METライブビューイング2014-15 第10作《カヴァレリア・ルスティカーナ》&《道化師》

今シーズン最後のMET Live Viewingはマスカー二《カヴァレリア・ルスティカーナ》とレオンカヴァッロ《道化師》の2本立て。両作品ともに新演出。イタリア語上演。これらのオペラのタイトルは知っていても「間奏曲」やアリア「衣装をつけろ」を聴いている程度であった。
この2作品は「ヴェリズモ・オペラ」(現実主義オペラ)の代表作として知られ、現在も人気作で今回のように組んで上演されることが多いと言う。(それぞれの初演が1890年、1892年)。登場人物が王侯・貴族でなく一般庶民で彼らの生活や出来事をありのままに描いた。)

《カヴァレリア・ルスティカーナ》 全1幕。
19世紀のシチリア。居酒屋の息子トゥリッドゥは兵役中に恋人ローラを資産家の馬車屋アルフィオに奪われてしまう。トゥリッドゥは村娘サントゥッツァと親しくなったが、嫉妬したローラは再びトゥリッドゥと逢引きを重ねる仲になった。トゥリッドゥに捨てられたサントゥッツァはアルフィオに告げ口する。アルフィオは激怒して復讐を誓うが、サントゥッツァは直ぐに告げ口したことを後悔する。ここで有名な「間奏曲」が流れる。教会のミサが終って男たちがトゥリッドゥの母の酒場で乾杯する。アルフィオはトゥリッドゥが勧める杯を断り、決闘を申し合わせて店を出る。トゥリッドゥは母に彼が死んだらサントゥッツァの面倒を見ることを頼んで店を出る。しばらくすると“トゥリッドゥが殺された。”という女の悲鳴が響き、村人の驚きの声と共に幕が下りる。

約75分の1幕もので舞台装置は簡素だったが、各歌手の歌声に味わいがあって感銘を受けた。ソプラノのヴェストブルックの女心を歌い上げる迫真の演技と美しい歌唱力は素晴らしかった。感情の起伏の激しい繊細な役回りを表現する演唱には心を打たれた。(オランダ出身のスター歌手らしい。)
マルセロ・アルヴァレスは名高い世界的テノール歌手。情熱的で圧倒的な歌唱力は聴く者を魅了する。2本立ての作品に25分の休憩で出演というタフな仕事をいとも簡単にこなしたエネルギーには驚いた。(彼はアルゼンチン出身らしい。)
ルチッチの代役で急遽出演したバリトンのギャグニッサは当初から出演予定だった「道化師」のト二オ役とともにアルフィオ役を見事に演じた。
世界的な高いレヴェルの歌手ばかりの演唱に今までにないほど強烈な印象を受けた。合唱も素晴らしかった。舞台装置や衣装などが豪華でなく歌唱力が際立ったせいかもしれない。

2本立てで指揮台に立ったのがファビオ・ルイージ。PMFで馴染みの指揮者ということもあって親近感が湧いた。叙情的な音楽が多かったが、オーケストラから色彩豊かな音を引き出し、歌手の感情に添う音楽を作り出していたように思う。演奏において心がけていることは「色を付ける」と述べたのが印象に残った。

《道化師》 全2幕。幕が上がる前に旅一座のトニオが道化師の姿で登場。「道化役者も普通の人間で悲しみや苦悩を感じるのも皆さんと一緒です。」と前口上を述べるプロローグ。
19世紀後半のシチリア。ある村に道化師カニオが率いる旅回りの一座がやってきた。一座のスター女優ネッダはカニオの妻だが、嫉妬深い夫に嫌気がさして愛人をつくる。ネッダはシルヴィオと駆け落ちの約束をした。ネッダに想いを寄せていたトニオから情報を得て妻の逢引きの現場を目撃したカニオは激怒して相手の名を妻に問い詰める。芝居の準備を迫られて芝居小屋に戻り、カニオは開演前に道化師の衣装をつけ、顔に白粉を塗りながら己の苦悩を自嘲しながら独白するアリアを歌う。(METの会場から万雷の拍手が沸き起こった)。
芝居が始まると、夫の留守中に妻が恋人を家に呼んだ時に夫が帰宅すると言う実生活と全く同じ場面になる。カニオは芝居と現実の区別がつかなくなってしまい、妻をナイフで刺し、観客の中から飛び出してきたシルヴィオも刺し殺してしまった。カニオは“喜劇は終わりました”と叫んで幕が下りた。

第1幕45分、第2幕25分。ロバやプロの道化師も登場してのオペラ。劇中劇のアイディアが秀逸。テノールの絶唱「衣装をつけろ」は名場面。カウフマン、グリゴーロと共に名高いテノール歌手アルヴァレスのエネルギッシュな演唱には驚くばかり。さすがプロという印象!

ネッダ役のラセットは極めて個性的で味のあるパフォーマンスを披露した。声量豊かで魅力的なソプラノ歌手。インタビューで米国以外の歌手が自国に向けて行う挨拶がなかったので多分アメリカ生まれではないかと思った。

※プッチーニもヴェズリモ・オペラの作曲家で《トスカ》、《ボエーム》、《蝶々夫人》、《トゥーランドット》などの作品を観ると現実主義オペラの範疇が理解できそうである。ただ狭い意味でリアリズムと言っても内容に暴力を伴うオペラを「ヴェズリモ・オペラ」と定義する場合には本日上演の2作品が同じ範疇に属する作品と見做されているようである。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR