Kitaraのバースディ 18th Anniversary ~オルガン&ヴァイオリン&コーラス~

オルガン、ヴァイオリン、合唱の共演で祝うKitara18回目のバースディ

2015年7月4日(土) 15:00開演  札幌コンサートホールKitara 大ホール

オルガン/ マリア・マグダレナ・カチョル(第15代札幌コンサートホール専属オルガニスト)
ヴァイオリン/大平まゆみ(札幌交響楽団コンサートマスター)
合唱/札幌市立琴似中学校、手稲東中学校、西野中学校、北陽中学校

[Program]
〈オルガンソロ〉
 J.S.バッハ:前奏曲とフーガ ハ長調 BWV545
 ベートーヴェン:オルガン・トリオ第1番 ト短調
         笛時計のための5曲WoO33より メヌエット:アレグレット、アレグロ
 ハチャトゥリアン/カチョル編曲:バレエ音楽「ガイ-ヌ」より ワルツ
〈合唱とオルガン〉
 モーツァルト:モテット「アヴェ・ヴェルム・コルプス」 K..618
 木下牧子作曲/三好達治作詞:鷗
〈合唱とピアノ〉
 寺島尚彦:さとうきび畑
 中島みゆき/田中達也編曲:麦の唄
〈ヴァイオリンとオルガン〉
 ハチャトゥリアン/カチョル編曲:バレエ音楽「ガイ―ヌ」序曲
                バレエ音楽「ガイ-ヌ」より ヌーネとカレンの踊り
 ラフマニノフ:14の歌曲 作品34より ヴォカリーズ
 ガ―シュウィン:3つの前奏曲
 ヴエーバー:聖なるミサよりべネディクトゥス
 サラサーテ:ツィゴイネルワイゼン 作品20
 シュタム:谷と丘の向こうに
 ハキム:奇想曲
〈ヴァイオリンと合唱とオルガン〉
 J.S.バッハ:カンタータ「心と口と行いと生活で」BWV147より コラール「主よ、人の望みの喜びよ」

マグダレナ・カチョルは2012年9月~2013年8月、Kitaraのオルガニストを務め、札幌だけでなく東京、京都などを含めて積極的な活動を展開したポーランド出身のオルガニスト。帰国後、ポーランド各地の演奏会に出演し、オランダ・フランス・イタリア・リトアニアなどの音楽祭にも参加しており、2年ぶりに来札した。任期中の「オルガン・サマーナイト・コンサート」で札響コンサートマスター大平まゆみと共演してお互いに意気投合。昨年3月にはルクセンブルグの教会で一緒にCD録音を行なったというほどの音楽仲間。

カチョルはKitaraのオルガンの音色の豊かさを存分に生かした幅広い演奏を繰り広げた。編曲も得意で聴衆の心を掴むプログラムを随所に見せた。ガ―シュウィンの曲はオルガンで演奏するのは難しいようだが敢えてチャレンジしたそうである。
任期中に中学生と共演する機会もあって今回のプログラムに合唱も加えたのではないかと思った。
約240名の合唱団は爽やかな歌声でレヴェルの高さを披露して大ホールを埋めた聴衆の拍手喝采を浴びた。

ヴァイオリンとオルガンの作品では聴き慣れた曲やメロディがホールに流れて、大平まゆみの人気もあって各曲の演奏後に拍手が起こり、アンコールの声も上がった。特に「ツィゴイネルワイゼン」は有名な作品で、弾きごたえのある長さの曲でヴァイオリニストの技量が発揮された。シュタムとハキムは初めて聞く作曲家の名前。現代曲なのだろうが、案外と親しめる作品。シュタムはカチョルが札幌にいた時に友人に彼の作品を勧められたと言う。彼女が帰国後に参加したドイツでのコンサートで彼に偶然会って、彼の作品を今回のプログラムに入れたそうである。

バッハの数多いカンタータの中で全10曲からなる第147番。第6曲と第10曲は同一曲だが歌詞を変えて歌われる。第10曲の歌詞の冒頭部分を取って呼ばれる作品。ピアノ曲や管弦楽曲としても親しまれている名曲。今回はヴァイオリン&合唱&オルガンの形式で美しい旋律が荘厳な曲となって聴衆の心に響いた。コンサートの最後を飾る感動的な演奏! ワン・コインで楽しめた素晴らしいコンサート。

1997年7月4日、札幌コンサートホール落成記念式典に参列してから、《Kitaraのバースディ》コンサートは「Kitara 開館5周年記念」、04年、06年、「Kitara開館10周年」、08年と鑑賞。前回は12年の「オリヴィエ・ラトリー・オルガンリサイタル」だったが、今回も印象に残る《Kitaraのバースディ》になった。17年7月4日の20周年記念プログラムが楽しみである。


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR