カワイコンサート 中井恒仁 ピアノ・リサイタル

KAWAI CONCERT 2015 (第2230回)
2015年にカワイコンサートが日本国内で17回予定されているが今年度10回目のコンサート。14人のピアニストがリサイタルを開くが、札幌でのゲストが中井恒仁。以前から名前を知っていたピアニストで初めて聴く機会が出来た。

中井恒人(なかい のぶひと)は1969年、神奈川生まれ。東京藝術大学、同大学院、ミュンヘン音楽大学大学院、モーツァルテウム音楽大学で研鑚を積む。89年日本音楽コンクール第3位、ブラームス国際コンクール第2位、セニガリア国際コンクール第1位など受賞歴も多数。オーケストラとの共演も数多く、その他に夫人である武田美和子とのピアノ・デュオ、室内楽、音楽祭への参加など非常に幅広い活動を展開している。夫人とのブラームスピアノ作品集の評判が高い。

2015年6月18日(木) 19:00開演  札幌コンサートホールKitara小ホール

PROGRAM
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 作品27-2 「月光」
ブラームス:6つのピアノ小品集 作品118より
           1.間奏曲  2.間奏曲  3.ロマンス
       パガニーニの主題による変奏曲 作品35 第2集
ショパン:バラード 第1番 ト短調 作品23
      ノクターン 第20番 嬰ハ短調 遺作
      ポロネーズ 第6番 変イ長調 作品53 「英雄」 
リスト:愛の夢 第3番、 メフィスト・ワルツ 第1番

昨日の大ホールに続いて、小ホールでのコンサート。Kitaraがオープンする前の1997年4月のホール見学で電気代だけで1日30万円の費用が掛かるという説明を受けたのを記憶している。今回の改修工事で照明器具のLED化による節電効果は大きい。多様な照明演出が可能になる最新の照明操作卓も導入される。照明設備の他に音響設備がデジタル式に更新され、舞台機構で多様なステージ・セッテイングも可能となる。Kitaraの見た目は大きく変っていない。改修工事による変化は外観上は判らないと思う。“Seeing is believing.”という英語のことわざ通り、先ずは自分の目で確かめてみてはどうでしょう。

前半はドイツの巨星「ベートーヴェン」と「ブラームス」、後半は東欧で生まれパリで活躍した「ショパン」と「リスト」。この4人の作曲家は映画化された場面で登場している人物で、音楽が趣味でなくても殆どすべての人に知られている作曲家。

ベートーヴェンの曲は今更、言及の必要がない。ブラームス晩年のピアノ曲は私自身親しむようになってそれほどの月日が経っていない。クライバーンやアファナシェフのCDを持っていたが、2年前の田部京子の演奏会の折にブラームス・ピアノ小品集のCDを購入した。以前より演奏会でブラームスの小品集を聴く機会が増えた。作品116~119の20曲。ブラームスのピアノ作品は地味で華やかさに欠ける印象を受けがちだが、演奏頻度が高くなると彼の音楽の良さが解ってくる気がする。
「パガニーニの主題による変奏曲」は2000年第4回浜松国際音楽コンクールで優勝したガヴリリュクのCDで聴き親しんだ。変奏曲を得意としたブラームスが、パガニーニの「24のカプリ―ス」の第24番を主題として高度な技巧を散りばめた華やかなピアノ曲に仕上げた。

ドイツ物を得意として、特にブラームスの全曲シリーズで名を馳せた中井恒仁は、現在は桐朋学園大学准教授も務めているせいか、トークにも慣れているのか作曲家と作品の適切な説明を加えながら演奏を行なった。

ショパンは1810年ポーランド生まれ、リストは1811年ハンガリー生まれで、二人ともパリの社交界で華やかな活躍を繰り広げたピアニスト・作曲家。ショパンが作り上げた独特の雰囲気を持つ作品が続けて3曲演奏されたが、静かに名曲に聴き入るオーディエンスの姿が印象的でもあった。
リストの「愛の夢 第3番」は当初はソプラノ向けの歌曲として作曲されたが、後にピアノ独奏版に編曲してピアノ曲として有名。最後に演奏された「メフィスト・ワルツ 第1番」はアルゲリッチの演奏で聴き始めた頃からすると、今は聴き慣れてきた。ファウストが悪魔メフィストに魂を売ってしまうストーリー。超絶技巧の難曲で聴衆も鍵盤を動き回る運指に驚きの表情。

全力で弾き切って疲れも見えた様子だったが、アンコールが2曲。
「ショパン:幻想即興曲」、「ブラームス:インテルメッツォ Op.117-1」。

使用ピアノ/カワイフルコンサートピアノ SK-EK







関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR