及川浩治ピアノリサイタル 2013

不滅のベートーヴェン
  5大ピアノ・ソナタ+「エリーゼのために」

及川浩治は1967年宮城県生まれ。84年ヴィオティ・ヴァルセイジア国際音楽コンクールで第1位。85年国立音楽大学入学。86年にブルガリア国立ソフィア音楽院に留学して、4年間研鑚を積む。90年、第12回ショパン国際音楽コンクールで最優秀演奏賞を受賞。91年国立音楽大学に復学し、日本でのコンサート活動を開始。95年サントリーホール・デビュー。同年、佐渡裕指揮ラムルー管弦楽団との共演でパリ・デビュー。97~99年に五嶋みどりとデュオを組み全国各地の小学校や養護学校などで演奏。99年のショパン・イヤーを記念して企画された「ショパンの旅」でブレイク。その後の目覚ましい活動は言をまたない。

私が初めて及川の演奏を聴いたのは98年のPMFのピクニックコンサート。札幌芸術の森 野外ステージでの佐渡裕指揮札幌交響楽団との共演による「ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番」。この時はメイン・プログラムではなかった上に、後方の芝生席から見ていたので余り強い印象は受けていなかった。

何と言っても強く印象に残ったのが、99年の「ショパンの旅」。昨年10月のブログに書いた。01年から毎年Kitaraでリサイタルを開いているが、私にとって今回が13回目である。

プログラムはショパンとベートーヴェンが圧倒的に多い。01年に「悲愴・月光・テンペスト・熱情・エリーゼのために」、07年に「月光・ワルトシュタイン・熱情」、昨年は「熱情」。

本日のプログラム。
 「悲愴」、「月光」、「ワルトシュタイン」
 「エリーゼのために」、「テンペスト」、「熱情」
 
一晩に5大ソナタをプログラミングするとは恐るべきエネルギー。15分の休憩は取ったが、正味2時間にも亘る熱演。12年前の演奏とどの様に変化しているのかなと思いながら彼の音楽に耳を傾けた。

最初から入魂のベートーヴェンが始まった。以前、作曲家の生涯をたどりながら解説を交えて演奏に入ることもあったが、今回は、演奏に全精神を集中して鍵盤に向かっていた様子が一貫して見て取れた。
「月光」はベートーヴェンが「幻想曲風ソナタ」と呼んでいたこともあって、第1・第2楽章はゆっくりと音を紡いだが、終楽章に向かっての展開は心が揺さぶられる。前半3曲の激しい感情に満ちた曲の終わり方のメリハリのある動作はこれぞプロという舞台慣れした仕種に聴衆は惹きつけられる。

後半は誰にも耳慣れているが、リサイタルではめったに聴く機会のない曲から弾き始め、休みなしでソナタへ移動。どの曲も素晴らしかったが、何と言っても「熱情」の圧倒的な演奏が聴衆の心に感動を呼び起こした。

及川浩治は「ベートーヴェンの音楽には、たまらないロマンと美と情熱が詰まっている。」とベートーヴェンの魅力を語っている。また「過酷な人生を生き抜いた彼の音楽は、苦しい時こそ私たちを救ってくれる。こんな時代だからこそ、ベートーヴェンが必要だと思う。」とベートーヴェンを弾き続ける姿勢を述べている。

2013年のリサイタルは6月から半年間、全国スケジュールを月1・2回のペースで組んでいるようだが、体力的にも、精神的にも強靭なものがないと実施できないプログラムではないかと思った。

全曲が終って全力を使い果たして精根尽きた状態だったが、ブラボーと喝采の嵐に応えて、アンコール曲を弾く余力を残していたのにも感嘆。改めて彼の持つエネルギーには称賛するばかりであった。
アンコール曲は「ショパン:ノクターン第1番」。

今晩のコンサートの前には、ベートーヴェンの後期ソナタをプログラムに入れてほしいと思っていたが、次回以降の楽しみにしたい。彼の「オール・ラフマニノフ・プログラム」も聴いてみたい。

とにかく今晩は今迄の及川浩治のベスト・コンサートになった。彼の表情、手の動きを通して心の中まで読み取れるような聴き方で感情移入が出来た。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

fsuterry

Author:fsuterry
年間60回以上札幌コンサートホールKitaraに通うクラシック音楽ファン。クラシック全般に関心があるがオーケストラ・ピアノ曲が特に好きである。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR