サー・ネヴィル・マリナー (90歳の現役指揮者)のN響出演

サー・ネヴィル・マリナー(Sir Neville Marriner)が5月11日(日)に続いて、前夜(5月18日)のNHKのEテレ《クラシック音楽館》に登場した。NHK交響楽団とは5回目の共演となった5・11の放映(2月14日のN響定期公演)は間もなく90歳を迎える世界的な指揮者ということもあって話題を呼んだ。
演奏曲目はドヴォルジャークの交響曲第7番と第8番。「第7番」は2009年にラドミル・エリシュカが札幌交響楽団の定期演奏会で紹介してくれた曲で、今では親しんで聴くようになった馴染みの交響曲。マリナーはインタビューで「第7番」は超絶技巧の曲で、ドヴォルジャークの「第8番」「第9番」の礎となった曲と評価していた。インタビューで「N響は素晴らしいオーケストラで、楽団員は一瞬指揮棒を止めると、各奏者が自由に豊かな音楽性を発揮する」という印象を述べていた。

5月18日放映(2月19日のN響定期)はオール・モーツァルト・プログラム。「交響曲第35番」、「ピアノ協奏曲第22番」、「交響曲第39番」の3曲。ピアノ独奏はティル・フェルナー。彼の若々しくフレッシュで軽やかな演奏に胸が躍った。11月3日にKitara のステージに初登場するフェルナーが待ち遠しい。

マエストロがKitaraのステージに初登場したのが、2007年10月の札響定期演奏会。「ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲」と「メンデルスゾーンの交響曲第3番」を指揮した。世界的に有名な指揮者の札幌登場に胸が躍った。オーケストラやソリストの主体性を生かした指揮ぶりで自己主張が強くない印象を受けていた。

あれから約7年経って、現在は90歳になっている。世界最高齢の現役の指揮者だと思う。とても90歳とは思えない堂々として安定感のある指揮ぶりに感動。

ネヴィル・マリナーは1924年、イングランド生まれ。ロンドン交響楽団のヴァイオリン奏者などを務めて、ピエール・モントゥーに師事して指揮活動を始めた。1959年には、ロンドンの代表的なオーケストラ奏者を集めて、「アカデミー・オブ・セント・マーティン・イン・ザ・フィールズ」(通称、アカデミー室内管弦楽団)を結成。バロック音楽の斬新な解釈で注目を浴びた。この室内楽団は世界中で活躍して2002年、ペラィアが首席客演指揮者でKitaraにも来演している。
マリナーはミネソタ管弦楽団の音楽監督(1979-86)、シュトゥットガルト放送響の首席指揮者(1986-89)も務めた。ウィ―ン・フィルを始め世界各地のオーケストラに客演。

2週続けてマリナーの元気な姿を拝見したが、モーツァルトの曲は特に得意な印象を受ける。モーツァルト交響曲全集、モーツァルト・ピアノ協奏曲全集をアカデミー室内管と録音している。ムロ―ヴァ等、同管との共演のCDも手元に数点ある。CDを通して彼の名を知ったくらい録音数が多い。

90歳を超えて世界を周るのは大変な体力がいると思うが、まだまだ世界での活躍が期待される名匠である。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
最新コメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR