郷古 廉&津田裕也 デュオ・リサイタル

《若い二人の感性が織りなすソナタの世界》

六花亭札幌本店「ふきのとうホール」のオープンを祝うフェスティバル(2015.7.5~7.31)で日本の若手演奏家二人がデュオを組んでの登場!

郷古廉は2006年メニューイン青少年国際ヴァイオリンコンクール・ジュニア部門で史上最年少優勝を飾り、津田裕也は2007年仙台国際音楽コンクールピアノ部門で優勝して話題を集めた。二人は将来を嘱望される日本の若手演奏家である。

郷古廉(Sunao Goko)は1993年、宮城県多賀城市生まれ。99年桐朋学園子どものための音楽教室仙台分室に入室。04年全日本学生音楽コンクール全国大会・小学校の部第1位。06年メニューイン・コンクール・ジュニア部門優勝以来、フランス国立リール管と共演し、同年初リサイタルを開催。これまで新日本フィル、読響、仙台フィル、アンサンブル金沢と共演を重ね、12年9月には札響定期で「ブラームス:ヴァイオリン協奏曲」を弾いてKitara初登場。国内外の音楽祭でジャン・ジャック・カントロフ、アナ・チュマチェンコらのマスタークラスを受け、サイトウ・キネン・フェスティバル松本にも11年より出演。13年8月、ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリン・コンクール優勝。(*この情報を得て直ぐツィッターでつぶやいた)。12年よりウィ-ン私立音楽大学に留学中。
使用楽器は1682年製アントニオ・ストラディヴァリウス(Banat)(*個人の所有者の厚意による貸与)。

津田裕也(Yuya Tsuda)は1982年、仙台市生まれ。01年、第70回日本音楽コンクール・ピアノ部門第3位。05年、東京藝術大学を首席で卒業。同大学院修士課程を首席で修了。07年仙台国際コンクール優勝後、東京・仙台・新潟でソロ・リサイタルを開催。09年からデュオ、トリオを結成しての室内音楽活動にも積極的に取り組む。11年、ベルリン芸術大学を最優秀の成績で卒業し、ドイツ国家演奏家資格を取得。11年ミュンヘン国際コンクール特別賞受賞。ソリストとしてベルリン響、ドイツ室内響などの海外オーケストラのほか、国内主要オーケストラと共演。ベルリン在住。

2015年7月14日(火) 開演時間 19:00  ふきのとうホール

〈プログラム〉
 ヴェーベルン:4つの小品 作品7
 シューベルト:ヴァイオリンソナタ イ長調 D.574
 J.S.バッハ:ヴァイオリンとハープシコードのためのソナタ 第1番
 プロコフィエフ:ヴァイオリンソナタ 第1番 ヘ短調 作品80

ヴァイオリン協奏曲はCDをかなり所持しているが、ヴァイオリン・ソナタはモーツァルト、ベートーヴェン、ブラームスを除いては余り持っていない。コンサート鑑賞も続き、病院通いも重なって、聴き慣れない曲をコンサートの前にCDで聴いて親しむ時間的余裕もなかった。演奏曲目のCDは手元に無いと思っていたらバッハとプロコフィエフは所有しているのが後で判った。

ヴェーベルン(1883-1945)はシェ―ンベルクやベルクと並ぶ新ウィ-ン音楽派の作曲家。前衛的な作風で知られているが、東京クヮルテットの演奏会でアンコール曲にヴェーベルンの弦楽四重奏曲の一部を聴いてその抒情的旋律を意外だと思ったことがある。
本日、曲のイントロダクションで最初の音が奏でられた時には20世紀前半の前衛的な作風が感じ取れた。同時に美しい旋律も味わえて、とにかく特徴のある作曲家として位置づけられるのが判った気がした。

シューベルト(1797-1828)のヴァイオリン曲は全く聴いたことが無いと思う。1816年に3つのヴァイオリン・ソナタを作曲。イ長調の作品は1817年作曲で4楽章構成。少年期の作品ではあるが創作力が旺盛であった時期を彷彿とさせる。

前半2曲は休まずに続けて演奏された。ヴェーベルンの作品の演奏終了後に、やや間があったのだが、拍手のタイミングを逸した感じ。曲調が明らかに変わったのだが、演奏者は予め用意された楽譜もあり、集中力を途切らせたくなかったように思われた。シューベルトの曲は第4番に相当するようだが、アレグロ・モデラート、プレスト、アンダンティノから終楽章アレグロ・ヴィヴァ―チェへ向かうフィナーレは新鮮であった。

若い二人の演奏に引き込まれた聴衆は、15分休憩の案内があって一瞬ビックリした様子。それなりに切れ目のある小品が8曲も演奏されたわけではなかった。2作品が連続して演奏されたことに直ぐ気付いた。

バッハ(1685-1750)のヴァイオリン・ソナタはBWV.1014~BWV.1019をフランク・ペーター・ツィンマーマンが弾くCDを所有しているが、無伴奏ヴァイオリン・ソナタほど聴き慣れていない。バッハの時代はチェンバロだったから、ピアノとは雰囲気がかなり違った印象を持っている。しばらく聴いていないので、第1番ロ短調BWV.1014と同じ作品だったのか確かめないと判らない。

プロコフィエフ(1891-1953)のヴァイオリン協奏曲が手元にあるのは知っていたが、ソナタも2曲同じCDに入っていることは忘れていた。2・3度聴いたことがあるのだろうが、実演で聴いたことが無いと耳だけの印象では余り覚えていないものである。郷古廉の超絶技巧の連続と言っても良い力強い演奏には驚かされた。身体全体を揺り動かしてエネルギーを使う迫力ある演奏に引き込まれた。
プロコフィエフはロシア革命の折に祖国を離れ、35年にソ連に帰国した。ヴァイオリン・ソナタ2曲は復帰後に社会主義リアリズムを意識して書かれた作品。第1番は作曲(1938-46)後の初演はオイストラフとオボーリン。ヴァイオリンの持つ特性が発揮された曲で、初演を行なったオイストラフに献呈された。現在では、親しみ易い第2番の演奏機会が多いと言われる(*第2番の原曲はフルート・ソナタ。第1番が超難曲というのも一因かもしれない)。

郷古廉の演奏は札響と共演した時と状況は違うが、集客力を意識しなくても済むコンサート(六花亭札幌本店「ふきのとうホール」オープニング・フェスティバル期間中の25回のコンサートすべてのチケットは完売)で思い通りのプログラムによるリサイタルになったのではないだろうか。津田裕也のピアノも高度の技術を駆使してコンサートの魅力を増した。

若手の演奏家のコンサートで比較的に若い聴衆、特に女性が目立ったが、帰り支度を急ぐ人もいて結果的にアンコールは1曲のみ。「クライスラー:愛の悲しみ」。(*もう1曲「パラディス:シチリアーノ」を用意していたらしい。)

ホールの運営で要望したいこともあるが、今月の実施状況を参考にしてより良いホールつくりを目指してほしい。

※ふきのとうホールのコンサートに来週は3回通う。明日からPMFも本格的にスタートする。15日、17日、18日とPMFベルリン演奏会、PMFウィ-ン演奏会、PMFオーケストラ演奏会が続く。ひと月前から持病の脊柱管狭窄症の症状が出て、この1週間は歩行に支障が出てきた。時々襲われる痛みを抑えながら何とかコンサート会場に通っている。今月は時計台のボランティア活動を休んで、体調を整えて予定のコンサート鑑賞を楽しんでいる。コンサート会場では音楽に浸り心身ともにリフレッシュできるのが薬である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR