前橋汀子アフタヌーン・コンサート2016

2005年に東京のサントリーホールで始まった「前橋汀子アフタヌーン・コンサート」。前橋の演奏活動50周年を記念して2012年から毎年アフタヌーン・コンサートが全国各地で開催されるようになった。札幌では公園の木の葉も色付き始める9月最後の日曜の午後に開かれている。
小品を中心にした親しみやすいプログラムのリサイタルを聴き始めて5年目。毎回聴きに出かけるほどではないと思いつつ毎年Kitaraに通っている。2年前には聴きごたえのあるバッハの無伴奏ヴァイオリン組曲全曲演奏会もあった。

〈Program〉
 J.S.バッハ(ヴィルへルミ編):G線上のアリア
 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ト長調 Op.78 「雨の歌」
 J.S.バッハ:シャコンヌ(無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番ニ短調BWV1004より)
  ドビュッシー(ハルトマン編):亜麻色の髪の乙女
 クライスラー:中国の太鼓
 シャミナード(クライスラー編):スペインのセレナーデ
 サン=サーンス:序奏とロンド・カプリチオーソ Op.28
 マスネ:タイスの瞑想曲
 《懐かしの名曲集》 丸山貴幸編
    枯葉~“ウエストサイド・ストーリー”より「マリア」~イエスタディ
    ~“オペラ座の怪人”より「序曲」~愛の讃歌 
 ブラームス:ハンガリー舞曲第1番、第5番
                             (ピアノ/ 松本 和将)

例年のコンサートの前半のプログラムはソナタが2曲。今回の最初のプログラムは追悼の曲にも演奏される「G線上のアリア」。熊本震災をはじめ災害で亡くなられた方々に対しての追悼の意も込められているのかもと思った。

ブラームスはこの30年の間で親しむようになり彼の交響曲を始めピアノ曲・ヴァイオリン曲を好んで聴くようになった。ヴァイオリン・ソナタ3曲は2000年にムローヴァのCDで聴き始めた。その後、10年近く経ってピアノがアンデルシェフスキが弾いているのを知った。(*2011年に彼のリサイタルを聴きにサントリーホールに出かけた。)2013年にはムターの来札の折にブラームスのソナタ入りのCDを購入してサインを貰った思い出もある。「第1番」は特に気に入って親しんでいる曲である。明るくて幸福感に満ちておりシューマンの妻クララを慰めたようとした作品と言われている。憂愁を帯びたメロディも印象深い。

「シャコンヌ」はバロック時代におけるヴァイオリンの最高傑作として知られ、《無伴奏パルティータ第2番》の第5楽章。威厳のある主題と30の変奏から成る壮大な音楽。前橋は12年と14年にヴィタ―リの「シャコンヌ」を弾いた。バッハの「シャコンヌ」はブゾーニなどの編曲でピアノ曲として演奏されることも最近は多いと思う。しかし、バッハの曲と感激度が違う。いつ耳にしても素晴らしい音楽。前橋の演奏は真摯で情感が豊かである。

後半のプログラムは小品集。「シャミナード:スペインのセレナーデ」と《懐かしの名曲集》は前回までのアンコール曲として演奏された。演奏プログラムに入れたのは初めてだろう。誰もが耳にしたことがある名曲をメドレーで聴けて懐かしかった。5曲をつなげて1曲に編集した試みを興味深く感じた。

年配の客が多かったが、「序奏とロンド・カプリチオーソ」の演奏後の歓声と拍手が一段と大きかった。華麗な曲と高度なテクニックに魅了されてブラボーの声が上がってホールも盛り上がった。最後の「ハンガリー舞曲」で1000名弱の客も大満足の様子。ブラームスの情熱に溢れた第1楽章が終わった時に2階CB席あたりから曲終了と勘違いした人が多数いたが、前橋の軽く礼をする態度は好感が持てた。(以前の演奏会でも同様な反応をしたことがあった。)初めてコンサートに来る人もいるだろうが、周囲の状況を見て反応しても遅くはないと思う。

アンコール曲は①エルガー:愛の挨拶、②ショパン:ノクターン第2番、③クライスラー:愛の喜び。アンコール曲の紹介以外には余計な言葉は一切なく、若々しいエネルギッシュな演奏をするのが彼女の持ち味。あと1曲と指で合図して3曲目を弾いた。鳴りやまぬ拍手に最後はピアニストとともにステージ下手、上手の客席に近寄って挨拶する姿は好印象を与えた。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR