樫本大進&コンスタンチン・リフシッツ

樫本とリフシッツのデュオを聴くのは2002年、2014年に続いて3回目。
今日の午前は心臓病の最終チェックの日。脚の痛みが心臓病と関係がないか、症状を看護師に予め伝えて主治医の診察の前に胸部X線、心電図や両脚全体のエコー検査などの結果、内科の観点からは異常なしと診断された。一安心ではあったが、脚の痛みは間断なく続いている。整形外科に通うことになるだろう。
今日は2月に入って初めてのコンサート鑑賞となったが無理をしてタクシー・地下鉄・タクシーを乗り継いで会場にたどり着いた。9月にチケットを購入していたので聴き逃したくなかった。

2016年2月16日(火) 開演19:00  札幌コンサートホールKitara大ホール

〈Program〉
 ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第7番 ハ短調 Op.30-2
 ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.100
 プロコフィエフ:ヴァイオリン・ソナタ第1番 ヘ短調 Op.80

樫本とリフシッツの《ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ全集》は2年前に買い求めていた。前回は第4番、第10番を聴いた。今回の「第7番」は数回聴いただけだったが、とても親しめる曲。コンサートでは初めて聴いたと思うが、二人の丁々発止で奏でられる4楽章構成の曲を1階正面の席から存分に楽しんだ。「春」や「クロイツェル」ほど有名ではないが、タイトルがついていると人気曲になる感じがした。

前回はブラームスの第1番。今晩は「第2番」。ブラームスのヴァイオリン・ソナタに親しむようになってから日が浅い。3年前のムターのコンサートで買った彼女のサイン入りのCDで聴くブラームスはこの上なく美しい。ロンドンで生まれ少年時代をドイツで過ごした樫本とウクライナ生まれのリフシッツは互いにドイツ語で会話を交わす間柄のようである。ドイツの作曲家の曲目が中心になるのは当然だろうと思った。ブラームスの叙情味あふれる作品がヴァイオリンとピアノの対話を通して実に美しくホールに響き渡った。

プロコフィエフ(1891-1953)のヴァイオリン曲が演奏される機会は極めて少ない。手元にシゲティ演奏の「ヴァイオリン・ソナタ第1番」のCDがあって、コンサート前に2度ほど聴いてみた。集中力が足りないのか、1・2度耳にしたくらいではよく分らない。プロコフィエフは1917年のロシア革命の年にソヴィエトを脱出してアメリカに亡命した。旅の途中で日本に立ち寄った話は良く知られている。十年ほどして祖国に帰国してから書いた曲で「ピーターと狼」は彼の最も有名な作品として親しまれている。(*小澤征爾の指揮とナレーションでボストン響のCDを度々聴いたのを思い出す。)
演奏曲として珍しい曲を聴くのもコンサートの楽しみである。聴きなれない曲を生演奏で聴くとCDとはとても違った印象を受ける。現代音楽作曲家として新しい音楽を作り出したプロコフィエフ独特の雰囲気を持つ曲。1938年に書き始めた曲が完成したのが1946年というから、共産主義社会でソヴィエト政府と自分の目指す音楽の狭間で生まれた作品と言えよう。
厳粛な第1楽章、力強い第2楽章、瞑想的でリリシズムを湛えた第3楽章、拍子が目まぐるしく変化して民族舞曲風のフィナーレへ。

それぞれの音楽性や性格が融合して生まれる音楽の何と美しいことか。それぞれのリサイタルとは違う雰囲気を楽しめるデュオを心行くまで堪能できたコンサートであった。

アンコール曲は《バッハ:ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ BWV1019遺稿より 「カンタービレ・マ・ウン・ポコ・アダージョ」》。

今回の日本公演は福岡で始まり、宮崎、大津、東京、所沢、札幌、大阪と続いて最終公演が19日の横浜。
 
今夜は往復ともに地下鉄とタクシーを利用して無理をしたが、明日のペレーニのチェロ・リサイタルは無理はできない。多分、コンサートは断念することになるだろう。








 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR