プラジャーク弦楽四重奏団2016

〈Kitara弦楽四重奏シリーズ〉

弦の国、チェコが誇る伝統のアンサンブル、プラジャーク弦楽四重奏団が2年ぶりのKitara登場。前回はシューベルト、ヤナーチェク、チャイコフスキーの弦楽四重奏曲を演奏した。今回は第1ヴァイオリンが若き女性に交代した。2003年の来札時も2夜にわたっての連続演奏会だったが、今回も別プログラムで2夜の演奏会で第1夜を聴いた。

2016年11月30日(水) 19:00開演  札幌コンサートホールKitara小ホール

〈出演〉 第1ヴァイオリン/ ヤナ・ヴォナシュコーヴァ、第2ヴァイオリン/ ヴラスティミル・ホレク
      ヴィオラ/ ヨセフ・クルソニュ、 チェロ/ ミハル・カニュカ
〈プログラム〉
 モーツァルト:弦楽四重奏曲 第20番 ニ長調 「ホフマイスター」 K.499
 ブルックナー:弦楽四重奏曲 ハ短調 WAB.111
 ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 第10番 変ホ長調 「ハープ」 作品74

モーツァルトが書いた23曲の弦楽四重奏曲のうち所有しているCDは第17番「狩り」のみ。ストリング・カルテットの演奏会では聴く機会の多い作曲家だが記憶に残る曲が殆ど無い。モーツァルトのフルート、オーボエ、ピアノの四重奏曲や弦楽五重奏曲、クラリネット五重奏曲のCDは手元にある。彼の協奏曲のCDはピアノ、ヴァイオリンは当然ながらフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、トランペットと揃っている。自分でも振り返ってみて不思議に思うが、多分ハイドンやモーツァルトの弦楽四重奏曲は曲数が多くてタイトルのない曲に親しめなかったのだろう。
「第20番」が楽譜出版社のホフマイスターの依頼による作品であることから名称が付いたらしい。モーツァルトらしい美しい旋律も余りないので余韻が残らない。生で聴くカルテットはCDとは比べものにならないほど心地よい。一過性の曲になってしまうのは残念ではある。

ブルックナーの弦楽四重奏曲を意識して聴いたのは多分初めてである。彼の38歳の作品というが従来のカルテット曲と違う味が出ていて面白かった。新鮮な気分で曲が鑑賞できた。

ベートーヴェンの弦楽四重奏曲は初期の6曲を除いて、度々コンサートの前後に繰り返し聴いて今では結構親しんでいる。ベートーヴェンの手による曲はサロン的な気分ではなくて厳しい深い音楽になっているので一層心に響くものがある。彼が残した16曲の弦楽四重奏曲のうち「第7-11番」は中期、50代に書かれた「第12-16番」が後期作品とされコンサートで取り上げられる機会が多い。
「ラズモフスキー3曲」の後に作曲された《運命》、《田園》の波に乗って、「第10番」は1809年38歳の時に〈ピアノ協奏曲・皇帝〉、〈ピアノソナタ・告別〉と同時期に書かれた。3曲の調性が同じ「変ホ長調」というのも面白い。
「第10番」を作曲した時期は戦乱の外的要因もありベートーヴェンの心も動揺していたとされる。しかし個人的な恋愛感情に包まれる状況も曲に反映しているようにも感じた。激しい感情の揺れがなく透明で安らかな表情が感じ取れる曲になっていた。
「ハープ」の呼称が付いているがピッツイカートによる演奏法がハープの音に似ていることから付いているように思えた。

客席後方は埋まっていないようだったが、カルテットが大好きな聴衆の集まりで曲への集中度が高くて、演奏終了後のマナーも控えめながらも拍手に心が籠っていて良い演奏会となった。カーテンコールが続いて、アンコール曲も2つの楽章。「ハイドン:弦楽四重奏曲 第66番 ト長調 作品77-1 第3楽章」と「同曲 第2楽章」。

※Kitaraは1997年開館で来年20周年を迎える。開館当初より自主運営事業で〈古楽演奏〉や〈弦楽四重奏シリーズ〉を主催して独自のプログラムを展開してきている。
今回のブラジャーク四重奏団の招聘も画期的な事業で、第2夜はロータス・カルテットの山碕智子を加えての弦楽五重奏曲を含む演奏会。「音楽の友コンサート・ガイド」によれば12月2日~9日まで神奈川、東京、京都、大阪でもこのカルテットのコンサートが組まれている。Kitaraが発信して他に広がっているのだとすると嬉しいことだと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR