札幌文化芸術劇場 プレコンサート~オペラ・バレエ名曲集

本格的なオペラやバレエ、ミュージカルなどの公演に適する北海道初の多面舞台を備えた劇場(2300席)が2018年10月にオープンの予定である。開館が未だ2年先の事であり、プレコンサートと銘打つのは少々大袈裟な感じがしないわけでもない。札幌市民にいち早く情報公開をして市民のための劇場運営を目指して運営に備える試みなのだろうと思う。当日は映像による「札幌市民交流プラザ」の施設紹介もあることで興味を抱き、妻と一緒に参加することにした。

~札響メンバーによる珠玉のオペラ・バレエ名曲集~

2016年8月14日(日) 開演13:30  札幌コンサートホールKitara小ホール

出演/ 大平まゆみ、織田美貴子(ヴァイオリン)、青木晃一(ヴィオラ)、坪田亮(チェロ)

〈プログラム〉
 ビゼー:歌劇「カルメン」より
        アラゴネーズ、セギディーリャ、闘牛士の歌 ほか メロディ
 マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
 ヨハン・シュトラウス2世:喜歌劇「こうもり」より 序曲
 ワーグナー:歌劇「ローエングリン」より 結婚行進曲
 チャイコフスキー:バレエ「くるみ割り人形」より 小さな序曲、トレパック、花のワルツ
 チャイコフスキー:バレエ「白鳥の湖」より 情景、4羽の白鳥の踊り
 ヴェルディ:歌劇「アイーダ」より 凱旋行進曲

コンサートに先立って映像による《札幌市民交流プラザ》(Sapporo Community Plaza)の紹介が行われた。札幌市民交流プラザは札幌の都心に誕生する新しい文化施設。札幌文化芸術劇場(3階~9階)、札幌文化芸術交流センター(1階・2階)、札幌市図書・情報館(1階・2階)の3つの施設から成る。隣接する高層棟には放送局やオフィスが入居するほか、地下には駐車場や公共駐輪場などが整備される。

札幌文化芸術劇場はオペラ、バレエ、ミュージカルなどのほかにポップス、歌謡コンサートなど様々なジャンルの公演に利用される。他都市の劇場や地元文化芸術団体との共同制作などを通して、札幌の舞台芸術の振興を図る。講演会、入学式、卒業式など大規模な集会にも利用される。
こけら落とし公演はオペラ「アイーダ」。神奈川県民ホール、兵庫県立芸術文化センター、iichiko総合文化センター、東京二期会との共同制作。札幌からスタートして北から南まで日本縦断のオペラ公演。指揮はイタリアの若手指揮者アンドレア・バッティスト―ニが務める。(*今、日本で注目のバッティスト―ニの名を聞いてワクワクした。札幌公演のオーケストラは札響。)

10分ほどの映像の後、1時間のコンサート。札響コンサートマスター大平の巧みな話術でフランス、イタリア、オーストリア、ドイツのオペラの名曲が演奏された。大平まゆみがコンサートマスターを務める札響の定期演奏会は何十回も聴いていて、コンマスの仕事ぶりには好感を持っているが、彼女が何度も定期的に開いているリサイタルは聴く機会がない。彼女は人気のある演奏家でリサイタルでも巧みなトークを繰り広げていることが想像された。妻の話では講演会で彼女の話を聴いたことがあるという。演奏だけでなく、トークも得意なようである。適度な説明をしながら演奏会を進めた。他の3人にも話をする機会を与えてコンサートを進行した事にも感心した。マイクの使い方も上手で後方の席でも明瞭に彼女の話は聞こえた。
チャイコフスキーのバレエ音楽から名曲を演奏した後、終曲は《アイーダ》より凱旋行進曲。カルテットの演奏曲としては無理だったと思うが、2年後の〈こけら落とし公演〉を意識して選曲したのだろう。
アンコール曲に《ヴェルデイ:椿姫より 「乾杯の歌」》を演奏してコンサートを締めくくった。予想していたよりは良いコンサートとなった。新劇場のイメージを心に描きながら聴けただけでも良かった。










関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR