METライブビューイング2016-17 第1作《トリスタンとイゾルデ》

ワーグナーのオペラはMETビューイングで《パルジハル》を観ただけで、殆ど親しんでいない。管弦楽曲集として有名な歌劇・楽劇の「序曲」や「前奏曲」などの音楽はCDで耳にする程度である。
《楽劇「トリスタンとイゾルデ」前奏曲と愛の死》はマゼール指揮ベルリン・フィル、レヴァイン指揮メトロポリン・オーケストラによる演奏で聴いている。今回はオペラ全集ワーグナーのDISC3枚に収録されていたバーンスタイン指揮バイエルン放送響withベーレンスの「愛の死」を聴いてみた。

今シーズン第1作《ワーグナー:トリスタンとイゾルデ》の札幌での上映がいよいよスタート。5時間余りの長時間鑑賞はスケジュールを調整してチケットは一昨日購入しておいた。
指揮/サイモン・ラトル、演出/マリウシュ・トレリンスキ。全3幕、 ドイツ語上演。究極の恋愛物語として知られるワーグナーの傑作オペラ。

〔ストーリー〕
アイルランドの王女イゾルデはコーンウォールの王マルケと結婚することになり船に乗っている。彼女を迎えに来たのがマルケ王の甥、トリスタン。かって自分の婚約者を殺したトリスタンには復讐心を抱いていたが、イゾルデは彼を介抱したことがあって二人の間に恋が芽生えた。会ってよそよそしい態度をとるトリスタンに傷ついたイゾルデは侍女ブランゲーネに毒薬を用意させ二人で飲もうとする。しかし侍女が盃に入れたのは媚薬であった。飲み終わった二人の愛は激しく燃え上がり、コーンウォ―ルでも密会が続いて、王の知るところとなる。王の家臣と喧嘩となり銃で重傷を負ったトリスタンは自分の領地に移される。イゾルデを待ち続けたトリスタンは彼女の到着を待たずして亡くなる。ブランゲーネから媚薬の話を聞いたマルケ王が二人の結婚を許そうとして船で駆けつけるが、イゾルデはトリスタンの遺骸の上で息絶える。二人の愛は死によって成就することとなる。

全3幕。《トリスタンとイゾルデ》の中で最も有名なのが「前奏曲」で第1幕が開く前に演奏される。オーケストラ・ピットの映像はなかったが、ラトル指揮による素晴らしい演奏はオペラ上演の期待感を一層高めた。

昨シーズン第10作《エレクトラ》で主演を務めた二ーナ・ステンメの名演には心を奪われていた。衝撃的なギリシャ悲劇で表情豊かな演技力と歌唱力を見せたドラマティック・ソプラノのステンメは最高のディ―バの一人として評価が高い。犬のような生活を送りながら復讐の時を待つ王女の壮絶な復讐劇を演じた場面が今も眼前に浮かぶ。前回の6月に続くステンメの名演を再び目にした。イゾルデは彼女が100回以上も演じた「十八番」ともいえるはまり役とされる。トリスタン役のスチュアート・スケルトンのテノールも素晴らしかった。(*立派な体躯だが、もう少し身体を絞った方が好感度が上がる気がした)。開幕から閉幕まで舞台上での二人の熱演は聴衆の心を掴み、特に二重唱は圧巻であった。

マルケ王役のルネ・バーペは以前のMETビューイングで聴いたことがあるバス歌手でワグナーの歌い手として名高いそうである。ブランゲーネ役のグバノヴァも堂々とステンメと張り合ったメゾ・ソプラノ。
今回のオペラの立役者はもう一人、サイモン・ラトル。第2・3幕の開幕では聴衆から一段と大きな拍手を浴びていた。歌手との呼吸をうまくとりながらオーケストラから素晴らしい音を引き出すラトルはさすが世界の名音楽監督。。

タイトルは良く知られているが、内容は余り知られていないストーリーのオペラ。初日で結構な客の入りであった。5年前からMETビューィングを観だして、近年は年に5・6作は観ている。妻も私の刺激を受けて、書道などで忙しいスケジュールを縫って現在は私と同じ回数は鑑賞している。自分の都合の良い日を選んで鑑賞しているので、今まで一度も一緒に鑑賞したことがないのも不思議ではある。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR