  札響くらぶは活動の一環として2006年から毎年年間50万円の楽譜支援活動を続けている。会員の年会費3000円のうち500円が楽譜支援となる。会員の中には多額の支援を行ってる人もいるようで、私もわずかながらプラス500円で毎年千円の支援を続けている。
創立55年を迎えた札響も演奏回数の多い曲は過去の指揮者の指導による書き込みが重なると継続して何十年もの使用が困難になる(*鉛筆使用で消せるようにはなっていても楽譜が経年劣化で使用に耐えなくなるものが増えてくる。)初演の時には楽譜を揃える必要もある。素晴らしい演奏をしてもらうためには演奏家への支援は望ましい。

[サロン第3部] 【クリスマスパーティ】
 ワインとビール、オードブルをいただきながら、楽団員さんを交えてのパーティ。前川さんと三春さんが同じテーブルで話す機会があって良かった。たまたま前川さんからモーリス・アンドレの名が出た。金管楽器の歴史を変えた偉大なトランペット奏者は2002年にKitaraに登場していたのである。ナカリャコフの名も出して金管楽器演奏の難しさなど私の知っている表面的な知識を話したら同意してくれたので嬉しくもあった。
パーティを盛り上げる運営委員のプログラムも始まった。曲のイントロを聴いて曲名を答えるクイズ。テーブルごとの争い。最初のうちはほんの数音だけのイントロでプロ並みの実力が必要なクイズ。私の隣に座ったKitaraボランティアの友人が殆どの曲を当てる確率の高さに驚いた。彼は第1回の札響定期を聴いて50年もLPで音楽を聴き続けているクラシック・ファンだが、私とは音楽愛好の知識のレヴェルが違う。彼の豊富な知識には感服していたが、音楽の詳しさのレヴェルの違いを改めて知った。曲名だけでなく、第2・3楽章のイントロ、曲の調性まで知っているのだから恐れ入った。
10数曲のうち、午後の及川のリサイタルで聴いた「愛の夢第3番」、「亡き王女のためのパヴァーヌ」、や「愛の喜び」も出てきて、演奏会をまるで振り返っているような気がした。

12月恒例のビンゴゲームもあって和やかに交流会が閉じられた。テーブルの上の後片付けをして帰宅の用意をした。コートも着て帽子もかぶって帰り支度も整ったが、椅子やテーブルの片付けをしている役員の人々を手伝わないではいられない気持ちにかられた。会長をはじめ楽団員の人も仕事をしている状況で一応の目途がついて場を離れた。地下鉄の駅に向かう途中で札響くらぶ創立メンバーと交流ができたり、副会長さんと電車の中で親しい会話が弾んだりして心も軽くなって家路についた。


  
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR