平成28年度時計台案内活動反省会と親睦ランチ会

今年度5月1日~11月30日まで7ヶ月間に亘って行われた時計台案内活動の反省会が国際プラザの会議室で行われた。時計台ボランティア活動が始まって8年が経つ。反省会に参加するのは数年ぶりである。昨年は体調を崩して活動日数が減ったが、今年は月4回平均のペースで活動した。
昨年に続いて今年も1日午前・午後の2回の活動の充足率が100%だったと知り、改めてシフト担当のボランティアのご苦労に感謝した。すべてのボランティア活動は無償である。今年度の時計台定点案内活動の登録者は116名。実際の活動人数は63名(男30、女33)。活動期間中の来館者の概数は11万人。(*年間の時計台入館者数は約20万人)。ボランティア対応人数は日本人2万人、外国人5千人。海外からの来館者は約60ヶ国。外国人対応の言語は英語、中国語、韓国語。中国人の来館者が一番多いが、以前に比して英語対応が断然多い。来館者の反応は例年通り、好印象が続く。時計台と札幌の街に対する好感度は高い。喜んでくれる来館者に接すると来年度への活動意欲も湧き上がってしまう。

反省会の出席者約30名のうち、半数がグランドホテルでの親睦ランチ会に参加した。女性の参加者が1名のみで寂しかったが同年代の参加者以外に、今年度の新規登録者11名のうち2名の若者と会の後半に交流できて良かった。来年度の彼らの活動を激励しながら自らの活動も奮い立させる日になった。

今年も残り2週間になった。時計台活動日数が24日間に対し、Kitaraでのボランティア活動はDM(ダイレクト・メイル)活動のみで14日間。以前と比べて活動日数も減った。コンサートでKitaraに出かける日もあと2回の予定。明日は及川浩治のリサイタルと札響くらぶのミニコンサートが連続する。腰の治療で整骨院に連日通いながら日程を過ごしている。無理が通るのは元気のせいだろうと自問している。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR