シェナ・ウインド・オーケストラ

9月10日にシェナ・ウインド・オーケストラの第4回札幌公演が行なわれた。
前回の金聖響の指揮によるコンサートに続いて私にとって2回目であった。
最近は中学・高校生の吹奏楽への関心が高く各学校での部活動での技術の進境も著しいようである。
前回と違って学生が演奏する曲目としては難しい曲目を用意してさすがプロならではの演奏をした。

世界的に有名なパリ・ギャルド
2001年にKitaraで当時若手のトランペット奏者のナカリャコフと協演で演奏会を開いて
注目を浴びたことを思い出す。

今や日本を代表する吹奏楽団となったシェナ・ウインド・オーケストラは、
今回サキソフォン奏者栄村正吾のソロをフィーチャーして「グラナダ}を演奏した。
呼吸するにも大変な技巧を用いて鼻呼吸で楽器を操ったのは驚嘆に値した。BRAVO!

バーンスタインの「ウエストサイド・スト-リ―」
彼が曲を作った当初の題名は「イーストサイド・ストーリー」であったことを知っているひとは何人いるでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR