前橋汀子 アフタヌーン・コンサート

 演奏活動50周年を迎える前橋汀子のコンサートに2年ぶりで出かけた。サントリーホールで毎年開催している同じ趣旨のアフタヌーン・コンサートである。日本の草分けのヴァイオリニストは諏訪根自子や辻久子であった。そのあとに続いた国際的ヴァイオリニストが前橋汀子でないだろうか。

 ピアニストと違ってヴァイオリストの正確な記録は手元にないが、前橋が協演する管弦楽団やピアニストが外国人であることが多かったように思う。
 5年以上前にフランツ・リスト管弦楽団と協演しモーツアルトのヴァイオリン協奏曲第5番「トルコ風」を聴いた。2年前にロシアのピアニストとの共演でベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第5番「春」を中心に聴いたコンサートのプログラムの構成が、今回のプログラムと似ていた。

 今回の共演者ピアニストが日本の若手ピアニストでも名高い松本和将ということもあってチケットを買った。メインのプログラムはベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」。
 松本のピアノは前橋と堂々と渡り合った。
              
 エルガーの「愛のあいさつ」で始まり、「ウイーン奇想曲」などクライスラーの曲が4曲が続き、ベートーヴェンのソナタ以外は小品が演奏され、最後はサラサーテの「ツィゴイネルワイゼン」で締めくくられた。
 年齢を感じさせない迫力のある技巧に秀でた演奏、編曲で弾いた繊細な表現に満ちたドビュッシーやショパンの曲は印象深かった。

 前半の真っ白なドレス、後半の深紅のドレスは女性ならではの華やかなさであった。

 アンコール曲を一気に4曲も、ステージから下がらずに続けて弾いたのは極めて珍しいことであった。(Kitaraの見学ツアーのため楽屋を早く引き渡すためだったようだ)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR