河村尚子ピアノリサイタル

歩行困難のため昨日の札響定期2月公演は妻に行ってもらった。ポンマー指揮による珍しいプログラムは各楽器の興味津々の演奏で面白かったという感想であった。
本日の演奏会は〈オール・ショパン・プログラム〉で楽しみにしていたのでキャンセルせずに出かけた。往きは何とか地下鉄駅まで歩いて出かけることにしたが、妻が心配してKitaraまで同行してくれた。少々驚いたが好意に応えることにした。

2016年2月21日(日) 開演13:00  札幌コンサートホールKitara大ホール

  4つのマズルカ 作品41
  ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品25
  24の前奏曲 作品28

河村尚子のコンサートは今回が4回目。11年と15年が札響との共演、14年のリサイタルはKitara小ホールでの公演、今回は大ホールでの本格的なデビュー。彼女はドイツを拠点として活動してヨーロッパ各地のオーケストラと共演、音楽祭にも参加して海外での実績を積んできた。日本での活動も増えて、現在の日本のクラシック界に新風を吹き込んでいる旬なピアニスト。

今回のプログラムが「オール・ショパン・プログラム」とあって、少々意外な感じもした。彼女の幅広いレパートリーから判断するとドイツものを中心とした選曲を予想した。前回のリサイタルの折に「ショパン:バラ―ド全曲」と「リストの編曲もの」のCDを購入したので、どんな曲がプログラミングがなされても基本的には驚くことではないのだが、彼女の経歴から勝手に推し量っただけである。

ポーランドの民族舞踊に基づいたポロネーズ、マズルカの中でポロネーズの方が華やかな曲が多く、素人には親しみやすい曲が結構ある。約60曲もあるマズルカは大部分が小品で、ピアニストやピアノ学習者は別にして、私などの素人にはメロディが心に残らない。ショパンならではのマズルカで鑑賞価値が高い作品が多いのだろうが、曲が短すぎてメロディが頭に残らない。50年前に録音されたルービンシュタインの2枚収録のCDで聴いているのだが未だその良さが充分に伝わってこない。
作品41も1曲1分~3分程度でそれほど印象に残らなかった。ワルツとは違ってポーランド民族の精神性も表現しているのだろう。

久しぶりで聴く「ピアノ・ソナタ第2番」は味わい深い。第3楽章の“葬送行進曲”の暗く悲しい旋律のほかに、全体的に幅広い表現が込められていて聴きごたえがある。名曲中の名曲と言えよう。
やはり聴きなれた曲に対する観客の反応は確かである。ブラヴォーの掛け声とともに万雷の拍手が起こった。

後半は「24の前奏曲」で始まったが、24曲全曲が演奏される機会は珍しい。バッハの「平均律クラヴィーア曲集」が念頭にあって作曲されたらしい。24の調をすべて用いて書かれた前奏曲といっても音楽理論の基礎がない私には詳細は解らない。専門家には魅力ある作品なのだろう。「第15番 雨だれ」は演奏機会が多いので親しんでいる。「第7番」、「第24番」も耳慣れたメロディが奏でられた。キーシンとアルゲリッチのCDで聴いているが、「雨だれ」は5分程度の曲だが、他は1・2分の曲で良さが解らないのが正直なところである。
河村の演奏の様子を観ていると、それぞれの曲に特徴があって、巧みな演奏テクニックが生かされているように見えた。多彩なピアニズムが表現されているのが、手の動きでも解った。CDで聞き流している時とは違った曲の鑑賞が出来たことは確かである。5月のユンディ・リのリサイタルの曲目にもなっているので、少し集中して曲に親しんでみようと思う。
 
ショパンは前奏曲を26曲は書き残している。単独で1841年に発表された作品48とショパンの遺作として1918年に出版された「変イ長調」。河村は1階席と2階正面のCB席を埋めた700名ほどの聴衆から心のこもった拍手を浴びた。声援に応えてアンコール曲を披露する前に丁寧な挨拶と話をしたが、はっきりと聴き取れないのが残念だった。綺麗な透き通る声だったが私の耳もかなり悪化しているようだ。
アンコール曲は2曲。「ショパン:前奏曲 変イ長調 遺作」と「ショパン:24の前奏曲 作品28から 第17番 変イ長調」。

帰りは大事をとってタクシー・地下鉄電車・タクシーと乗り継いで無事帰宅した。脚の痛みは相変わらずで、先日のコンサート会場で出会ったボランテイア仲間から紹介されて予約を取った整体師に診てもらうつもりである。次のコンサートまで2週間ほどあるので何とか目処がつくことを願っている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR