伊藤光湖ヴァイオリン・リサイタル

伊藤光湖ヴァイオリン・リサイタルは2007年7月に北海道立三岸好太郎美術館で開催された折にKitaraボランティアの仲間と一緒に聴きに行ったことがあった。彼女は北海道出身のPMFアカデミー修了生として音楽祭の折に札幌でコンサートを開いていた。美術館での絵画鑑賞と合わせて音楽鑑賞をするのも面白いと思った。30分のミニ・コンサートの後で地元新聞のインタヴューを受けて感想を述べたが、私の言葉は記者自身が勝手に書いた内容に変えられていた。伝聞での記事は正しくないことが多いことを経験しているのであまり気にもしなかった。10年前のコンサートを思い出して余計なことを書いてしまった。

数年前から彼女のコンサートが9月の初旬に開かれ、ヴァイオリン曲としては珍しい小品がプログラムに入っていてスケジュールの調整が出来れば聴きたいと思っていた。ヴァイオリニストの母の書家から紹介されて妻がコンサートに2年続けて出かけていた。今年は6月から彼女の本格的なリサイタルを聴く予定を立てた。

2016年9月3日(土) 14:00開演  札幌市生涯学習センターちえりあホール

〈プログラム〉
 モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ第42番 イ長調 KV526
 グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第2番 ト長調 作品13
 バッハ:オルガンのためのトリオ・ソナタ BWV525より 「アレグロ」
 ボザ:アルトサックスのためのアリア
 ファリャ(伊藤光湖編):組曲「三角帽子」より “終幕の踊り(ホタ)”
 伊藤光湖:アネクドット(小さなお話)第9番
 ヴィエニアフスキー:コンサートポロネーズ第1番 ニ長調 作品4

モーツァルト(1756-1791)のヴァイオリン・ソナタは30曲ほど収録されているアッカルドのCD集を持っている。番号を見て曲の多さに改めて驚いて手元にないと一瞬思ったがKV526は何度か耳にしている。1787年に書かれ、モーツァルトが書いた最後から2番目のヴァイオリン・ソナタ。ベートーヴェンのクロイツェル・ソナタの前兆となるような曲で同じイ長調。ピアノとヴァイオリンが対等に渡り合い深みのある重厚な曲。伝統的な3楽章構成で静かで瞑想的な第2楽章の後の生き生きとした妙技の第3楽章が印象的である。モーツァルトのソナタのなかで聴きごたえのある傑作だと思った。(*伊藤の話によると最後のソナタは初心者向けのソナタ。)

グリーグ(1843-1907)が3曲書いたヴァイオリン・ソナタは先月の木野雅之のコンサートで第3番を聴いた。演奏会で聴く機会が一番多いのは3番で伊藤自身も今回が初めての演奏曲となると話した「第2番」。演奏してみて素晴らしい曲と実感したと言う。数日前にデュメイ&ピリスの曲を聴いて聴きやすい特徴のある音楽であると改めて認識した。1867年の結婚して間もない時期に作曲された。伝統的なノルウェー民俗音楽の香りを持つ曲作り。情熱的な旋律で始まって明るいダンスとなる第1楽章、民謡風の哀愁漂うメロディとともに北欧の自然の美しさを印象づける第2楽章、ドラマティックなフィナーレとなる第3楽章。エネルギーに満ち、若さが横溢する曲として聴けた。

前半2曲の本格的なソナタに次いで、このコンサートの特徴と解ったのが後半のプログラム。伊藤光湖(Mitsuko Ito)は数年前からヴァイオリン以外の楽器で演奏される曲をヴァイオリンで演奏することに挑戦してリサイタルを開催しているようである。
彼女は京都市立芸術大学卒業後、英国ギルドホール音楽院、フランス・エコールノルマル音楽院に学ぶ。PMF音楽祭に3回参加。スイスの音楽祭に10年連続参加して毎年自作自演、2010年元旦フランスのオーケストラと共演するなど個性的な活動で多彩な音楽活動を展開している。アメリカのインターネットラジオで自作曲が4度クラシック部門人気第1位となり注目を浴びた。

ほかのヴァイオリニストには出来そうにもない伊藤光湖の才能が発揮された独特な“ちえりあホールのコンサート”。

バッハとボザの曲はオリジナルのままヴァイオリンで演奏。暗譜で演奏したのには驚いた。

ファリャ(1876-1946)はスペインの作曲家。ロシア・バレエ団を率いるディアギレフの依頼に応じて作曲されたバレエ音楽。1919年ロンドンで初演、指揮はアンセルメ、舞台装置と衣装がピカソ。管弦楽曲では組曲《三角帽子》として知られ、小澤指揮ボストン響のCDが手元にある。全8曲の中で「粉屋の踊り」と「終幕の踊り」が有名である。「三角帽子をかぶる代官が粉屋の美しい女房に手を出すが最後には権力者がやっつけられるハッピーエンドのストーリー」。全曲40分のオーケストラ曲の格好良さに魅せられた伊藤が5年かけてヴァイオリン曲に編曲したそうである。コンサートでは粉屋の夫婦をはじめ全員が悪代官を懲らしめた喜びに満ちて楽しくホタを踊る6分ほどの場面が情熱的な音楽で描かれた。

伊藤は現在はパリと札幌を拠点にして活動して、1年の半分はパリに戻って生活する中で“ヒョロヒョロ”と作って出来た即興曲。昨年12月に5日間で完成したという作品。今回が初演と言って笑いを誘った。何気ない話しぶりにユーモアが滲み出て彼女のこのコンサートが魅力あるものになっているように感じた。

最後の演奏曲は同じ作品番号で3つのバージョンがあると説明した。初耳である。ヴィエニヤフスキー(1835-80)はポーランドの大ヴァイオリニスト&作曲家。18歳の時に書かれた初期の小品でポーランドの3拍子の舞曲ポロネーズのリズムに高度な技巧を散りばめた民族的な色彩の濃い作品として親しまれている。ショパン国際ピアノ・コンクールが行われるポーランドはヴィエニヤフスキー国際ヴァイオリン・コンクールの地としても名高い。
伊藤はヴィエニヤフフスキー協会に原曲はどれかと尋ねる問い合わせをしたという話も織り交ぜてトークを展開した。協会から楽譜を購入するように求められたが、“お金を使わずに頭を使って”、彼女自身がオリジナルと思われる楽譜に基づいて今回の演奏(“初演”)を行った。タイトルが“華麗なるポロネーズ”でなくて“コンサートポロネーズ”となっている理由である。実際に聴いてみて違いは全然判らなかった。レーピンとヴェンゲーロフのCDでも同じ曲とはいえ曲のニュアンスが違って聞こえたので、演奏者の違いと思っていた。楽譜の違いが分るほど音楽に精通していない。

今回のコンサートは全て暗譜で弾かれたが驚愕するばかりであった。これも彼女の凄い才能なのだろう。

アンコール曲は①《ビゼー:組曲「こどもの遊び」より “運動会”》(*オーケストラ曲をピアノ曲に編曲してヴァイオリン演奏)、②賛美歌のメドレ―。

ピアノの浅井智子(Tomoko Asai)は東京藝術大学卒業後、北海道各地でリサイタル、オーケストラとの共演、室内楽、伴奏などの演奏のほかに幅広い活動を行っている経験豊富な演奏家。今演奏会での彼女のピアノ演奏での貢献度も見事であった。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR