木野雅之 ヴァイオリンの魅力 Vol.7

連日リオ・オリンピックを楽しんでいる。毎日、日本選手の健闘が続いている。今朝素晴らしいニュースが飛び込んできた。レスリング女子3階級で3人の選手全員が金メダルの快挙! 昨夜は順調な滑り出しを確認して、一人か二人は金メダルは獲得できそうとは思ったが、まさか3人とも優勝するとは夢にも思っていなかった。午後の再放送で彼女らの活躍を目にした。伊調馨が全競技を通して個人種目の女子選手初のオリンピック4連覇を達成した偉業は凄い。3選手ともに慎重な試合運びで焦ることなく決勝は大熱戦で逆転で勝利を収めた試合が興奮度を増した。最後まで試合を諦めない彼らの勝負強さと精神面の充実も見て取れて感動的なドラマとなった。明日のレスリング女子でも吉田沙保里のオリンピック4連覇をはじめ他の選手のメダルが期待できる。

昨夜から台風の北海道上陸で広範囲にわたって被害が広がっているようである。今日は何とか天候も回復して予定通りにコンサート鑑賞に出かけた。

木野雅之のヴァイオリン・リサイタルを3年連続して聴くことになった。前2回は面白い小品が入っていたが、今年のプログラムは少々新鮮味に欠ける印象を持ったが、8月はコンサートが少ないので聴いてみることにした。

2016年8月18日(木) 7:00PM 開演 札幌コンサートホールKitara小ホール

〈プログラム〉
 ヴィタ―リ:シャコンヌ ト短調
 グリーグ:ヴァイオリン・ソナタ第3番 ハ短調 Op.45
 ブラームス:スケルツォ 《F.A.E.ソナタ》より
 ショーソン:詩曲 Op.25
 サラサーテ:序奏とタランテラ Op.43
 ヴュータン:夢
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン 

本日のプログラムの中で「ヴュータン:夢」だけは聴き慣れていない曲名。ブラームスの「スケルツォ」も余り知られた作品ではないが、偶々シューマンのヴァイオリン・ソナタのCDに収録されていた。カントロフが40年前に録音して7年前にデジタル化されたCD。1853年に3人の作曲家が合作で書いた珍しい曲。シューマンが第2楽章と第4楽章、彼の友人ディートリッヒが第1楽章、ブラームス(*当時20歳)が第3楽章の「スケルツォ」を書いた。3人の共通の友人である大ヴァイオリニスト、ヨアヒムに献呈された。
現在ではブラームスの曲のみ演奏されることが多いという。5分程度のリズミカルな曲。

ヴィターリ(1663-1745)はイタリアのヴァイオリニスト・作曲家。「ヴァイオリンと通奏低音のためのシャコンヌ」が最も良く知られた作品。冒頭にピアノで奏でられる主題がヴァイオリンの技巧を凝らした華やかな変奏で展開される。10分程度の曲。
ピアノ伴奏は毎回,藤本史子が務めているが結構、力強い演奏を展開していたように思った。
バッハの「シャコンヌ」は無伴奏のヴァイオリン曲で演奏会が多く親しまれている名曲。この数年はブゾーニ編曲のピアノ独奏曲としてピアニストが弾くことも増えてきた感じがする。

グリーグ(1843-1907)はノルウエー・ベルゲン生まれ。彼が書いた3曲のヴァイオリン・ソナタはデュメイ(現在、関西フィル音楽監督)とピリスのCDでコンサートの曲目になる度に聴く。北欧の民族的色彩の濃い作品で親しまれているグリーグの音楽。いずれのヴァイオリン・ソナタも美しい旋律が印象的であるが、「第3番」が最も有名で演奏機会も多い。前2曲のソナタから20年ほど後の作品で情熱も汲み取れるドラマティックな要素もある。3楽章を通して叙情味溢れる約25分の曲は聴きごたえがあった。

ショーソン(1855-99)はフランスの作曲家でドビュッシーやラベルのの印象主義音楽の先駆者と言われたが、若くして事故で亡くなった。よく演奏される作品は「詩曲」。オリジナルはオーケストラとヴァイオリンのための曲でハイフェッツの演奏で専ら親しんでいる。1896年イザイが初演。現在はピアノ伴奏で演奏されることが多いようである。
ピアノの陰鬱な序奏のあと途中からヴァイオリンが情熱的な主題を奏で、独特な詩情を醸し出す。15分弱の曲。

サラサーテ(1844-1908)はスペインの作曲家でヴァイオリンのヴィルトオーゾとして名高い。「ブルッフ:スコットランド幻想曲」、「ラロ:スペイン交響曲」などは彼のために書かれた作品。自らの才能を示す超絶技巧を凝らしたヴァイオリンの名曲が多い。
「序奏とタランテラ」は高度な演奏技巧が要求される曲でアンコール・ピースとして偶々演奏される馴染みのメロディ。“タランテラ”はイタリアの急速で激しい舞曲。難曲とされているようである。

ヴュータン(1820-81)の名は知っていても彼の作品を演奏会で聴いた記憶はあまりハッキリしない。ベルギーのヴィルトオーゾとしてヨーロッパ各地で活躍したそうである。イザイを育て上げたというから、グリュミオー、デュメイなどフランコ=ベルギー派の流れにあるヴァイオリストに属するのだろう。木野雅之もその流派に属して選曲しているのかもしれないと勝手に想像してみた。
オリジナルはヴァイオリンとハープの二重奏曲という。ハープ独特のロマンティックな旋律がピアノで奏されてヴァイオリンの華麗な技巧が楽しめる曲であった。
初めて耳にする曲かと思っていたら、昨年、このコンビのアンコール曲として演奏されていた。

コンサートの最後を飾った曲は最もポピュラーな「ツィゴイネルワイゼン」。哀愁と華麗さを備えたドラマティックな曲。フィナーレに相応しい曲で会場から歓声が沸き起こった。

アンコール曲は「ジョン・オードウエイ:旅愁」。熊本県人吉市出身の作詞家が付けた日本語の歌詞があって人々に広く親しまれているメロディ。アメリカ民謡とは知らなかった。聴いていて意外に思うと同時に歌詞も覚えていた。ピアニストの藤本も熊本出身で被災者。
木野のリサイタルが熊本地震本震の当日に熊本で開催予定であったが中止になったという。熊本支援の募金活動の一環としての“熊本に関わるアンコール曲”であった。(帰りに募金箱に寸志を入れてきた。)
最後のアンコール曲は「ラフマニノフ:ハンガリー舞曲」。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR