ミニコンサート(by 金子亜未)in Steinway Studio

昨日の午後は北海道教育大学岩見沢校の芸術・スポーツ文化学科の学生約30名を対象にしたKitara案内活動に携わった。小ホール・大ホール・楽屋を16:30~17:30の時間帯で8名のボランティアで対応。ビジネス専攻の必修講座の一環としての見学。5グループに分けて短い時間で効率的に案内。2008年に彼らを案内する活動に従事したことはあるが、小編成のグル―プに分けてより丁寧な対応に変わってきている。ただ、今回は午後2時から大ホールでコンサートがあったためだろうが、いつもは1時間半かける案内を1時間で行うことで要点を押さえて小ホール、大ホール、楽屋、ホアイエを案内。将来は芸術・スボーツ関係のビジネス分野で活躍しようとする意欲を持った学生なので熱心に学習していた。

この日は18:00から最後の職場を共にした同僚との年1回の会合もあって少々忙しい日程をこなした、翌28日は9:00~12:30まで時計台でのボランティア活動に従事した。(今回の時計台活動では特に印象に残る出来事があったが、別な機会に書いてみたい)。午後はミニコンサートとタイト・スケジュールになってしまった。

札響首席オーボエ奏者の金子亜未のミニリサイタルは是非聴いておきたかったので、何ヶ月も前から計画に入れていた。

2015年6月28日(日) 14:00~14:45  井関楽器札幌3F スタインウェイスタジオ

金子亜未(かねこ あみ)は1990年、千葉県出身。2012年東京芸術大学管打楽器科を首席で卒業。2010年、第79回日本音楽コンクールオーボエ部門第3位。第28回日本管打楽器コンクールオーボエ部門第1位。2012年7月、札幌交響楽団オーボエ首席奏者として入団。同10月、第10回国際オーボエコンクール軽井沢第2位(*日本人最高位)。
13年7月、札響夏の特別演奏会で「モーツァルト:オーボエ協奏曲」にソリストとして出演。室内楽で14年9月、弦楽三重奏団レイラと共演して「モーツァルト:オーボエ四重奏曲」などを演奏。3週間前の6月7日にはアマチュア・オーケストラの札幌シンフォニエッタと共演してモーツァルトのオーボエ協奏曲を含めセレナード、交響曲第40番などの演奏にも加わってアマチュアのレヴェル向上に貢献。
札響の公演では毎回ソロ・パートで聴衆を魅了する演奏を展開している逸材のオーボエ奏者。今回は彼女のソナタを初めて聴く機会を得た。

〈Program〉
 ドニゼッテイ(1797-1848)::ソナタ へ長調 op.50
 ヘンデル(1685-1759):ソナタ ト短調 Op.1-6 HWV364a
 ポンキエッリ(1834-1886)::カプリッチョ
 シューマン(1810-1856):アダージョとアレグロ 変イ長調 op.70

ドニゼッテイは「愛の妙薬」などオペラの作曲家として名高い。この「ソナタ」はオペラの雰囲気を持った曲の調べ。

ヘンデルの作品は原曲がヴァイオリン曲でオーボエ曲に編曲したものを演奏。金子亜未は小学生の時にオーボエを吹き始め、管弦楽に加わっていたと言う。高校で初めて演奏したソロがこのヘンデルの曲で印象深い作品として今回のプログラムに入れたと語った。高校の時は楽な気持ちで演奏したが、“話す方が緊張する”と今回の印象を述べた。

ポンキエッリはその名を初めて聞くが、演奏前にピアノで聴いた調べは何となく聞いたことがありそうな親しみのある曲。曲名も面白そう。オペラ「ジョコンダ」からの1曲という。

シューマンの曲名は何処かで聞いたことがある気がした。休みなく吹き続ける高難度の演奏曲に思えた。何となくシューマンらしい曲で聴くのは初めてではないと思った。帰宅してシューマンの作曲した記録を見たら、この曲が手持ちのCDにあることが判った。器楽曲で所有しているらしいが、直ぐには判らない。

オーボエはフルートと共に一段と美しい音を奏でる。あっという間の45分間。毎回、伴奏を担当する新堀聡子のピアノの腕も確かなものと感じる。満足感にみちたコンサートとなった。

PMFの折にウィ-ン・フィルのマルティン・ガブリエル(2002年)や宮本文昭のリサイタル(2006年)などでオーボエのソロは聴いたことがあったが、オーボエ奏者のリサイタルを聴く機会はめったに無い。
オーボエ奏者がリードを自作する話を金子が話したが、10年ほど前の宮本の話を覚えていて思い出した。こんな話を聞けるのも特別な機会ならではである。
サロンの雰囲気を持つコンサートの良さが味わえ、ソリストを身近に感じれるミニコンサートもKitaraとは違う楽しさがある。

アンコール曲は「ガブリエルのオーボエ」。ブログを書いていて気が付いたのであるが、上記のガブリエルと同一人物の曲かと、今、ふと思ってみた。確かなことは判らない。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR