ふきのとうホールの誕生

2015年7月5日の今日、札幌駅近くの六花亭札幌本店(札幌市北4条西6丁目)に「ふきのとうホール」がオープンした。10階建てビルの6階~8階がコンサートホールとなる。音響技術の粋を極めた本格的なコンサートホールとなる。221席と小さな室内楽専用ホールであるが、舞台は広くて独奏から室内オーケストラまで多種多様な編成の演奏が楽しめる。とにかく札幌駅から会場まで地下通路が使えて便利な場所に位置する。
ホールには音楽監督を置き、弦楽四重奏とピアノ三重奏の若手グループをふきのとうホール・レジデンスアンサンブルとして迎える。

7月5日の杮落しコンサートはウィ-ン・フィルのコンサートマスター、R.ホーネックと神戸市室内合奏団を迎えてスタートした。7月5日~7月31日までオープニング・フェスティバルとして殆ど毎日のように25回のコンサートが開催される。杮落しコンサートはチケット発売早々完売となった。魅力あるコンサートが盛り沢山で私は一月末に6種類のコンサートのチケットを購入していた。
1ヶ月に亘るオープニング・フェスティバルは壮大なプロジェクトであると思う。オープニングを迎える前に7月のチケットは全て完売。

ふきのとうホールでのコンサート・シリーズは9月からスタートする。

※音楽監督:岡山 潔
 岡山潔は東京藝術大学大学院修了後、ドイツ政府給費生としてハンブルク音楽大学に学ぶ。1971~84年、ボンのベートーヴェン・ハレ管弦楽団の第1コンサートマスターを務め、その間に各地でソリストや室内楽奏者として活躍。1984年ドイツ政府より功労十字勲章授与。同年、読響の第1コンサートマスターに就任。これまでにJTが育てるアンサンブルシリーズやアフィニス音楽祭音楽監督を歴任。現在は神戸市室内合奏団の音楽監督。リゾナーレ音楽祭、真駒内六花亭ホールなどのプロデュ―スなどでも意欲的な活動を展開している。 東京藝術大学名誉教授、ウィ-ン音楽演劇大学客員教授。

※レジデンスアンサンブル
 クァルテット・ベルリン・トウキョウ(Quartet Berlin-Tokyo)
ゼッパール・トリオ(Sepperl Trio)
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR