METライブビューイング2015-16 第9作 ドニゼッティ《ロベルト・デヴェリュ-》

ドニゼッティのオペラ作品は《愛に妙薬》と《ランメルモールのルチア》をMETライブビューイングで観たことがあるが、《ロベルト・デヴェリュー》は今シーズンのMETビューイングの作品発表時にオペラのタイトルを初めて耳にした。ロッシーニと同時代のイタリアのオペラ作曲家ということも改めて知ったくらいである。ロッシーニはオペラの序曲を通して昔から名前が知られていた。ドニゼッティの名はオペラ歌手のCDを通して「人知れぬ涙」のアリアで作曲家名を知るようになった程度である。

18世紀、ナポリで興ったオペラがヨーロッパ中に広まったが、文化的中心地としてのイメージはイタリアだったようである。「オペラの本場はイタリア」と言われるように、18世紀のヨーロッパではイタリアがオペラの本場だった。オペラの作曲家はイタリア人という固定観念があって、モーツァルトはイタリア人でないことで二流と見做されることもあったらしい。実質的にはモーツァルトがナポリ派のオペラを完成して発展させた。イタリアはオペラの中心ではなくなったが、19世紀に入ってロッシーニが活躍して、彼の影響を受けてドニゼッティのベルカント・オペラも生まれたそうである。

《ロベルト・デヴェリュ-》は今回がMET初演で新演出。イタリア語上演。上映時間は3時間4分。第1・2幕96分、第3幕46分。エリザべス1世の最晩年を描いた作品。女王の悲恋をオペラ化した壮絶な復讐のストーリー。

16世紀、ロンドン。女王エリザべッタの恋人ロベルト・デヴェリューは反乱鎮圧のためにアイルランドに派遣される。しかし、彼は女王の命令に反して反乱軍と和解したために反逆罪で捕えられてしまう。デヴェリューと恋人同士だったサラがノッティンガム公爵と結婚させられていた。サラと再会して心がひかれた二人は女王の嫉妬を懸念して別れる決意をする。女王は恋人を救おうとするが、デヴェリューの心変わりの証拠を握って激怒する。復讐心に燃えたエリザべッタは彼を処刑する英国議会の議長ノッティンガム公爵の決定書の到着を待って署名する。処刑の瞬間を目前に女王の心は揺れる。ロンドン塔内に収監されている恋人から彼に贈った指輪が届いたら愛の証として処刑中止の命令を出そうとしていたが、時すでに遅かった。

女王エリザべッタ役を熱演したラドヴァノフスキーはMET出演200回を迎えた大歌手のようである。最初から最後まで大部分怒りに溢れ高音域で威厳のある姿で歌い続ける姿は歌唱力、演技力ともに素晴らしい。心の痛みや自尊心をを巧みに表現していた。年老いて歩くのも不自由な身でありながら復讐心に炎がついた恐ろしいまでの女心で歌い上げる。その堂々たる演唱は物凄い迫力で全幕を通して続いた。
サラ役のガランチャは今まで何回か聴いたラトヴィア出身の人気の高いメゾ・ソプラノ歌手。美しい誰からも愛される人柄の役を懸命に演じた。高音域のベルカント唱法で“のどを痛めないように”と気を付けていたようである。
デヴェリュー役のポランザーニは以前聴いたことのある歌手(*多分《ランメルモールのルチア》)だったと思うが、ベルカント唱法での魅力的な歌声の持ち主。地位のため、愛のため、友人のためにと好人物だが3人の登場人物の板挟みになって誤解される役回りだった。イリノイ州出身のアメリカ人歌手ではないかと思った。
グヴィエチェンはポーランド出身と聞いて思い出したが《エフゲニー・オネーギン》で観た。彼の演技力、歌唱力は共に安定している。特に、友人を救おうとして女王を懸命に説得したが、妻の不貞の証拠を見て復讐心が燃え上がった時からの演唱に凄みがあった。

4人共にベルカント唱法のイタリア・オペラで主役と言える贅沢なキャストはMETならではである。お互いの息があって、合唱も素晴らしかった。聴きなれた有名なアリアは無いオペラのようであるが、聴かせどころが沢山あって、観客が歌唱の終わりに拍手をしやすい場面が多くてホールが盛り上がっているようであった。オーケストラもドラマティックな演奏が多くて魅力的だった。指揮はベニーニ、演出はマクヴィカー。舞台は一見豪華だが、場の展開で大きな変化はなく奥行きの広さを巧みに生かした演出。室内楽的雰囲気のようだった。

※男女の三角関係を描いたオペラの定番だが、女王の復讐のストーリーにいささか驚きを禁じ得なかった。先日、アカデミー賞監督賞、主演男優賞、撮影賞を獲得したアメリカ映画「レヴェナント」を観たが、壮絶な復讐劇だった。“復讐”の恐ろしさが人間の中に潜んでいる一面を日本で起きる最近の事件と重ねあってしまった。自制心が効かないような精神状態に陥って事件が起きる現代の世も恐ろしく感じる。人という漢字の作りの支え合う大切さが身に染みる。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR