METライブビューイング2015-2016 第4作 ベルク《ルル》

METライブ・ビューイングは近年は毎年5作品ほどは鑑賞してきた。今シーズンの初めには鑑賞スケジュールを手帳に書き込んでいたが、残念ながら病気入院などで第1作から第3作までは上映劇場に足を運べなかった。

シェーンベルク楽派(=新ウィーン楽派)アルバン・ベルク(1885-1935)によるオペラ作品で耳にしたことがあるのは《ヴォツェック》のみ。題名だけで中身はほとんど知らない。今回の作品名は初めて聞いた。都合をつけて観ることに決めてチラシの出演者の名を見た時に以前コンサートで聴いたソプラノ歌手の名に気づいた。
彼女の名はMarlis Petersen。3年半前のPacific Music Festival 2012にボーカル・アカデミー生の教授陣として音楽祭に参加して、《マリス・ペーターゼン&ロベルト・セルヴィーレ デュオリサイタル》をKitara大ホールで開いてくれた。素晴らしい歌声を堪能した記憶が今も鮮明に脳裏に焼き付いている。1階5列の中央席あたりから聴いていて、終了後にめったに口にすることのない単語“BRAVA!”、“BRAVI!”と叫んでいた。およそ15分にわたるオペラの場面における二人の熱唱は感動的で、その時のことをフェイスブックに書いた思い出もある。(*その頃はブログは書き始めていなかった。)この時のピアノ伴奏が当時のPMF芸術監督ファビオ・ルイジだったことにも驚いたものである。

そんな記憶も蘇って《LULU》の鑑賞意欲も高まった。病後の体調回復もほぼ順調で15、16日のKitaraボランテイア活動を行なって翌日曜日のオペラ鑑賞に備えてチケットを購入しておいた。あまりポピュラーな演目ではないにもかかわらず、当日は約100席の座席の半分は埋まっていた。

当時の音楽界で最も前衛的作曲家のベルクは師シェーンベルクやウェーベルンとともに無調音楽および十二音技法の開拓で新しいクラシック音楽の分野に取り組んでいた。ベルクの作品は「ヴァイオリン協奏曲」のCDを所有していて、ジュゼッペ・シノーポリ指揮ドレスデン・シュターカペレ&渡辺玲子の演奏を数回耳にした程度でこの曲の良さは未だ十分に理解していない。

《ルル》は1935年の作で舞台は当時のドイツでドイツ語上演。3幕もので上映時間は約4時間。魔性の女ルルをめぐる壮絶な愛憎劇で現代にも通じる問題作。個人的に好みの作ではなかった。音楽がリズムに乗る明るい曲でもなく、アリアといえるような名曲が出てくるわけでもない。セリフが中心で、歌手がメロディに乗せて歌うのが極めて難しい。この特殊なオペラを歌いこなす歌手は限られてきそうな感じがする。

マルリース・ペーターセン(*今回の日本語での表記名)はドイツ生まれ。リリック・コロラトゥーラの声質を持ち、バロックから現代音楽まで幅広いレパートリーをこなすと評価が高い。「ルル」は彼女の国際舞台への足掛かりとなった「はまり役」で、今回の上演を最後にしてこの演目から降りるとのこと。超絶技巧の歌唱力と深い演技力を併せ持った余人が成し難い役どころ。

バス・バリトンのヨハン・ロイターはデンマーク出身でヨーロパの歌劇場でも経験済みの役どころで貫禄十分。アメリカ出身の若いダニエル・ブレンナのヘルデン・テノールの圧倒的歌声は魅力的で新鮮なMETデビューを飾った。メゾ・ソプラノのスーザン・グラハムは経験豊富な堂々とした役回り。

指揮はレヴァインに代わってローター・ケー二クス。初めて名を聞く指揮者。オペラが始まると、3年前に観たショスタコーヴィチの《鼻》を思い出した。演出が同じケントリッジで画家の肖像画や書道の分野の手法を用い、映像をふんだんに用いていた。舞台上映が困難な作品での工夫だろう。出演者の心理描写が特に難しいと思った。

語りが多くてアリアが殆どなく、音楽も難しい。盛り上がる個所も少なく、メトロポリタン歌劇場の広いステージの雰囲気も味わえなかった。演目の面でやむを得なかった。
シェーンベルクやベルクの音楽は繰り返して聴かないと個人的には鑑賞が難しい音楽という先入観が未だ抜けない。繰り返して彼らの音楽を聴いて特徴を把握して理解を深めるほかないのだろうと思った。

数年前にKitaraのステージに登場し、現在も世界のオペラ劇場で活躍している歌手をMETビューイングで観ることのできた喜びは大きかった。札幌公演前にその偉大さが判っている場合とのギャップを感じた。鑑賞時の高揚感が断然違うのである。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR