遠藤郁子ピアノ・リサイタル「ショパン序破急幻」

Ikuko Endo Piano Recital 「ショパン序破急幻」 ~亡夫 田中克己を偲んで~

昨年3月の東日本大震災被災者支援コンサートに続いて聴く今回の遠藤郁子コンサートは彼女の夫の三回忌供養で開催された。彼女のピアノ演奏を初めて聴いたのが1992年だった。カジミエシュ・コルト指揮ワルシャワ・フィルとの共演で「ショパン:ピアノ協奏曲第2番」を弾いた。当時コルトから“日本人で唯一のショパン弾き”と高い評価を得た。95年にはCD「ショパン序破急幻」をリリース。
彼女の音楽活動で注目したのが阪神大震災、特にサリン事件被害者に寄り添う支援活動で“癒しのピアニスト”の評価が高まった。彼女自身が陥いった人生の絶望の淵から奇跡的に復帰して生命への無限の愛を表現するピアニストとして注目を浴びたのだと思う。
2000、01、03年とKitara大ホールで続けて彼女のリサイタルを聴いた。オール・ショパン・プログラムが多くて特にショパン「序破急幻」という耳慣れないタイトルの付いた演奏会は何か特別な世界に導かれたようであった。着物姿での演奏は昨年久しぶりに拝見して、彼女独特のピアノの世界に浸った。

2016年9月15日(木) 7:00開演  ふきのとうホール

〈プログラム〉 
 ノクターン 第5番 嬰へ長調 op.15-2 「高砂」(たかさご)
 ノクターン 第7番 嬰ハ短調 op.27-2 「清経」(きよつね)
 バラード 第2番 ヘ長調 op.38 「箙」(えびら)
 ノクターン 第13番 ハ短調 op.48-1 「巴」(ともえ)
 バラード 第3番 変イ長調 op.47 「杜若」(かきつばた)
 -------------------------
 ノクターン 第17番 ロ長調 op.62-1 「羽衣」(はごろも)
 バラード 第1番 ト短調 op.23 「葵上」(あおいのうえ)
 ノクターン 第15番 ヘ短調 op.55-1 「俊寛」(しゅんかん)
 バラード 第4番 ヘ短調 op.52 「通小町」(かよいこまち)
 ノクターン 第18番 ホ長調 op.62-2 「泰山府君」(たいさんぶくん)

開演前に15分間ピアニスト自身によるプレトークがあった。「序破急」は日本古来のテンポとリズムということを初めて知った。〈「序」はゆっくりと始まり「破」のリズミカルな響きにつながってゆく。やがてリズムもテンポも速く激しくなり「急」になって流れも終曲に近づく。全ての日本文化はこの「序破急」で成り立っており、大陸の文化とは異なる。〉
CD『ショパン序破急幻』は同名の田中克己(*遠藤の亡夫)写真集『薪能 序破急幻』から着想したそうである。今回のリサイタルの各曲に能の演目がつけられていて、プログラム・ノートに遠藤自身の書いた解説が載っていた。彼女の人生とショパンの人生を重ね合わせ、同時に能の代表的な演目を通して故田中克己との幸せな生活を振り返って彼へ感謝を捧げる献奏となる趣旨のリサイタルであった。

聴き慣れた曲ばかりだった。バラード全4曲は今年もユンディ・リと辻井伸行のリサイタルでも聴いたが遠藤郁子のショパンはやはり彼女特有の味がある。彼女の人生が色濃く滲み出る音楽になっていた。客席数が221(横17列、縦13列)の小ホールはチケット完売で立派な椅子の補助席が最後部に17席用意されるほどの大盛況であった。

※バラードのプログラム・ノートに注目したので記録に留めておく。
第1番「コンラード・ウォレンロード」。ポーランド人ウォレンロードは宴会で古事を語り、圧政者に死を与えるため癩やその他の疫病を偽りの抱擁で伝染、死に至らしめた件を語り、自分にも今それが可能であることを居並ぶ圧政者に告げる。祖国の悲劇の復讐伝説。
第2番「ウイリスの湖」。湖畔で遊ぶポーランド乙女たち。そこへなだれ込むロシア軍。神はそのあまりの酷さに大地を開き乙女らを吞み込んだ・・・・。後にそこに咲いた花を手折る者に災いあれ。
第3番「水の精」。湖畔で若者は乙女に永遠の愛を誓う。疑う乙女は水の精に変身。若者は誘惑に負けて水の精にも愛を誓う。二重の誓いの罰で若者は深い湖に投げ込まれ、掴まえられぬ水の精を永遠に追う運命となる。
第4番「3人のバドリス」。リトアニアのバラード。父の命令で3人兄弟が遠い国へ宝探しの旅へ出た。長い時が過ぎて父は兄弟の死を想ったが、ある嵐の日に3人の息子達はそれぞれ花嫁を連れて戻ってきた。しかしショパンの音にはハッピーエンドが感じられない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR