ヴァイオリンXチェロ=“クラシックはおもしろい?!”

〈KitaraランチタイムコンサートⅠ〉

三上亮(元札響コンサートマスター)と市寛也(N響チェロ奏者)のお話付きコンサート

2015年10月6日(火)13:00開演 札幌コンサートホールKitara小ホール

〈プログラム〉
 エルガー:愛の挨拶 作品12
 ドヴォルジャーク(クライスラー編曲):8つのユモレスク 作品101 B.187
                             第7番 変ト長調
 ヘンデル(ハルヴォルセン編曲):パッサカリア
 J.S.バッハ:「2声のインヴェンション」より
           第1番、第4番、第8番、第13番
 リムスキー=コルサコフ:熊蜂の飛行
 サン=サーンス:「動物の謝肉祭」より “白鳥”
 マスカーニ:歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」より 間奏曲
 ピアソラ:リベルタンゴ

上記の作品の演奏時間は35分程度でトークを入れながら1時間のコンサート。今から約半年前の4月27日にザ・ルーテルホールを会場にして「三上亮&金子鈴太郎デュオ・リサイタル」が行なわれた。ヴァイオリンとチェロの組み合わせなので、プログラムは似たようなものになる。ただ、そのコンサートにはピアニストが加わって「チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲」の演奏があった。その時は、その曲が目当てで聴きに行っていた。

そのコンサートではチェリストの金子がトークが得意ということで進行役を務めた。今回は三上が進行役。
最初の「愛の挨拶」は前回はトリオでの演奏。原曲はピアノ曲だがエルガーはオーケストラ用にも編曲した。ヴァイオリンやチェロのためにも編曲されて親しまれている。エルガーの妻アリスは9歳年上で作家でもあったが、結婚後は献身的に夫に尽くし、彼を支えた。妻の亡き後に彼女との婚約記念に書いたのがこの作品。爽やかな美しさをたたえた優しさに溢れた曲。

「ユモレスク」はアンコール・ピースとして耳にする機会が多い。「パッサカリア」は前回のアンコール曲だった。原曲のヴィオラをチェロに換えての演奏。N響のチェロ奏者の市寛也(8月31日のN響札幌公演に出演)はチェロでの演奏は難しいと答えていた。しばしば耳にするメロディでバロック音楽の雰囲気が出ていた。
バッハの「インヴェンション」はピアノ学習者には馴染みの曲で、全部で15曲あるが、そのうち時間の関係で4曲のみ演奏と話があったが、自分にとってそれほど親しのある曲ではなかった。ピアノの右手をヴァイオリン、左手をチェロが担当と説明があったが、ピアノは習ったことは無く余りピンとこなかった。

「熊蜂の飛行」では演奏のテンポに工夫が凝らされて、解りやすい説明があった。最初チェロにテンポを遅くして演奏させて、ヴァイオリンが見本を示し、再度チェロが速いテンポで一部を演奏し直して、テンポの大切さを伝えた。
「白鳥」はチェロの演奏で親しまれているが、ヴァイオリンが旋律を奏でチェロが伴奏。ヴァイオリンとチェロの融合を試みたと言う。
オーケストラ曲の「マスカーニ:間奏曲」では美しい調べがホールに流れた。

最後のピアソラ「リベルタンゴ」はヨーヨー・マの名演奏が話題となって広まったらしい。

約4年前にN響チェロ奏者になった市(Ichi)に若返ったオーケストラメンバーの状況を聞き出していたが、何となくぎこちない進行役。三上のヴァイオリン演奏には惹かれるがトークは慣れつつあるとはいえ得意ではなさそうである。ホール事務局から依頼されたランチの勧めと次回以降のコンサートの聴衆へのコマーシャルにも少々違和感があった。(これは全く個人的な感想である。)

アンコールに応えて「モンテイ:チャールダーシュ」と言って演奏を始めたが、途中から客席から笑いが、、、。共演者は違うが、メロディがいつの間にか日本で流行った演歌「津軽海峡冬景色」に変わった。半年前と同じ、演奏自体は素晴らしいが、各地で笑いを取る工夫をしているらしい。反応は人それぞれだろうが、今回のコンサートの流れは自分の好みには合わないと思ったのが正直な感想。今回は普通のコンサートと違ってホールの支援があっての低料金でのコンサートだったので、欲は言えない気もした。

低料金で40分程度のミニ・コンサートは歓迎。ランチタイム・コンサートは12時前後が望ましい。ランチの時間が2時過ぎになるのは一般的ではない気がする。個人の好みによるが、コンサートは余計なトークは無い方が良い。(最低限の曲の解説だけで良い。)

三上亮は2007年から11年まで4年間、札響コンマスを務めた後、室内楽を中心として全国各地で幅広い活動を展開していて人気のヴァイオリニストである。単音しか出せないヴァイオリンやチェロで演奏会を開くのは曲も限られているので難しいと思う。三上は新しいことに挑戦しているのではないかという気がする。今後の一層の活躍を期待したい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR