METライブビューイング2015-16 第7作《マノン・レスコー》

今シーズンのMETビューイングは第1作から健康上の理由で見逃し続けた。第4作《ルル》は鑑賞できたが、その後も体調が悪くて残念な思いをしてきた。昨日は何とか歩行の痛みが和らいで会場に出かけた。

2011-12シーズン第10作『マスネ作マノン』はネトレプコ&ペチャワ共演で観賞していた。今回は『プッチーニ作マノン・レスコー』でカウフマンの出演を楽しみにしていた。健康上の理由でお目当ての歌手は降板したがオポライスの演唱も期待していた。

プッチーニのオペラは《ボエーム》、《トスカ》、《蝶々夫人》の上演回数と比較すると、《マノン・レスコー》の上演頻度は低いようである。1893年初演のこのオペラは大成功を収めてプッチーニの出世作tと言われる。(*マスネの同作品は1884年初演)
二人のオペラ作品はアべ・プレヴォ―の長編小説を基にしてオペラ化された。(*小説の題名は「騎士デ・グリューとマノン・レスコーの物語」。)

1940年代のフランスを舞台にしたリチャード・エアによる新演出。イタリア語上演。全4幕。
小悪魔マノンをめぐる官能的な悲劇がドラマティックな音楽を背景にして描かれた。1941年、享楽的性格のせいで修道院に入ることになった美少女マノンはその道中にアミアンの町で青年デ・グリューと恋に落ち、二人は駆け落ちする。しかし、デ・グリューとの貧乏生活に耐えられなくなったマノンは3ヶ月後には裕福な大蔵大臣ジェロントの愛人となり、パリで贅沢な生活をしている。デ・グリューは彼女を探し出し、説得する。ジェロントが現れて現場を見つけて激怒する。直ちに彼の命を受けた憲兵に捕らえられて彼女は追放され流刑の身となる。そんなマノンを追いかけてデ・グリューは彼女と同じ船に乗り込んで地の果てまで同行する。たどり着いた廃墟の地で彼の腕に抱かれてマノンは息絶える。

男たちを破滅させる女を描いたロマン主義の文学作品として知られる「マノン・レスコー」。マノン役のラトヴィア出身の歌姫クリスティーヌ・オポライスのスピント・ソプラノの歌声は彼女の美貌とともに全幕で圧倒的な魅力を発していた。ヨーロッパの歌劇場でヨナス・カウフマンとの共演は名コンビとされていたようである。全幕を通しての容姿、特に第1幕と第2幕で異なった美しさを見せた。第2幕でのビーズをちりばめたピンクのドレスが官能的で本人もインタヴューで“マリリン・モンローになったような気分”と語っていた。

急遽、代役を務めることになったロベルト・アラーニャ。1日12時間の猛練習で初めてのデ・グリュー役に万全の備えをしたと言う。第1幕終盤でのアリア“僕は今までこのように美しい乙女を見たことがない”の熱唱は素晴らしかった。高音で伸びやかな歌唱は圧巻だった。第2幕の愛の二重唱も見せ場となった。長身でハンサムなカウフマンに比べ、ずんぐりとして若々しい青年とは見えぬ容貌だが、マノンを愛する一途なひたむきさが素晴らしい歌唱とともに心に響いた。

第4幕最後の幕切れの二重唱の絶唱“ひとり寂しく”に感動。エンデイングも良かった。2大歌手の演唱の素晴らしさが好印象だったのは言うまでもないが、首席指揮者ファビオ・ルイージ率いるオーケストラの演奏がオペラを引き立てた。新演出はとかく新しさを求めて世間離れしてしまう印象を受ける場合があるが、今回の演出は見事だと思った。間奏曲をはじめ全幕を通してプッチーニの美しい魅力あふれる音楽に包まれて期待以上に楽しめたMETビューィングとなった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR