外山啓介ピアノ・リサイタル2016 ~ベートーヴェン&リスト~

2005年にKitaraで聴き初めてから欠かさずに聴き続けている外山啓介のコンサートも今回が15回目になる。外山は2007年に正式にデビューして《Keisuke Toyama Piano Recital》として全国ツアーが国内十数か所で始まり、毎年1回定期的に開催されている。

日曜日の午後1時過ぎに地下鉄中島公園駅を降りる人の数が多くて、まるで札響定期演奏会に向かう人たちの群れのようであった。大ホールで開催される人気のある演奏家のリサイタルも10年も経つと聴衆が減っていくのが普通である。外山のコンサートはここ数年は夜に開催されていた。今日は日曜日の昼開催で参加しやすく、当日券を求めて並んでいる人の姿も多くA席は売り切れでS席のみ残っているようであった。1階は満員。最近のリサイタルで2階RA・LA席が満席状態になるのは見たことがなかった。2階のS席に少し空きがあるとはいえ約1300名の大入りであった。それだけに客の高揚感もありホールの雰囲気も良かった。

2016年9月18日(日) 13:30開演  札幌コンサートホールKitara大ホール

〈Program〉
 ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番 嬰ハ短調 op.27-2 {月光」
           ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 op.31-1 「テンペスト」
 リスト:愛の夢~3つのノクターン~ S.541
     ラ・カンパネラ (パガニーニによる大練習曲第3番) 嬰ト短調S.141-3
 ワーグナー(リスト編):イゾルデと愛の死 S.447
  リスト:バラード第2番 ロ短調 S.171

前半はベートーヴェン、後半はリストのプログラム。
ベートーヴェンの3大ソナタの中から1曲と7大ソナタに入る1曲。コンサートで「悲愴」、「月光」、「熱情」が定番で、「ワルトシュタイン」が入る時もあるが、「田園」や「告別」などは演奏されることはめったにない。「テンペスト」の選曲はそういう意味で新鮮味があった。
ベートーヴェン自身が付けた“幻想曲風ソナタ”は第1楽章が静かで抒情的な調べで親しまれているが、今日は第3楽章のダイナミックなフィナーレがより印象に残った。

ピアニスト自身によるとコンサートで「テンペスト」を取り上げるのは初めてだそうである。3楽章すべてがソナタ形式で書かれ、暗く劇的で緊迫感のある曲の流れ。シェイクスピアの戯曲とは直接の関係はないのだろうが、つい関連付けて聴いてしまう。10年ほど前にハイドシェックの演奏で興味を抱いた作品。やはり外山の演奏では彼なりのピアノの世界に引き込まれた。

《愛の夢「第3番」》はコンサートで演奏機会の多いリストの名曲でCDにも多く収録されている小品。ショパンのノクターンを思わせる曲として親しまれている。もともと3曲は歌曲だと知ったのは10年ほど前の地元のゾンゴラコンサート。その後、“3つのノットゥルノ”と副題がついた「愛の夢」のCD(ピアノ:ミシェル・ダルベルト)を手に入れた。
第1曲と第2曲の原曲はドイツの詩人ウーラントの「気高き愛」、「聖なる死」。2曲とも歌謡的な色彩が強くてピアノ曲としては少し盛り上がりに欠ける感じ。第3曲のメロディが最も親しまれている《愛の夢》。ドイツ・ロマン派の詩人フライリヒラートの詩集〈墓の間で〉の中にある「愛し得る限り愛せ」による歌曲。冒頭の美しいメロディが曲全体を通して流れ愛を賛美する。

「ラ・カンパネラ」の原曲はパガニーニのヴァイオリン協奏曲第2番の第3楽章〈鐘のロンド〉。超絶技巧を凝らした華麗な作品はリストならではのピアノ曲。鐘の音を模した主題と変奏が繰り返されリズミカルに響き、演奏が終ると大歓声が沸き起こった。それまでおとなし過ぎた聴衆が聴き慣れた調べと生演奏の醍醐味を味わって一気に反応した。

ワグナーの楽劇《トリスタンとイゾルデ》第3幕の終盤、イゾルデが愛の幻想の中で死にゆくモノローグをリストが編曲した。以前コンサートで聴いたことがあったがCDは所有していないと思っていた。河村尚子のショパン:バラード集のCDにリストによる編曲も組み込まれているのに気づいた。早速一昨日聴いてみた。イゾルデの感情の起伏や回想が興味深く表現されていた。実人生でのリストとワーグナーの関係を思うと複雑であるが音楽は超越した芸術なのだろう。

最後の「バラード第2番」の曲はCDで一度聴いたことになっていたが、CDが見つからなかった。帰宅後にリストの10組のCDボックスがあるのでが分った(*チッコリーニの演奏による輸入盤)。リストが遺したバラードの曲に通じていなかった。
プログラム・ノートには演奏至難の曲と書かれていた。外山の演奏はドラマティックで親しみやすい曲として聴けた。最後の演目が終って聴衆の盛大な拍手の後で、外山が述べた言葉があった。「バラード第2番は高校生の頃ピアニストへの道を諦めかけた時期に立ち直る切っ掛けを与えてくれた思い入れの深い作品です。故郷の地でこの曲を皆様に聴いていただけたことを幸せに思います。」と語った。

アンコール曲は「ドビュッシー:ロマンティックなワルツ」。

※リストの曲名あとの「S番号」はサールによるリストの作品整理番号である。








関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR