舘野 泉ピアノコンサート(舘野泉ファンクラブ北海道創立30周年記念)

IZUMI TATENO PIANO CONCERT
 
舘野泉のピアノを最初に聴いたのが1982年ヘルシンキ・フィルの旭川公演。89年日本フィル札幌公演の演奏曲も「グリーグ:ピアノ協奏曲」だった。95年、96年はピアノ・リサイタル。ヘルシンキを本拠地にして活動していたが90年代までに北海道で彼の演奏を聴く機会は6回はあった。左手のピアニストとしての復帰後のコンサートは05、08、10、12、14年に続いて6回目。05、08、14年は「ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲」を演奏した。14年9月札響名曲シリーズに出演の際にブログで彼のプロフィールも含めて記録を整理しておいた。
2010年には彼の演奏生活50周年を祝って「舘野泉のために作曲された4作品」のピアノ・リサイタル。12年は長男ヤンネとのデュオ・リサイタルがKitara小ホールで開催された。今回のコンサートは〈舘野泉ファンクラブ北海道〉の主催で開催された。

2016年10月14日(金) 18:30開演  六花亭札幌本店 ふきのとうホール

〈PROGRAM〉
 バッハ(ブラームス編):シャコンヌ ニ短調
 スクリャービン:前奏曲と夜想曲 Op,9
 光永浩一郎:サムライ(舘野泉に捧ぐ)
 吉松 隆:「平清盛」より “遊びをせんとや生まれけむ”、“海鳴り”
 ノルドグレン:「小泉八雲の怪談によるバラード」より “振袖火事”(舘野泉に捧ぐ)
 coba:記憶樹(舘野泉に捧ぐ)

ブラームス編曲の「シャコンヌ」は初めて聴くような気がする。ブゾーニ編以外に聴いた記憶は余りないが、いろいろな作曲家が編曲を試みているらしい。バッハの曲が原曲なのでメロディは当然馴染みである。
左手だけで弾いているとは思えない演奏ぶりには驚きを禁じ得なかった。「ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲」が有名であるが、ブラームスやスクリャービンによる本日の曲も左手用の曲なのではないかと思った。左手のピアニストとして有名だったヴィトゲンシュタインの依頼で作曲されたのかも知れない(?)。スクリャービンの曲も心に深く沁みいるメロディで素晴らしかった。

光永浩一郎という名は初めて耳にした。現代作曲家なのだろう。外国人がイメージとして持つ“SAMURAI”とは違う心が優しく精神的に強そうなサムライの曲。

吉松隆は「プレイアデス舞曲集」で20年前に話題になった有名な現代作曲家。2010年舘野泉ピアノ・リサイタルでは吉松が彼に依頼されて作った曲が世界初演された。2人の音楽家は強い友情で結ばれている。
2012年のNHK大河ドラマ「平清盛」で音楽を担当した吉松は番組の中で書いた曲を左手のピアノのためにアレンジした。当時のドラマで色彩感に溢れた抒情的なメロディを舘野が演奏した。4年前に耳にしたのだろうが平安時代末期の流行歌(*子供の遊び歌)だったらしいが余り覚えていない。ロビーでCDを買った後で分かったことである。

後半2曲の演奏前に舘野がプレトークを行なった。ノルドグレンはフィンランドの現代作曲家として知られる。〈小泉八雲の怪談〉の中から「振袖火事」の話があった。比較的に興味深い話でストーリーに沿って曲が展開されたが、恐ろしい悲劇的な物語とは違って曲そのものは透き通った澄んだ音色でタイトルからは思いもよらない美しい調べ。天空の世界を描いている感じがした。

後半は2曲とも楽譜を用意して譜めくりストがついた。cobaはアコーデオン奏者・作曲家で、この曲は前回2010年のリサイタルで演奏された。〈舘野泉左手の文庫〉助成作品として08年、舘野泉に献呈された。全10曲のうちから6曲。記憶樹は人の感覚と繋がっている生命体。感覚と肉体は共にあり、記憶樹は精神と深く繋がっていることを作曲家は表現しているらしい。曲の内容は難しいが舘野泉は優れた作品として世界の各地で100回は演奏していると紹介した。(*cobaは東儀秀樹、古澤巌とトリオを組んで定期的に演奏会を開いてKitaraのステージにも何度か登場している。)

アンコール曲を続けて2曲(ステージの出入りが大変なので続けて2曲と言って聴衆の笑いを誘った)。〈左手のためのピアノ小品集〉より「母に捧げる子守歌」と「赤とんぼ」。演奏が終って、もう1曲の演奏は多分「アヴェ・マリア」。(*曲名の発表は無かった。1999年の田部京子の演奏会で「吉松隆:アヴェ・マリア」をアンコール曲で初めて聴いた記憶があったので、その後に左手のためのピアノ曲にアレンジされた曲と想像した。)

※舘野泉は来月に80歳を迎えるが、昨年から「音楽の友」誌に寄稿を続けている。11月号で連載も15回となる。最近は面白い記事が多い。彼の母の実家が室蘭ということも知って思いもよらぬ情報だった。彼の祖父は仙台から室蘭に移住し眼科医として日本3大名医とも言われた人。母は幼少時に室蘭で暮らしていた。電信浜や地球岬のことが触れられていると高校時代が懐かしくなる。
泉はチェリストの父とピアニストの母のもと東京で生まれた。10月号では慶応義塾高校卒業後に東京藝術大学に入学した経緯も書かれていた。凡人には専門的な音楽のことだけではなく成長の過程や演奏活動の裏話などが読めて面白さが増すのである。

オーストリアのピアニスト、イェルク・デムスは87歳の現役ピアニストとして毎年のように来日して演奏を続けている(*Kitaraには1999年と2007年に登場)。舘野泉も今回のメッセージで“まだまだ弾いていくつもりです”と伝えている。「演奏生活60周年には何をしようか」と以前は語っていたが、先ずは健康を維持して次回のコンサートに臨んで人々に生きる力を与えてほしいと切に願うばかりである。今日のコンサートにもかなり高齢の人々の姿が多く目について彼のコンサートを大切にしている人が多い印象を受けた。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR