アリス=紗良・オット ピアノ・リサイタル札幌公演

アリス=紗良・オットの公演を聴くのは昨年8月のN響北海道公演に続いて7回目。この公演で彼女は「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番」を弾いたが、アンコール曲に弾いた「ラ・カンパネラ」が聴衆の熱狂的な反応を呼び起こした。この時に彼女の演奏を初めて聴いたと思われる人々の感動の声が私の耳に飛び込んできた。「ラ・カンパネラ」は何度も演奏会で聴く機会があるが私自身も[最も感銘を受けたラ・カンパネラ]として印象に残っている。“紗良・オットのリサイタルには絶対くる”という若い女性の声も耳にした。
今回のリサイタルは札幌では2011、2012年に続いて3回目のリサイタルになると思う。

2016年10月4日(火) 開演19:00  札幌コンサートホールKitara大ホール
〈Program〉
 グリーグ:叙情小曲集より
       ノルウェー民謡による変奏曲形式のバラード Op.24
 リスト:ソナタ ロ短調 S.178

グリーグ(1843-1907)のピアノ協奏曲は演奏会で聴く機会はあってもピアノのための小品はこれまでコンサートで聴いた記憶があまりない。協奏曲以外にピアノ曲として彼が書いた数多くの作品で数曲収められた「叙情小曲集」のCDが手元にあると思っていたが見つからなかった。コンサート前に彼の曲を聴く機会を持てなくてコンサートに臨んだ。ステージに登場した紗良・オットは演奏を始める前にプレ・トークを行なった。今までにない試みだった。彼女にとって思い入れの強いグリーグの曲をメインにした演奏会は昨年から発表されていた。忙しい日常の演奏活動でストレスもたまる状況で彼女はグリーグのピアノ曲に出会った。懐かし子供時代を思い出す曲が彼女の心を癒したと言う。
ピア二ストでもあったグリーグは数多くのピアノ小品を生涯にわたって書き綴った。日々の生活の中で感興の赴くままに綴られた作品は子供心に溢れ美しい夢の世界も描いている。各巻6曲~8曲程度から成る10集構成の「抒情小品集」。紗良・オットは数十曲の小品集から12曲を選んで演奏した。

前半のプログラムは50分もの長い曲だが続けて演奏したいということで、聴衆をワンダーランドで繰り広げられるおとぎの世界に案内してくれることになった。彼女自身がまるで妖精のようにメルヒェンの世界に踏み込んでいった。曲が始まって馴染みのメロディも耳に入ってきた。数曲は聴き慣れた曲だった。(*グリーグのピアノ協奏曲とともに収録された「抒情小品集」のCDで20年前に購入して、ここ10年以上は聴いていなかったのですっかり忘れていた。)
馴染みの曲は「蝶々」、「春に寄す」とグリーグ自身が管弦楽に編曲した《抒情組曲》に含まれている「小人の行進」、「夜想曲」。ノルウェーの自然の様子や伝説の物語が美しい音楽にのせて幻想的に奏でられた。

〈バラード〉は変奏曲形式で小さな曲のつながり。この作品でも妖精や小人が現れワンダーランドの旅が続いた。この作品のフィナーレの演奏は強烈な打鍵で、リストを思わせる激しい演奏になって見応えもあった。

50分連続の演奏を聴くのが大変だった人もいたようが、途中で拍手したりする人もなくピア二ストが集中力を切らさないでワンダーランドの世界を描き切ったのは良かった。
前半の演奏終了後の聴衆の反応はかってないほどで、二度もステージに演奏者が戻るほどの拍手喝采で感動した客が多かった。

後半ブログラムのリスト(1811-86)はピアノ・ソナタの概念を超えた作品として知られ単一楽章で書かれた傑作。難曲とされているが、近年では演奏会の曲目になることも多くて聴く機会が結構多い。私も今はすっかり馴染みのピアノ曲として聴けるようになった。
前半の妖精のようなイメージのドレスとは対照的な黒いドレスに身を包んだオットがステージに出てくると会場に溜息が漏れた。ファッションモデルのようにスタイルの良い細身の身体は何を着ても似合う。後半のステージは照明が落とされステージ上に一筋の明かりが鍵盤を照らすだけでホールは真っ暗。照明の効果も計算したステージ。前半とは対照的な暗いイメージの悪魔のような音楽に仕上げる演出にもなっていた。

オットの演奏は彼女独特のもので個性的である。メリハリがついていて彼女の感性が伝わってくる感じの演奏になる。言葉では上手く表現できないが他のピアニストの演奏とは違う味がする。
単一楽章とはいえ緩徐楽章や終楽章を思わせる変化のある構成で30分の時間も彼女の演奏に引き込まれるとアッという間に過ぎた。圧倒的な演奏に終了後の聴衆の感動がホールに広がった。

アンコール曲は《グリーグ:〈ぺ―ル・ギュント組曲 第1番〉より「山の魔王の宮殿にて」》

日本でも人気のピアニストで今回の日本ツアーも10公演ある。福岡での前半最後の公演が終わって札幌は後半最初の公演だったようである。台風の影響で心配された飛行機も運行されて無事に札幌での公演も終った。
3階を除いて客席が売り出されたが思ったより客の入りは良くはなかった。
紗良・オットは飾り気のない明るい人柄で聴衆への配慮も温かい。ステージでのお辞儀は常に角度も90度以上で身体が極めて柔らかい。何といっても20代後半の現在でも天真爛漫の雰囲気に満ちている。
帰りのホワイエで彼女のサインを貰う長蛇の列には改めて驚いた。私は前回サインをもらったので今回はやめにした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR