松竹歌舞伎特別公演 『安宅・勧進帳』(市川海老蔵&中村獅童)

日本の古典芸能・歌舞伎を初めて観たのは50年前、1966年7月米国留学直前の歌舞伎座だった。演目の記憶も全然ない。海外に行く前に日本の伝統芸能に触れてみたいと単純に思って鑑賞したのかもしれない。
この5年程を振り返ると、2011年松竹花形歌舞伎で「瞼の母」、「お祭り」を中村獅童、片岡秀太郎主演で、2013年松竹大歌舞伎で「義経千本桜」を尾上菊五郎、中村時蔵、尾上松緑、尾上菊之助などの出演で鑑賞した。シネマ歌舞伎では坂東玉三郎&市川海老蔵主演の「海神別荘」、坂東玉三郎&中村獅童主演の「高野聖」なども鑑賞した。

若手の歌舞伎役者として市川海老蔵は歌舞伎の範囲を超えて幅広い活動を積極的に展開している。昨年3月の〈邦楽と洋楽のコラボレーションとしての舞台劇《源氏物語》は画期的な試みであった。

今回の〈秋の特別公演〉は本格的な歌舞伎の古典的な演目。ここ2年ほど歌舞伎は観ていないが、海老蔵の大ファンで彼のブログを数年前から毎日チェックしている妻の都合に合わせて札幌3日間4公演の初日のチケットを購入してあった。ホール入り口に「当日券なし。前売り券完売」の張り紙があって、入場時から活気がみなぎっていた。

2016年10月21日(金) 18:30開演  〔会場〕ニトリ文化ホール

秋の特別公演 古典への誘い(いざない)

一、能楽・舞囃子 『安宅』 (あたか)
ニ、歌舞伎・十八番の内 『勧進帳』 (かんじんちょう)

義経、弁慶の伝説を基にした〔能〕の「安宅」と〔歌舞伎〕の「勧進帳」という2つの名作。この2つの作品は、源頼朝に追われ奥州へ下向する源義経一行が安宅の関で咎められるが武蔵坊弁慶の機転によって難を逃れるという同じストーリーを題材としている。
(*安宅は現在の石川県小松市にあたる地名)。

能「安宅」は今から550年ほど前の作で上演時間が3時間もかかる大作だそうである。「舞囃子」(まいばやし)は能のいわば“サワリ”のところを囃子つきで部分的に演ずる形式。(*囃子は楽器を演奏する役)。物語の一場面。何とか関を通過した一行の元へ関守が非礼を詫びるために酒をふるまい、弁慶が舞を披露する作品のクライマックス。装束などは着けずに紋付袴姿での15分ほどの舞。能面を着けない珍しいステージは普段の能のイメージとは違うが能の多面性を感じた。

能は300年ほど前に歌舞伎に脚色されて「勧進帳」の物語として親しまれるようになったという。本作品は1840年、能の「安宅」を題材とした長唄の舞踊劇。「勧進帳」を初演した7世市川團十郎の時代から市川團十郎家の《歌舞伎十八番》とされている。安宅の関の場面はよく知られているが“荒事”と言われる演技は観ていて一番心が動いた。歌舞伎役者が簡単にできる業ではないように思った。非常に見ごたえのある演技で海老蔵の熱演が光った。関守・富樫役の中村獅童も好演だった。全体を通して緊張感ある見どころのある出し物。久しぶりの観劇で大まかな筋しか頭になかったが1時間余りの歌舞伎の醍醐味を楽しんだ。後でプログラムの解説を読んで詳しい話を読み取ることになった。事前に学習しておけばもっと理解が深まったと思う。
 
国内9都市27公演にもなる10月の巡業日程は役者にとって非常にきついと思う。来週の東京・浅草公演が千穐楽で無事に終ってほしい。当代随一の歌舞伎役者として成長している市川海老蔵の今後益々の活躍を祈りたい。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR