及川浩治ピアノ・リサイタル2016

98年以来、日本のピアニストの中で及川浩治のコンサートを聴く機会は多い方である。今回は2年ぶり15回目となる。

2016年12月18日(日) 1:30pm開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

〈ロマンティック・ヴィルトゥオーゾプログラム〉
 デビュー21年目のスペシャル・プログラムとして人々に親しまれている曲ばかりを並べての名曲コンサート。

 J.S.バッハ(ブゾーニ編):シャコンヌ ニ短調 BWV1004より
 ショパン:ラルゲット(ピアノ協奏曲第2番op.21より第2楽章)
       練習曲《別れの曲》 ホ長調 op.10-3
 リスト(ブゾーニ編):ラ・カンパネラ 嬰ト短調
 リスト:愛の夢第3番 変イ長調、 メフィストワルツ第1番
 ドビュッシー:月の光、 アルぺジョのための練習曲
 ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ、 ラ・ヴァルス
 ラフマニノフ:前奏曲《鐘》 op.3-2、 ヴォカリーズ(コチシュ編)op.34-4
 クライスラー(ラフマニノフ編):愛の喜び
 ラフマニノフ:練習曲《音の絵》 ニ長調 op.39-9

昨年デビュー20周年を迎えた及川浩治は彼の音楽の原点であるブルガリア・ソフィアを訪れ、かの地で20数年ぶりにコンサートを開催したという。新たな出発の年にふさわしい若さと夢とロマンに溢れた作品でプログラムを構成したようである。
前半6曲、後半8曲。

第1曲目の「シャコンヌ」のブゾーニ編曲によるピアノ曲はこの数年リサイタルで聴く機会が非常に多い。バッハの無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第2番の最終楽章はいつ聴いても感動する。今回のピアノ編曲での演奏は今までに無いほどの強烈な印象を受けた。強い打鍵を用いての深い感情移入が新鮮な曲となった感じがした。編曲の範囲を超えたブゾーニ(1866-1924)のピアノ音楽の素晴らしさを味わった。

ショパンの2曲は及川のCDでもよく耳にした。15年前の2001年、及川はブルガリアのゲオルギエヴァ(Vn)とデュエットを組んで国内ツアーを行った。妻と一緒に出掛けた札幌公演で私はゲオルギエヴァ、妻は及川のCDを買った。どちらも小品集であった。及川のCDに収録されていた「ラルゲット」はその当時から珍しいと思っていた。ショパンのピアノ協奏曲で第1番と第2番は各12名のピアニストのCDを所有しているが勿論すべて全楽章の演奏盤。及川にとって「ラルゲット」は特に思い入れのある楽章なのだろう。
「ラルゲット」は当時ショパンが恋心を抱いていた女性への想いを表現した楽章と言われる。美しい旋律の中に織り込まれる情感と合い通じるものがあるのかも知れないなどと勝手に推し量ってみた。

「ラ・カンパネラ」は最も親しまれている曲の一つで、超絶技巧による演奏も魅力であるが、ブゾーニがここでも自身のヴィルトオーゾぶりを存分に発揮している。原曲が歌曲の「愛の夢 第3番」は改めて言及するまでもないピアノ独奏版の名曲で美しい調べが心に染み入る。
上記の2曲に比べてポピュラーではないが「メフィストワルツ第1番」はリストならではの作品。管弦楽曲がピアノ独奏用に編曲された。十数年前からアルゲリッチのCDで聴くようになった。リストの曲の中でも難易度が高い曲と言われ、演奏の様子を観ていると超絶技巧ぶりが良く分かる。
演奏終了後に迫真の演奏に対して一斉にため息交じりの歓声が沸き起こった。及川浩治は演奏中の“間”の取り方が巧みで、自身の集中力をコントロールすると同時に聴衆の心も掴んでいる感じがする。連続してほかの曲に入る場合に余計な拍手が入らなくて済むのは聴く者の集中度も高まって非常に良かった。

比較的ピアノタッチの力強い演奏が目立った前半とは対照的に後半のスタートは柔らかな繊細なタッチのドビュッシーの曲。2曲目のタイトルが余り馴染みではないと一瞬思ったが、〈12の練習曲集〉の1曲でドビュッシーならではの音の世界に引き込まれた。

ピアノ曲として演奏機会の多い「亡き王女のためのパヴァーヌ」はラヴェル自身が管弦楽曲にも編曲している。ラヴェルが20代の頃に書いたピアノ曲。パヴァーヌはヨーロッパの宮廷で流行った舞踊。この曲は様々な楽器編成のためにも編曲されている。

ワルツという意味の「ラ・ヴァルス」は管弦楽曲として演奏されることが多い。ラヴェル自身がピアノ曲に編曲しているが、ピアノリサイタルで聴くのは珍しい。目まぐるしく華麗に変化するラヴェルの世界が独奏ピアノで見事に繰り広げられる演奏はまさに圧巻であった。
後半の静かな3曲とは打って変わった曲の展開に聴衆もすっかり魅了された。

最後の4曲はラフマニノフがメイン。ラフマニノフは“鐘”を様々な楽曲に用いている。このピアノ曲の冒頭の楽想はクレムリン宮殿の鐘にインスピレーションを得たといわれる。詩情あふれる曲だが、この曲はリストの「鐘」のようにはポピュラーな曲ではない。

“ヴォカリーズ”とは歌詞の無い歌曲全般を指すが、現在では『ヴォカリーズといえばラフマニノフ』と言われるほど親しまれている。
原曲はソプラノまたはテノールのための【14の歌曲集】の終曲。ピアノ独奏曲だけでなく多くの編曲版がある。
編曲者のゾルタン・コチシュ(1952-2016)はアンドラーシュ・シフ、デジュ・ラーンキとともに“ハンガリーの三羽烏”のピアニストとして名を成した。83年にイヴァン・フィッシャーとともにブタペスト祝祭管を創設、指揮者として今年10月予定の来日が病気で中止となり先月死去。コチシュ演奏のドビュッシーのCDを持っていて親しみのあるピアニストだった。作曲家としての活動は知らなかったので、今日の編曲版を聴いて一層感慨の想いに浸った。

クライスラーの「愛の喜び」はヴァイオリン曲として最も演奏される機会の多い名曲。ピアノ曲としては聴くのは初めてである。ラフマニノフがピアノ曲に編曲したとは全然知らなかった。二人はマネージャーが同じ間柄で親しかったそうである。
この曲は即興的に編曲されたらしい。有名な旋律が何度も繰り返し変奏されて原曲の2倍ほどの長さになっている。意外性のある選曲で面白かった。

《音の絵》はラフマニノフのロシア時代の最後の作品。演奏技術と表現力習得のための練習曲集が2集全17曲。17曲中のうち数曲は外山啓介や小山実稚恵のCDに入っていたが、5年前に小山の[音の旅]の演奏会の折に全曲入りのCDを買い求めた。タイトルから想像する抒情的な旋律が出てくる曲ではないので簡単に素人が親しめない。何回か演奏会やCDで聴いているが深く印象に残っていない。
作品39-9は練習曲集の終曲。華やかで交響的な曲の感じで、コンサートの最後を飾るにふさわしい壮大な演奏となった。
いつものリサイタルより曲数が多くて焦点が定まらないかと思ったが、経験豊富なピアニストだけにプログラミングは充分に説得力のあるものになっていた。

アンコール曲は「プーランク:エディットピアフへのオマージュ」。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR