Vladimir Ashkenazy (アシュケナージ)とパドヴァ管弦楽団

IMG_0660 (300x225)

Vladimir Ashkenazy has made frequent visits to Japan since 1965.
It was in 1992 that I first had the chance to go to his piano recital, which took place in Sapporo. He played Beethoven's "Sonatas Nos. 31・32" and Mussorgsky's "Pictures at an Exhibition." It goes without saying that I was so excited at his performance and enjoyed it very much.

In June,2004 Ashkenazy made his first visit to Sapporo Concert Hall Kitara. He is said to have chosen Kitara's four Steinway & Sons pianos in Hamburg when Kitara was opened in 1997.
He visited Kitara with Orchestra Di Padova E Del Veneto(イタリア・パドヴァ管弦楽団),which was founded in 1966. He acted as a conductor and pianist. He played Mozart's "Piano Concerto No.17 and Beethoven's "Piano Concerto No.3."

After the concert, I was lucky enough to get an autograph from a great pianist and conductor. Ashkenazy was very generous and kind. He looked up at me, signing a CD of his when I made a short comment about his performance, and said "Thank you so much."
I was very much moved by his attitude. His personality was very impressive ,indeed.

 アシュケナージのようなピアノの巨匠がサイン会を開くことはないのでしょうが、この折はイタリアの管弦楽団の支援のために特別に行ったのではないかと推測しました。前回のブログで書いたペラィアもそうですが、若い時は別として大成して巨匠と呼ばれる地位に就いてからファンのためにサイン会を開くのは稀だと思います。それだけに偉大になった方の人柄に少しでも触れて良い思い出になっています。

 アシュケナージは70年代から指揮活動も始め、2004年の9月からNHK交響楽団の音楽監督を数年務め、今では指揮者としての名も高めていますが、個人的にはピアノの演奏をもっと聴きたい思いが強いです。

 *英語でもちょっと触れましたがKitaraにはコンサート用ピアノが8台用意されていますが、4台のスタインウェイはアシュケナージが選んだものです。ベーゼンドルファー1台はアンドラ―シュ・シフが選定しました。ヤマハ2台はエッシェンバッハが選び、あと1台のカワイのピアノの選定者は不明です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR